フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之五 下總印旛沼御埋立幷江戶千川上水の事 | トップページ | 明恵上人夢記 96 »

2022/12/23

明恵上人夢記 95

 

95

一、夜、夢に、五、六人の女房、來り、親近して予を尊重す。此(かく)の如き夢想、多々也。後日、記せるが故に、分明ならずと云々。

 前の夢を翻(ほん)せる也。

[やぶちゃん注:底本の記載順列に疑問があるため、時制推定は不能。「84」の私の冒頭注を参照されたい。但し、河合速雄氏は「明恵 夢を生きる」(204ページ)で、この夢を「89」(氏は「善妙の夢」として最重要の夢の一つとされ、詳細な分析をなさっている。それは「89」でも一部を引用してある)の『「善妙の夢」に続いて、同じく承久二』(一二二〇)『年七月頃に見たとする夢と推定される夢』として挙げておられ、さらにクレジットが推定できる「76」(樋口の女房が池に飛び込むも上がってくると一切濡れていないという夢)を直後に引用してある。

「翻(ほん)せる」これは「うつしかえる・うつしとる」の意であろう。]

 

□やぶちゃん現代語訳

95

 ある夜の夢に――

 五、六人の女房がやって来て、いかにも親しく近侍して、私を尊重すること頻り……

といったような同内容の夢想が、私には、実は、甚だ多くある。

 私はそれを後日に書き記しているため、実は、その夢の記憶は朧げになってしまっていて、

「分明ではない」と言ったような記載ばかりが残っている……

 これは、前の夢を私の心が、何遍も繰り返し映し撮って、再現していることに他ならないのである。

 

« 譚海 卷之五 下總印旛沼御埋立幷江戶千川上水の事 | トップページ | 明恵上人夢記 96 »