フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (59) 青木昆陽登場 | トップページ | 譚海 卷之五 宗徽宗皇帝眞蹟文字幷山樂畫屛風事 附甲州身延山方丈壁の畫・鎌倉圓覺寺什物の事又徽宗皇帝鷹畫・京嵯峨淸涼寺什物・京伏見泉涌寺什物・水戶祇園寺天妑の像・壽亭侯の印・水戶家藏諸葛孔明陣太鼓の事 »

2023/02/11

明恵上人夢記 101

 

101

一、式を撰ずる間、夢に、此の本堂の後(うしろ)の戶に、二、三人の僧、有り。黑き色の鶉衣(ずんえ)なり。心に『聖僧(ひじりそう)なり。』と思ふ。卽ち、問答し奉りて曰はく、「住處(すみか)を白(まう)すベし。」。問ひて云はく、「住處は如何(いかん)。」。答へて曰はく【木丁(きちやう)へ、斯(か)く論ず。】、心に、『天竺は此(かく)の如き處に、之(これ)、在り。』と思ふ。尙、强ひて名字を問ひ奉る。頻りに、之(これ)を祕し給ふ。切々(せつせつ)に問ひ奉る。外(そと)の戶に、諸人(しよにん)、有る心地す。予、之に近づき、卽ち、憚り付き奉る。予之(の)左の耳に當りて、答へて曰はく、「賓頭盧(びんづる)也。」。予、深く哀傷し、「不審を問ひ奉るべきに、此(これ)にて足るべく候。無禮に候へば。」と申して覺め了(をは)んぬ。『餘の、二、三人も、十六羅漢の隨一也(なり)。』と思ふ。

[やぶちゃん注:クレジットはないが、日付のある「100」を承久二年七月三十日未明と私は指定した。この二つ後に「同八月三」、「四日」と頭に記す夢があるので、これも承久二年七月三十日(同月は大の月)から八月三日までの閉区間が時制となる。なお、この夢は明恵の心内表現の間に、明恵の三つの台詞と、聖僧(ひじりそう)の囁く一と声とが、極めて印象的に響いてくるSE(サウンド・エフェクト)で、タルコフスキイの映画の一場面のように素敵である。

「鶉衣(ずんえ)」「じゆんえ」とも読む。継ぎ接ぎだらけの着衣、或いは、破れ、擦り切れて短くなった弊衣(へいい)。「うずらぎぬ」とも言う。鳥のウズラの斑模様に喩えたもの。厳しい行脚をしてきた結果のそれで、だからこそ、明恵は「聖僧」と直感したのである。

『問答し奉りて曰はく、「住處(すみか)を白(まう)すベし。」。問ひて云はく、「住處は如何(いかん)。」。答へて曰はく』どうもこの部分、錯文か衍文のようにも感じられる。しかも、応じた返答が全くなかったりと、ちょっと不自然である。しかし、「强ひて名字を問ひ奉る。頻りに之を祕し給ふ。切々に問ひ奉る」という明恵の畳み掛けた表現から、僧らは不詳の一応答と囁きを除いて、他には声を発しなかったものととってよいと断ずる。訳では、不詳部を「□…………□」と仮に置いて訳しておいた。

「木丁」「几帳」に同じ。古文でお馴染みの屏障具の一つ。室内に立てて隔てとし、また、座側に立てて遮るためのもの。台に二本の柱を立て、柱の上に一本の長い横木を真横に渡し、その横木に帳(とばり)を懸けた簡易のパーテーション。「へ」は「几帳へ向かって」「几帳を隔てて」問答したことを意味する。

「天竺」明恵はこの11年後の建仁二(一二〇二)年満二十九歳の時、天竺(インド)へ渡来する計画を立てている。但し、翌年正月に春日明神の神託により中止しており、元久二(一二〇五)年にも再度、計画したがも、同年中に、やはり中止している。

「賓頭盧」釈迦の弟子で、十六羅漢の一人。サンスクリット語「ピンドーラ・バーラドバージャ」の漢音写「賓頭盧頗羅堕(闍)(びんづるはらだ(じゃ))の略。優陀延(うだえん)王(生没年不詳)の大臣の子として生まれ、出家し、「獅子吼(ししく)第一」と言われるほど、人々を教化し、説得する能力が頭抜けていた。王は、彼の法を聞いて、深く仏教に帰依したともされる。後世、仏の教えを受けて、末世の人に福を授ける役を担当した人物として造形され、法会の際には、食事などを供養する風習が生じ、中国では、彼の像を造って食堂(じきどう)に安置した。日本では、本堂の外陣(げじん:堂の縁の上)に像を安置し、信者が病気している部分と、同じ部分を撫でると、平癒するという「撫で仏」(なでぼとけ)の風習が俗信として広がって今に至っている。古い像はそのために同時代のものよりも各部位の損耗が激しい。]

 

□やぶちゃん現代語訳

 修法を選んでいる間、こんな夢を見た――

 今、私がいる神護寺の本堂の後ろの戸に、二、三人の僧が、おるようである。

 彼らは皆、黒い色の鶉衣(じゅんえ)である。その姿や形相(けいそう)から、心の内で、『彼らは正しく厳しい修行を経た聖僧(ひじりそう)である。』

と思った。

 されば、心惹かれて、即座に問答し奉らんとて、曰わく、

「貴僧らの住処(すみか)を、これ、おっしゃって下されい。」

と。

 しかし、返事は、ない。

 されば、再び、問うて曰わく、

「住処は、これ、何処(いづこ)か。」

と。

 すると、答えて曰わく、

「□…………□。」

と[明恵割注:以上の応答は几帳(きちょう)を介してかくなされたものである。]

 私は心の内で、

『天竺は、現にこの日本に居ながらにして、眼前に見えるようなところに、それは、在るのだ。』

と思うた。

 なおも、私は、強いて、僧たちの名字(みょうじ)を問ひ奉った。

 しかし、頻りに、これを秘密にし遊ばされるのである。

 心で詰め寄るように、切に切に問ひ奉った。

 戸の外(そと)に、複数の聖僧の方々おられる心地がした。

 私は、これ近づき、即座に、憚り乍ら、供奉し奉った。

 私の左の耳に誰かが口を寄せた気配がし、答えて曰わく、

「――賓頭盧(びんづる)。」。

と呟いた。

 私は、それを聴くや否や、深く悲しみ、傷ましい思いにかられ、思わず、

「不審を問ひ申し上げるべきところで御座いましたが、これにて、満足致しまして御座る。御無礼申し上げましたことを、切にお許しを……。」

と申し上げた――と――思ったところで、覚醒しきって、夢は終わっていた。

 覚醒した私は、

『他におられた、二、三人の方々も、これ、十六羅漢の随一のお方衆であったのだ。』

と思うたのであった。

 

« 只野真葛 むかしばなし (59) 青木昆陽登場 | トップページ | 譚海 卷之五 宗徽宗皇帝眞蹟文字幷山樂畫屛風事 附甲州身延山方丈壁の畫・鎌倉圓覺寺什物の事又徽宗皇帝鷹畫・京嵯峨淸涼寺什物・京伏見泉涌寺什物・水戶祇園寺天妑の像・壽亭侯の印・水戶家藏諸葛孔明陣太鼓の事 »