フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説拾遺」 第二 「夜分(やぶん)、古墓石を磨く怪」「石塔みがき後記」 / 曲亭馬琴「兎園小説」本篇・「兎園小説外集」・「兎園小説別集」・「兎園小説余禄」・「兎園小説拾遺」全篇電子化注完遂 兎園小説全集大団円也! | トップページ | 大和怪異記 卷之七 第二 本妻妾が子をころす事 »

2022/12/17

大和怪異記 卷之七 目録・第一 久右衞門といふもの天狗にあふ事

 

[やぶちゃん注:底本は「国文学研究資料館」の「新日本古典籍総合データベース」の「お茶の水女子大学図書館」蔵の宝永六年版「出所付 大和怪異記」(絵入版本。「出所付」とは各篇の末尾に原拠を附記していることを示す意であろう)を視認して使用する。今回の本文部分はここから。但し、加工データとして、所持する二〇〇三年国書刊行会刊の『江戸怪異綺想文芸大系』第五の「近世民間異聞怪談集成」の土屋順子氏の校訂になる同書(そちらの底本は国立国会図書館本。ネットでは現認出来ない)をOCRで読み取ったものを使用する。

 正字か異体字か迷ったものは、正字とした。読みは、かなり多く振られているが、難読或いは読みが振れると判断したものに限った。それらは( )で示した。逆に、読みがないが、読みが振れると感じた部分は私が推定で《 》を用いて歴史的仮名遣の読みを添えた。また、本文は完全なベタであるが、読み易さを考慮し、「近世民間異聞怪談集成」を参考にして段落を成形し、句読点・記号を打ち、直接話法及びそれに準ずるものは改行して示した。注は基本は最後に附すこととする。踊り字「く」「〲」は正字化した。なお、底本のルビは歴史的仮名遣の誤りが激しく、ママ注記を入れると、連続してワサワサになるため、歴史的仮名遣を誤ったものの一部では、( )で入れずに、私が正しい歴史的仮名遣で《 》で入れた部分も含まれてくることをお断りしておく。

 目録部は総ての読みをそのまま振った。歴史的仮名遣の誤りはママである。条番号の「十一」以降のそれは底本では半角である。]

 

やまと怪異記七

一 久右衞門といふもの天狗(てんぐ)にあふ事

二 本妻(ほんさい)妾(めかけ)が子(こ)をころす事

三 猿(さる)をころし発心(ほつしん)する事

四 女(おんな)死(し)して蛇(ぢや)になる事

五 狐(きつね)つきに友(とも)ぎつねいひ事゙して狐(きつね)のく事

六 むすめを龍宮(りうぐう)にをくりし事

七 無盡(むじん)のかねをかすめとるむくゐ事

八 四子(よつご)をうむ事

九 疱瘡(ほうさう)に子(こ)をうしなひ狂氣(きやうき)せし事

十 蛇(へび)をころし祟(たゝ)りにあひて死(し)する事

十一 祖母(ばゝ)まごをくらふ事

十二 人(ひと)をころすむくゐの事

十三 牛(うし)をころしてむくふ事

十四 雷(いかづち)につかまれてそせいする事

十五 妻(さい)が幽㚑(ゆうれい)凶(けう)をつぐる事

十六 さるをころすむくゐの事

十七 にはとりのたまごくらふむくゐの事

十八 怨㚑(おんれう)主人(しゆじん)の子(こ)をころす事

十九 をんれうかはづとなつてあだをかへす事

 

やまと怪異記七

 第一 久右衞門といふもの天狗にあふ事

 丹波福智山領の内、多和村の久右衞門は、强勢(《がう》せい)なるものにて、つねに、好《このむ》で弓(ゆみ)をゐる。

 あるとき、鹿(しか)をねらひ、深更(しんこう)に及びしに、「天狗だをし[やぶちゃん注:ママ。]」、おびたゞしかりけるを、久右衞門、少しもさはがず、手をたゝき、わらひしかば、忽(たちまち)に、とゞまりて、そらにちかく、白布(しろぬの)を引《ひき》はへたり。

