フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 狐貝 / ザルガイ或いはナガザル | トップページ | 畔田翠山「水族志」 イソダヒ (アカマンボウ) »

2022/12/25

畔田翠山「水族志」 コセウダヒ (コショウダイ)

 

(二三)

コセウダヒ【紀州若山】一名タノキヅラ【紀州湯淺浦】京ガレ【阿州海部郡日和佐浦】コセウゴロ【備前岡山】チシヤダヒ【筑前福間浦】クロクチ【備後四島】トモヽリ【土佐浦戶】ビンクシ【讚州八島】ビングシ【淡州都志備前兒島】テングウチハ【勢州阿曾浦】チヒロイヲ【紀州田邊】タモリ【備前兒島】エビウヲ【熊野三老津】淡州都志浦漁人云「ビンクシ」「タモリ」「コセウダヒ」同物也小ナルヲ「ビンクシ」ト云中ナルヲ「タモリ」ト云大ニナレバ「コゼウダヒ」ト云

形狀「コロダヒ」ニ似身扁口細シ唇邊微紅色ヲ帶背淡靑色ニ乄淡黃ヲ帶背ヨリ腹上ニ至リ淡黑條五六道アリ腹白色鱗細ニ乄極テ薄風乾スレハ起リテ薄キ紙屑ノ如シ背鬣刺巨ク陰陽刺アリ淡黑色ニ乄黃ヲ帶黑斑アリ背下鬣ハ本黃色ニ乄端黑色喉下翅淡黑ニ乄黃色ヲ帶黑斑アリ脇翅黃色腰下鬣本淡黑色黑斑アリテ尾ノ方ハ本黃色末黑尾劔狀ヲナシ本黃色端黑シ冬月味美也

○やぶちゃんの書き下し文

こせうだひ【紀州、若山。】 一名「たのきづら」【紀州、湯淺浦。】・「京(きやう)がれ」【阿州海部郡、日和佐浦(ひわさうら)。】・「こせうごろ」【備前、岡山。】・「ちしやだひ」【筑前、福間浦。】・「くろくち」【備後、四島。】・「ともゝり」【土佐、浦戶(うらど)。】・「びんくし」【讚州、八島。】・「びんぐし」【淡州、都志《つし》。備前、兒島。】・「てんぐうちは」【勢州、阿曾浦(あそうら)。】・「ちひろいを」【紀州、田邊。】・「たもり」【備前、兒島。】・「えびうを」【熊野、三老津(みらうづ)。】

淡州、都志浦の漁人、云はく、

『「びんくし」「たもり」「こせうだひ」、同じ物なり。小なるを、「びんくし」と云ひ、中なるを、「たもり」と云ふ。大になれば、「こぜうだひ」と云ふ。』

と。

形狀、「ころだひ」に似て、身、扁(ひらた)く、口、細し。唇の邊り、微紅色を帶ぶ。背、淡靑色にして、淡黃を帶ぶ。背より腹の上に至り、淡黑條、五、六道(だう)あり。腹、白色。鱗(うろこ)、細かにして、極めて薄く、風に乾すれば、起(おこ)りて、薄き紙屑のごとし。背鬣(せびれ)、刺、巨(おほ)きく、陰陽の刺あり。淡黑色にして、黃を帶ぶ。黑斑あり。背の下鬣は、本(もと)、黃色にして、端(はし)、黑色。喉(のど)の下翅(したびれ)、淡黑にして、黃色を帶ぶ。黑斑あり。脇翅(わきびれ)、黃色。腰の下鬣(したびれ)、本、淡黑色、黑斑ありて、尾の方(かた)は、本、黃色、末(すゑ)、黑。尾、劔狀(つるぎじやう)をなし、本、黃色、端、黑し。冬月、味、美(び)なり。

