フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大和怪異記 卷之四 第二 下総国鵠巣の事 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 武邊手段の事 »

2022/11/25

大和怪異記 卷之四 第三 甘木備後鳳來寺藥師の利生を得る事

 

[やぶちゃん注:底本は「国文学研究資料館」の「新日本古典籍総合データベース」の「お茶の水女子大学図書館」蔵の宝永六年版「出所付 大和怪異記」(絵入版本。「出所付」とは各篇の末尾に原拠を附記していることを示す意であろう)を視認して使用する。今回の本文部分はここから。但し、加工データとして、所持する二〇〇三年国書刊行会刊の『江戸怪異綺想文芸大系』第五の「近世民間異聞怪談集成」の土屋順子氏の校訂になる同書(そちらの底本は国立国会図書館本。ネットでは現認出来ない)をOCRで読み取ったものを使用する。

 正字か異体字か迷ったものは、正字とした。読みは、かなり多く振られているが、難読或いは読みが振れると判断したものに限った。それらは( )で示した。逆に、読みがないが、読みが振れると感じた部分は私が推定で《 》を用いて歴史的仮名遣の読みを添えた。また、本文は完全なベタであるが、読み易さを考慮し、「近世民間異聞怪談集成」を参考にして段落を成形し、句読点・記号を打ち、直接話法及びそれに準ずるものは改行して示した。注は基本は最後に附すこととする。踊り字「く」「〲」は正字化した。なお、底本のルビは歴史的仮名遣の誤りが激しく、ママ注記を入れると、連続してワサワサになるため、歴史的仮名遣を誤ったものの一部では、( )で入れずに、私が正しい歴史的仮名遣で《 》で入れた部分も含まれてくることをお断りしておく。

 挿絵があるが(先般まで、本巻四の第一話の丁内にあったため、話柄と合致しない不審な挿絵と判断していた)、これは「近世民間異聞怪談集成」にあるものが、状態が非常によいので、読み取ってトリミング補正し、適切と思われる箇所に挿入した。因みに、平面的に撮影されたパブリック・ドメインの画像には著作権は発生しないというのが、文化庁の公式見解である。底本(カラー。但し、挿絵は単色)の挿絵部分のリンクも張っておく。]

 

 第三 甘木備後鳳來寺藥師の利生を得る事

 むかし、出羽国庄内に甘木備後(《あまき》びんご)と云(いひ)し人あり。

 三河國、鳳來寺の藥師如來を、ふかく信じ、

「いかにもして、一たび、如來に、まうでばや。」

と常にねがひしに、はからず、用の事有《あり》て、みやこにのぼりしつゐでに、

「年來(としごろ)のねがひ、此ときなり。」

とて、藥師の御堂にまうでて、宿願をはたし、すでに下向せむとせしとき、かたはらを見れば、ちいさき葛籠(つ《ゞ》ら)をおろし、中より、色よき小袖を取出《とりいだ》し、佛前に打(うち)ひろげ、肝膽(かんたん)をくだき、いのる者ありしかば、不審に思ひ、立《たち》よりて、みれば、まさしく我妻が小袖にて、慥(たしか)に、見おぼえたる、しるしなど、あり。

 弥(いよいよ)あやしく思ひ、其故を尋(た《づ》ね)しに、

「されば。それがしは、藥をうりて渡世仕《つかまつ》る者なり。いつも、關東にくだり侍るが、今度(こんど)も、奧《おく》にいたり、出羽の庄内にて、かゝる人の舘(たち)にゆきしに、家老と見へし人、奧にいざなひ、いまだ年若き女房と、局(つぼね)と見へしと、出《いで》あひ、三人、一所にて、

『毒(どく)を求(もとめ)む。』

と有《あり》しを、『なき』由を答(こたへ)て、いなみしかども、かたく『なるまじ』といはば、ころしつべき氣色(けしき)に見へし[やぶちゃん注:ママ。]程に、力なく、うり侍しに、あたゐ、おほく、あたえ、其上に、

