フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 蛤介 / ハマグリ | トップページ | 畔田翠山「水族志」 コセウダヒ (コショウダイ) »

2022/12/25

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 狐貝 / ザルガイ或いはナガザル

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここ。画像はトリミングした。左丁に、『以上筑前産』と条立てし、後に『筑前隱士君ヨリ小澤弾正被送予乞之眞寫』(筑前の隠士君(いんしくん:匿名化してある)より小澤弾正え(へ)送らる。予、之れを乞ひて眞寫す。)と記す。十二個体(腹足類一種以外は斧足類)の見開き図。]

 

Kitunegai_20221225103801

 

「百貝圖」

   狐貝

 

[やぶちゃん注:実は、「狐貝」の名は、先行する「蛤蚌類 狐貝 / モシオガイ・ウスモシオ?」が挙がっているが、ご覧の通り、全くの別種であるので参考にならない。

斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目ザルガイ超科ザルガイ科ザルガイ亜科ザルガイ属ザルガイ Vasticardium burchardi

或いは、近縁種の、

ナガザルVasticardium enode

に比定してよいだろう。吉良図鑑によれば、前者が強い放射肋が四十三内外、後者が三十九内外とある。この向きだけでは、本個体の肋数は正確には数えられないが、目の詰まりがやや空いて見えるので後者の可能性があるかも知れない。和名は形状から笊貝である。

「百貝圖」何度も出てくるが、再掲しておくと、寛保元(一七四一)年の序を持つ「貝藻塩草」という本に、「百介図」というのが含まれており、介百品の着色図が載る。小倉百人一首の歌人に貝を当てたものという(磯野直秀先生の論文「日本博物学史覚え書」(『慶應義塾大学日吉紀要』(第三十号・二〇〇一年刊・「慶應義塾大学学術情報リポジトリ」のこちらからダウン・ロード可能)に拠った)。「狐貝」の異名は残っていないが、形状が狐の頭に似て、黄褐色の色彩から、腑には落ちる。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 蛤介 / ハマグリ | トップページ | 畔田翠山「水族志」 コセウダヒ (コショウダイ) »