[やぶちゃん注:底本のここから。本種は特徴的な黒斑点の記述からも、また、現在も同名の標準和名を持つ、

スズキ亜目イサキ科コショウダイ属コショウダイ Plectorhinchus cinctus

である。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の同種のページには、漢字表記の箇所で『胡椒鯛』・『小正だい』・『鰭白魚』・『古世宇(京俗)』を挙げられた後で、『由来・語源』の項で、昭和一三(一九三八)『年の魚類検索では、旧仮名遣いではコセウダヒ属コセウダヒだった』と前振りされた上で、これは、東京『に江戸時代からある呼び名を標準和名にしたもの』とされつつ、平成一二(二〇〇〇)『年前後までの水揚げから考えても』、『江戸時代に江戸湾(東京湾)に大型はほとんど生息していなかったと考えられる。むしろ』、『斑点や斜めに背から腹に横切る帯が目立つ若魚、幼魚が多かっただろう。この若い個体に対してつけた呼び名だと思う。とすると』、『黒く丸い斑紋からの「胡椒鯛」ではなく、小さい割りに目立つ柄をした「小姓鯛」だった可能性も捨てられない』と述べておられるのである。歴史的仮名遣では「胡椒」は「こせう」で、「小姓」は「こしやう」ではあるから、国語学的には「胡椒鯛」に分(ぶ)があり、胡椒は生薬として早く奈良時代に伝来し、平安時代には調味料としても利用されるようになり、江戸時代には饂飩(うどん)の薬味や「胡椒飯」として用いられていたりはする(ここはウィキの「コショウ」に拠った。そこには)『江戸期を通』して、実は『唐船を通じて平均』で『年間』五・七『トン』、『オランダ船を通じて』寛永一五(一六三八)『年の記録では』七十八『トン』『のコショウを輸入していた』とある)のであるが、どうも、私はこの「ぼうずコンニャク」氏の仮説を支持したい気が大いにするのである。既にして「小姓」は江戸の口語で「こしょう」と読まれていたに間違いなく、それを聴く江戸の庶民の大半は、ブラック・ペッパーの「胡椒」なんぞではなく、直ちに美少年の大名の「小姓」をこそ連想しただろうからである。

「紀州、若山」和歌山に同じ。

「たのきづら」私は「狸面」だろうと思っているが(コショウダイの白地に黒のポイントがタヌキらしく見えるように感ずるから)、不詳。★畔田は後の(三一)の「タルミ」の異名として「タキノヅラ」を『紀州田邊』採取として載せている。なお、この「タルミ」「タヌキノヅラ」は、宇井縫蔵の「紀州魚譜」では、スズキ亜目フエダイ科フエダイ属ヨコスジフエダイ Lutjanus ophuysenii (リンク先の学名「Lutjanus vitta」(斜体になっていないのはママ)はシノニム。標題の「キンセイフエダイ」は「キンセンフエダイ」の誤植かと思ったが、同書の「索引」でもそうなっていたので不審但し、同属の別種「キンセンフエダイ」Lutjanus kasmira に与えられてある)に比定されているが、同魚(「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の同種のページを見られたい)がタヌキに似ているとはさらさら思わない。さらに★宇井氏は同書で「タキヅラ」を、①硬骨魚綱条鰭亜綱ウナギ目ウツボ亜目ウミヘビ科Ophichthidae(和名科名では爬虫類のそれと同じになってしまうが、無論、真正の爬虫綱ウミヘビ科Hydrophiidaeとは全くの同名異名である)ウミヘビ属ホタテウミヘビ Ophichthus zophistius の異名、及び、②スズキ亜目イサキ科ヒゲダイ属ヒゲダイ Hopalogenys sennin の異名としてそれぞれ挙げている(後者については真っ黒に近い口の尖った異形でタヌキとの親和性はあるように思う。リンク先は孰れも「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の写真入りページ)。