『褒美。』

とて、此小袖を給りし。かゝるつたなき世のわざを、佛前にて懺悔(さんげ)し、罪をのがれんと、思ひ侍る」

と、淚をながし、語《かたり》ける。

 備後、つくづくと聞《きく》に、まがふ所もなく、

『我、身のうへ。』

と、おどろきしかど、さらぬ躰(てい)にもてなし、

「申さるゝ所、聞《きく》につけて、あはれに候。それにつきて、其小袖、古さとヘの土產には、なるまじ。我は、遠国の者なり。うられよ。」

とて、かひとり、餘りに、たうとく思ひ、其日は、とゞまり、御堂に通夜(つや)せしに、夢中に、老僧、枕上(まくらがみ)にたちて、

「汝、年比(としごろ)、我を念ずる心ざし、ふかく、今度《このたび》、參詣せし事、あさからず、思ふなり。国にかへりて、そこつに、さけをのむ事、なかれ。是、大毒なり。」

と、しめし給ふ、と、覺へて、夢、さめぬ。

「誠に有がたき御事なり。」

と、ふかく隨喜して、國にぞ、かへりける。

 妻女、出《いで》むかひ、行旅(かうりよ)の勞(らう)を問(とひ)、さまざまに饗應(もてなし)て、

「君の、常に好(このみ)給へる程に、待まうけに、仕置《しおき》たり。」

とて、醴(さけ)を出《いだ》しける。

 

Amakibungo

 

『さればこそ。夢の御告よ。』

と思ひ出し、少《すこし》猶豫(《いう》よ)する所に、手なれたる猫、來りしを、ひざもとにかきよせて、醴を口に入《いれ》しがば[やぶちゃん注:ママ。]、たちまちに、くつがへり、死しぬ。

 家老某《なにがし》を、よび出し、

「是を、のむべし。」

と、いへば、彼(かの)男、平伏して、

「此間、腹中(ふくちう)あしく候。御ゆるしあれ。」

と、いふを、

「腹中あしく共、某《それがし》が前にて、いなむべきなき。是非、くらへ。」

と、せめられて、

「つ」

と、たつて、にげけるを、やがて、追懸(《お》つかけ)、切殺(きりころ)し、局(つぼね)を、からめ置《おき》、妻女の親・兄㐧(《きやう》だい)をよび、

「かく。」

と、かたり、件(くだん)のねこを出《いだ》しみせ、

「女をつれて、歸られよ。」

と、いふとき、女は、あはてゝ乘物にのらんとする所を、女が弟某《なにがし》、はしりかゝつて、姊(あね)がもとどりを取《とつ》て引《ひき》ふせ、一刀(《ひと》かたな)に、さし殺し、備後にむかひ、

「姊が不義は、是非に及ず。去(さり)ながら、某《それがし》が妹(いもと)を妻にしてたべ。姊がごときの不義は、よも候《さふらは》じ。」

といふ眼(まなこ)さし、「いな」ともいはゞ、さしちがへんと思ふ氣色あらはれしに、備後も、さすがにて、

「よく、いはれたり。はやく、よびよせよ。」

とて、妹をむかへ取《とり》、其時、かの弟、己《おの》が妹に、姊が死骸をみせ、

「汝も、不義のふるまひをなさば、かくのごとくなるぞ。侍の名を、くたすな。」

と、かたく、いひふくめ、婚姻のよそほひを取つくろひ、姊がしがいを葬送せしめし躰(てい)、

「たゞものに、あらず。」

と、見《み》きくもの、感ぜぬは、なかりしとかや。

「是、ひとへに藥師如來の利生なり。」

とて、備後、やがて、鳳來寺の柱(はしら)を、ことごとく、金柱(きんはしら)にし侍りしとかや。「犬著聞」

[やぶちゃん注:原拠は「犬著聞集」。本書は本書最大のネタ元で既に注済み。「犬著聞集」自体は所持せず、ネット上にもない。また、前話の最後で示した同書の後代の再編集版である神谷養勇軒編の「新著聞集」にも採られていないようである。

「甘木備後」不詳。

「鳳來寺」愛知県新城市の鳳来寺山の山頂付近にある真言宗五智教団煙巌山鳳来寺。寺伝では大宝二(七〇二)年に利修仙人が開山したとされ、本尊はその利修作とされる薬師如来である。

「醴(さけ)」穀類を一晩だけ醸した濁り酒・甘酒。]

« 大和怪異記 卷之四 第二 下総国鵠巣の事 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 武邊手段の事 »