「あやしきかな。」

とて、弓のほこを、さしのべて、たたきしに、

「ほとほと」

と、なる。

 かゝる所に、弓手《ゆんで》のかた、はるかの空より、なにとはしらず、物のおちかゝるを、

「心得たり。」

とて、やがて、矢を、うちつがひ、

「ひよう」

ど、ゐるに、手ごたへして、かたはらなる沼に、

「どう」

ど、おつるを、はしりよつて、引《ひき》をこし、さしのぞき見れば、黑井村の六兵衞といふものなり。

 ふしんにおもひながら、矢をぬきて、やどにかへり、やがて、黑井村に、人をつかはし、とはせければ、過《すぎ》し夜《よ》、身まかりしを、

「火車(《くわ》しや)に、とられし。」

と、いひこしけるに、わが射たりし所に、人をつかはし、みするに、死がいはなくて、おちたりし「あと」は、有《あり》ける。「犬著聞」

[やぶちゃん注:原拠「犬著聞集」自体は所持せず、ネット上にもない。また、所持する同書の後代の再編集版である神谷養勇軒編の「新著聞集」にも採られていないようである。

「丹波福智山領の内、多和村」京都府福知山市田和(グーグル・マップ・データ。以下無指示は同じ)であろう。

「天狗だをし」「天狗倒(てんぐだふ)し」。オーソドックスな深山の怪。突然、大木を伐り倒す、すさまじい大音が響くので、行ってみると、なんの形跡もないそれを言う。夜間に起こることもある。天狗が人を驚かすためにする悪戯ととることが多いことからの命名。

「引はへたり」「引き映えたり」或いは「引き張りたり」でないとおかしいように思う。所謂、夜空の山林に、団幕よろしく、白い布を横に張っているかのように感じられる大気上の見かけ上の光学的異常現象である。単に「張りたり」が一番無理がないが、それが、例えば、月の光に「白く映えて見える」というのもありかと思うのである。

「弓のほこ」「ほこ」は弓の幹の部分を指す。

「ほとほと」錯覚ではなく、明らかに物理的な何かがそこに存在して音がしているのである。この怪異は、なかなか、いい。

「弓手のかた、はるかの空より」久右衛門が対峙して向かっている空の、左手の遙か上空の方から。

「黑井村」「ひなたGPS」の戦前の地図で「田和」周辺で近似する地名を探したが、見当たらない。但し、一つ、気がついたのは、現在の兵庫県丹波市春日町黒井がある。現行では県を跨るが、ここは必ずしも田和から異様に離れた位置とは言い難い。直線で十八キロメートルで、山岳地帯を挟む南側であるが、福知山盆地を経由して実測してみるに、三十キロメートル弱で着く距離であり、例えば、狩猟好きの久右衛門なら、この南北の間の山林をフィールドとしていて全くおかしくないと私は思うのである。

「過し夜」昨夜。まさに久右衛門が怪奇を体験したその夜。

『「火車(《くわ》しや)に、とられし。」と、いひこしける』シークエンスの表現法としては、上手くないが、私は、前夜、六兵衛が、魘されるように、「火車に、捕られたぁッッツ!」と断末魔の声を挙げて亡くなったものととる。本篇は、久右衛門の体験した事実と「火車」(妖怪としての「火車」(かしゃ)は私の怪奇談集に枚挙に遑がないが(「狗張子卷之六 杉田彥左衞門天狗に殺さる」の私の最後の注及びその中の私の記事リンクを参照されたい)、これは、「大和怪異記 卷之六 第十七 火車にのる事」と同じで、地獄の迎え車ととれ、それらとは異なる。これも何らかの脳症の末期の幻覚である)がすんなりとつながらないところが、一見、ジョイントが悪く、概ね誰もが躓くのであるが、真の怪異性とは、その内部で全部の対象の総ての連関が繋がって、閉じられた系の中で論理が成立してしまっては、実は怖くないのである。見かけ上の論理性のどこかが、不条理に致命的に欠損していてこそ、話を受ける我々の側にはブラッキーなもやもやが残り、それがまた、同時に怪異感を高めるとも言えるのではなかろうか? いや、正直に告白すると、寧ろ私は、この後の展開を読みたくなるのである。すると、「犬著聞集」の原作者椋梨一雪はまさに、これを続けて、久右衛門の臨終の怪異というコーダを書こうと考えていたのではなかったか? そうして、そこで、この我々をやや不満足にさせる、論理的欠損部が、補われて、因果の悲劇が幕を閉じるという趣向だったのかも、知れない、などと妄想もするのである。]

« 曲亭馬琴「兎園小説拾遺」 第二 「夜分(やぶん)、古墓石を磨く怪」「石塔みがき後記」 / 曲亭馬琴「兎園小説」本篇・「兎園小説外集」・「兎園小説別集」・「兎園小説余禄」・「兎園小説拾遺」全篇電子化注完遂 兎園小説全集大団円也! | トップページ | 大和怪異記 卷之七 第二 本妻妾が子をころす事 »