フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 山人の市に通ふこと | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 少許を乞て廣い地面を手に入れた話 »

2023/02/25

フライング単発 甲子夜話續篇卷之41 五 椛町、岩城升屋の庫燒失せざる事 附 曾呂利の話

 

[やぶちゃん注:以下、現在、電子化注作業中の南方熊楠「少許を乞て廣い地面を手に入れた話」の注に附(つけた)りの部分が必要となったため、急遽、電子化する。非常に急いでいるので、注はごく一部にするために、特異的に《 》で推定の歴史的仮名遣の読みを挿入し、一部に句読点も変更・追加し、鍵括弧・記号・改行も用いた。]

 

甲子夜話續篇41―5

 數寄屋橋《すきやばし》内《うち》なる永井氏を訪《たづね》しとき、主人、庭前なる庫《くら》の、四、五間ばかりなるを指さして曰はく、

「椛町《かうぢまち》の岩城升屋《いはきますや》と云《いふ》商家に、あの庫ほどなる土藏あり。度度《たびたび》の火災に遭《あひ》ても、遂に燒亡すること、なし。其ゆゑを尋《たづぬ》るに、常に大なる皮袋を用意して、火災と見れば、其皮を、庫に覆ひ、水を澆《そそ》ぐ。これに因《より》て燒亡せず。」

と。

 これに就《つきて》、思ひ出《いだ》せしことあり。今、其《その》出典を忘れたれど、記臆[やぶちゃん注:ママ。]せしまゝを、こゝに記す。

 豐臣太閤、嘗て、曾呂利新左衞門が滑稽を愛して常に咫尺《しせき》す。

 或とき、太閤曰《いはく》、

「我、汝が才を愛す。依《よつ》て汝の求《もとむ》る所の物を與へん。廼(すなはち)、これを望め。」

 曾呂利、答《こたへ》て日、

「曾《かつ》て望む思ひ、なし。されども、臺命《たいめい》、背くべからず。冀《ねがは》くは、紙袋一つに容《い》るゝの物を賜はん。」

 太闇、曰、

「小なる願ひ哉《かな》。紙袋を持來《もちきた》れ。その容るゝを與へん。」

 曾呂利、喜び退く。

 出仕せざること、十日に及ぷ。

 太閤、異(アヤシ)み、人を使はして、省(ミ)せしむ。

 返《かへり》て日、

「曾呂利、『袋を接(ツグ)こと、夥《おびただ》し。因て、出仕を廢す。』と。」

 公、又、人を遣はして、その事を問はしむ。

 答て曰、

「紙袋なり。」

 使者曰、

「奚《なん》ぞ、袋の巨大なる。」

 曾呂利、答ふ。

「この袋を以て、御米倉(コメグラ)に覆(カブセ)、御倉の積粟《つみあは》を賜はらん。」と。

 使者、返《かへり》て告ぐ。

 公、笑《わらひ》て曰、

「『紙袋一つ』と云へば、實(マコト)に然《しか》らん。されども、一倉《ひとくら》の栗、與へ難《がた》し。」

迚《とて》、大《おほい》に笑はれしとぞ。

■やぶちゃんの呟き

「咫尺す」貴人の前近くに出て親しく拝謁する。

 

« 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 山人の市に通ふこと | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 少許を乞て廣い地面を手に入れた話 »