フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 西播怪談實記 小赤松村與右衞門大蛇に追れし事 | トップページ | 西播怪談實記 廣山村葬場神の咎有し事 / 西播怪談實記一終 »

2023/02/28

西播怪談實記 佐用鍛冶屋平四郞大入道に逢し事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注凡例は最初回の冒頭注を参照されたい。底本本文はここから。前回述べた通り、底本では標題欠損であるため、標題は初回に電子化した「目次」のものを使用した。【 】は二行割注。挿絵は所持する二〇〇三年国書刊行会刊『近世怪異綺想文学大系』五「近世民間異聞怪談集成」にあるものをトリミングして適切と思われる箇所に挿入した。因みに、平面的に撮影されたパブリック・ドメインの画像には著作権は発生しないというのが、文化庁の公式見解である。]

 

 ◉佐用鍛冶屋平四郞大入道《おほにふだう》に逢し事

 年は元祿の初《はじめ》つかたの事なりしに、佐用郡佐用邑に、鍛冶屋平四郞といへるもの、有《あり》。

 平生、殺生を數寄《すき》しか[やぶちゃん注:「が」。]、比《ころ》は五月廿日あまり、雨もそぼふる暗き夜《よ》なれば、

『鮎をとらんには、究竟(くつきやう)の夜なり。』

と思ひ、ひとり、網を持(もつ)て立出《たちいで》、先《まづ》、大成《だいなり》といふ所へ行て【大成は河の字《あざ》。】、河の半《なかば》にすゝみ、網を、

「さんふ」

と打入《うちいれ》、曳(ひき)て見るに、何やらむ、懸《かかり》たるやうに覚へければ、右の方へを迥《まは》りて引《ひく》に、川上の方へ、網を、引《ひく》もの、在《あり》。

『怪し。』

と、おもひ、雲透《くもすき》に見れば、其長、壱丈斗《ばかり》の大人道、網のいわを取《とり》て、川中《かはなか》を、上へ、上へ、と、引《ひき》てゆく。

[やぶちゃん注:「元祿の初つかた」元禄は元年が一六八八年で元禄一七(一七〇四)年に宝永に改元している。

「雲透」雲を透かしてものを見ること、或いは、雲間を漏れてくる僅かな光、或いは、その光を頼りとして対象物を見ること。多く、この「雲透にみる」の形で用いられる。平安末期以降の用語。

「いわ」これは「岩・巌・磐」であるが、「錘」「沈子」と書くと意味が分かる。漁網を沈めるために附ける素焼きの土器や陶器で作った錘(おもり)のことである。挿絵を見られたい。]

 

Oonyudou2

 

 平四郞、元來、不敵ものにて、少《すこし》も恐れず、

『網を引とらんは、安けれども、破(やぶり)ては、無益(むやく)なり。引行《ひきゆか》ば、いづく迄も附《つき》て行《ゆく》べし。若《もし》、又、我に懸(かゝら)ば、手繩(てなは)を持《もつ》て、くゝしあげん。』[やぶちゃん注:「くゝしあげん」「括(くく)し上げん」で「固く括ってやる・縛り上げてやろう」の意。]

と、おもひ、引《ひか》れてゆくに、五、六町、行《ゆき》て、網を放(はなち)ければ、

『今宵は、猟も有《ある》まじ。』

と思ひて、歸《かへり》しと也。

 右の平四郞は、享保の末つかた迄は、存命なりければ、予、直噺(ぢき《ばなし》)を聞ける趣を書つたふもの也。

[やぶちゃん注:底本では、最後の「と思ひて」の後に本文に「網を放」とあって、その右に「歸しと也」とミセケチしている。さて。佐用辺りでは殺生好きは巨大人間に遭遇することが多いらしい。先の「新宮水谷何某化物に逢し事」も巨大山伏だった。

「享保の末つかた」享保は最後が二十一年でグレゴリオ暦一七三六年。初回冒頭注で述べた通り、作者春名忠成は寛政八(一七九六)年の没年である可能性が高い。

「大成は河の字」というのは、川の一部の流域に特定の名をつけることを言っている。川漁・海漁ともによくあることである。なお、名前が流域の各所で名を変えることも珍しくない。例えば、鎌倉市を貫流するどうってことない短い滑川がよく知られる(上流から「胡桃(くるみ)川」→滑川→座禅川→夷堂(えびすどう)川→炭売川→閻魔川と変わる)。どこだかは判らないが、気になるのは佐用町の中の南の端に目高(めたか)のピークに「大成山城跡」(グーグル・マップ・データ)があることで、ここが見える佐用川の下流(ここで千種川に合流する)辺りのように私には思われた。]

« 西播怪談實記 小赤松村與右衞門大蛇に追れし事 | トップページ | 西播怪談實記 廣山村葬場神の咎有し事 / 西播怪談實記一終 »