フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 西播怪談實記 正規表現電子化注始動 / 序・「一」目録・姬路皿屋敷の事 | トップページ | 大手拓次譯詩集「異國の香」 「音樂」(ボードレール) »

2023/02/26

西播怪談實記 多賀村彌左衞門小坊主を切し事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注凡例は最初回の冒頭注を参照されたい。底本本文はここから。]

 

 ◉ 多賀(たか)村彌左衞門小坊主を切《きり》し事

 佐用郡多賀村に彌左衞門といひしもの有《あり》。

 寬永年中の事なりしに、公務に付《つき》、宍粟(しそう)の役所に出《いづ》るに、道のほど五里を(へたつ)れば、歸宿の比《ころ》は、いつにても、夜に入《いり》て通る事、度々也。

 或時、又、夜更て歸りしが、住家(すみか)より、廿町斗《ばかり》川上なる高山といへる所の岨(そば)を傳ひしに、年比、十二、三斗なる、いつくしき僧、いづくともなく出《いで》て、道に先立《さきだ》つ。

 跡をしたふに、ほどなく家近くになりて、又、いづくともなく失(うせ)けり。

 かくのごとくする事、五、七度(ど)にも及びしかども、公務なれば止(やむ)事を得ずして、又、ある時、夜更少し、村雨(《むら》さめ)、打《うち》そゝぎて、雲の絕間より下の弓張[やぶちゃん注:半月。]きらめく折節、右の岨に懸りしが、例の小坊主、又、出て、先立ゆく。

 住家近く成《なり》て、稻田の中へ飛入(とび《いり》)て失けり。

『例(れい)の事。』

と、おもひ、行過(ゆきすき)しに、後(うしろ)より、飛懸《とびかか》り、足の間《あひだ》をくゝる事、手飼(《て》かい)の犬の、たはむるゝに、異(こと)ならず。

 其時、刀を拔(ぬき)て切付《きりつけ》しに、忽(たちまち)、大坊主と成て、其長(たけ)壱丈斗《ばかり》に見えしを、刀を持直して、

「はつた」

と切付《きりつけ》るに、手ごたヘして、形は失にける。

 家に歸り、此事を語れは、有《あり》あふもの共、手手に、明松(たいまつ)[やぶちゃん注:ママ。]燈(とほ)しつれ、其所を尋《たづぬ》るに、筋(すし[やぶちゃん注:ママ。])の血あり。

 是を、つなぎて、十町斗行《ゆく》に、古溝(ふるみそ)の中に、幾年經(いくとしへ)しともしれぬ、狸、死(しに)居《ゐ》たりける。

 然(しか)し後(のち)は、此刀を「狸丸」と名づけ、今に其家に持傳へたり。

 享保の初つかた迄は、此事をおぼろに覚《おぼえ》し家僕、存命(なからへ)居(ゐ)て、語ける趣を書傳ふ者也。

[やぶちゃん注:「佐用郡多賀村」兵庫県佐用郡佐用町多賀(たが:グーグル・マップ・データ。以下、無指示は同じ)。

「寬永年中」一六二四年から一六四四年まで。

「宍粟(しそう)の役所」現在の宍粟市の市街であろう。多賀から時計回り或いは反時計回りで周回して遠回りすると、二十七キロメートル以上はあり、山越え直行はかなり厳しいが、「五里を隔」つとあり、実際にやってみると、山越えすると二十キロほどで着くので、そのルートであろう。

「廿町」二・一八二キロメートル。

「高山」不詳。「ひなたGPS」で戦前の地図を見たが、見当たらない。これが判ると主人公に家がほぼ特定出来るのだが。

「壱丈」三・〇三メートル。

「享保」一七一六年から一七三六年まで。]

« 西播怪談實記 正規表現電子化注始動 / 序・「一」目録・姬路皿屋敷の事 | トップページ | 大手拓次譯詩集「異國の香」 「音樂」(ボードレール) »