「湯淺浦」和歌山県有田郡湯浅町の東に接する湾(グーグル・マップ・データ。以下無指示は同じ)。

「京(きやう)がれ」不詳。

「阿州海部郡、日和佐浦」徳島県海部郡美波町(みなみちょう)日和佐浦

「こせうごろ」この「ごろ」は「小姓」との連語による濁音化で「ころ」→「ころだひ」で、既に注で出した、スズキ目スズキ亜目イサキ科コロダイ属コロダイ Diagramma picta であろう。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のコロダイのページを見て戴きたいが、その「由来・語源」の項に、「ころだい」という和名は「胡廬鯛」で、『「ころだい」は和歌山県での呼び名を標準和名にしたもの』とあり、『和歌山県では猪の子供を「ころ」と呼び、コロダイの稚魚にある斑紋が』『その猪の子供のものに似ているため』とあり、メインの写真の下に、幼魚の写真が二枚あるので確認されたい。コショウダイは瓜坊のそれと、それほどには似ていないけれども、目立つという点で親和性がある。「小姓コロ鯛」で私は腑に落ちる。

「ちしやだひ」チシャダイは現在もスズキ亜目イシダイ科イシダイ属イシダイ Oplegnathus fasciatus の異名としてある。私は勝手に思っているのだが、この「チシヤダヒ」とは「稚者鯛」ではあるまいかと考えた。イシダイの横縞は老成するとぼやけてくる。だから、イシダイの比較的小さな個体をかく呼んだのではなかったか? それと同じように、ちんまい癖に派手な格好の「小姓鯛」と読み替えれば、よく肯けるのである。

「筑前、福間浦」福岡県福津市西福間の福間地区の沿岸

「くろくち」コショウダイは個体によっては、口唇部の直上部が黒い。

「備後、四島」当時の備後の国に属した四つの瀬戸内海の島という条件では、私は軽々に指示出来ない(例えば、知られる「大三島」は旧松山藩領であり、現在、愛媛県今治市町宮浦で、旧備後ではない)。

「ともゝり」最後まで、平家を事実上、指揮し。自ら最後に身を海底に没し去った名将平知盛。

「土佐、浦戶」高知県高知市浦戸

「びんくし」「びんぐし」「鬢櫛」。コショウダイの背鰭を喩えたものであろう。

「讚州、八島」「源平合戦」の著名な「屋島の戦い」の舞台となった、香川県高松市屋島東町に属する屋島。江戸時代までは陸から離れた島であったが、江戸時代に始まる塩田開発と干拓水田は、後の時代に埋め立てられ、陸続きとなった。但し、相引川を瀬戸内海に繋がる「水路」と見做した場合には、四国本島と切り離されているという見方も出来る。海上保安庁では屋島を「島」と定めているが、現在の法定区分では高松市を形成する四国本島の扱いである(後半説明は当該ウィキに拠った)。

「淡州、都志」兵庫県洲本市五色町(ごしきちょう)都志

「備前、兒島」岡山県岡山市中区の南の見る影もなく変貌してしまった児島湾沿岸

「てんぐうちは」背鰭がばっと立ったのと、ツー・トン・カラーに見える魚体は、確かに「天狗の団扇」とミミクリーである。

「勢州、阿曾浦」三重県度会郡南伊勢町(ちょう)阿曽浦

「ちひろいを」「千尋魚」であろうが、意味不詳。大きくもならないし、棲息するのも磯や近海の沿岸である。

「たもり」「田守」で、コショウダイの漁期の始まりが稲の稔りの秋から始まることに由来する農事異名であろう。

「えびうを」「海老魚」だろう。思うに、背鰭の棘鰭などを海老の外骨格のトゲトゲの感じに擬えたものであろう。

「熊野、三老津」和歌山県すさみ町(ちょう)見老津(みろづ)

「陰陽の刺」棘部が黒白の斑になっているからか、或いは、棘の先が白い箇所では、よく見えずにうっかり刺されて痛い目を受けるのを、「陰」に喩えているのかも知れない。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 狐貝 / ザルガイ或いはナガザル | トップページ | 畔田翠山「水族志」 イソダヒ (アカマンボウ) »