フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次譯詩集「異國の香」電子化注始動 / 序詩・「異國のにほひ」(ボードレール) | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 幻覺の實驗 »

2023/02/16

柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 おばけの聲

 

[やぶちゃん注:永く柳田國男のもので、正規表現で電子化注をしたかった一つであった「妖怪談義」(「妖怪談義」正篇を含め、その後に「かはたれ時」から「妖怪名彙」まで全三十篇の妖怪関連論考が続く)を、初出原本(昭和三一(一九五六)年十二月修道社刊)ではないが、「国立国会図書館内/図書館・個人送信限定」で「定本 柳田國男集 第四卷」(昭和三八(一九六三)筑摩書房刊)によって、正字正仮名を視認出来ることが判ったので、これで電子化注を開始する。本篇はここから。但し、加工データとして「私設万葉文庫」にある「定本柳田國男集 第四卷」の新装版(筑摩書房一九六八年九月発行・一九七〇年一月発行の四刷)で電子化されているものを使用させて戴くこととした。ここに御礼申し上げる。疑問な箇所は所持する「ちくま文庫版」の「柳田國男全集6」所収のものを参考にする。

 注はオリジナルを心得、最低限、必要と思われるものをストイックに附す。底本はルビが非常に少ないが、若い読者を想定して、底本のルビは( )で、私が読みが特異或いは難読と判断した箇所には歴史的仮名遣で推定で《 》で挿入することとする。踊り字「〱」「〲」は生理的に嫌いなので、正字化した。傍点「﹅」は太字に代えた。

 なお、本篇は底本巻末の「内容細目」によれば、昭和六(一九三一)年八月発行の『家庭朝日』初出である。]

 

     お ば け の 聲

 

          

 

 オバケ硏究の專門雜誌が、最近に盛岡から出ようとして居る。又宮崎縣の鄕土志資料には、あの地方の妖怪變化の目錄が、先々月から連載せられて居る。ばけ物は勿論至つて古い世相の一つではあるが、それを觀ようとする態度だけがこの頃やつとのことで新しくなり始めたのである。私たちの見た所では、人が今日の問題などと珍しがるものでも、大抵は以前何度と無く、だれかゞ考へて見たものばかりだ。今頃だし拔けに現れてくるといふ問題は、もうこの人生には無い方が當り前である。單にこれまで氣のつかなかつた實例、それを機緣として新しく見直さうとする心持、今一つは寧ろ久しい間ほつたらかしてゐたといふ事實が、次々に問題を新たにしてくれるのである。この意味からいふと、ばけ物なども大いに新しい部類に屬する。たとへば我々がこれに興味を抱いて居るといふと、直ぐ「有るものか無いものか」を問はうとする人が、まだ世間には充滿して居るのである。かうした一方からしか問題に近よることの出來ぬ人たちが、いはゞ現代のためにいろいろの面白い題目を貯藏して置いてくれたので、新たな怪談と觀察との學問が、ちやうど起らずにはをられぬやうに世の中はなつて居る。

[やぶちゃん注:「オバケ硏究の專門雜誌が、最近に盛岡から出ようとして居る」不詳。識者の御教授を乞う。

「宮崎縣の鄕土志資料」これは昭和六年一月に発刊された日向郷土会発行の雑誌『日向鄕土志資料』を指す。K.WATANABE氏の「日向郷土会及び『日向郷土志資料』について」に、詳細な書誌データと原本画像(PDF)が載っており、上記の冒頭も引かれてある。それによれば、『同誌は早くから妖怪研究に着手した日野巌氏の主催』になる会であるとあり、末尾に日野氏の経歴も記されてあり、同誌は昭和一四(一九三九)年九月発行の第十八輯~第二十輯で廃刊とある。]

 

          

 

 最初まだ當分のうちは、いはゆる眞面目な人々は相手になつてくれぬかも知れない。しかし氣樂で時間の多い子供とか年寄とかゞ、仲間に入つてくるならばそれで結構である。何でも出來るだけ單純な目標、殊にもつとも實際的なる每日の言葉からたどつて行くのが便利なやうである。私はある時同志の靑年を集めて試みに「ばけ物は何と鳴くか」を比較して見たことがあつた。東京などの子供は戲れに人をおどす時、口を大きく開き尖らせた十本の指を顏のそばへ持つて來て、オーバーケーとうなるやうに發音するのが普通のやうだが、これは近頃になつての改造かと思はれる。といふわけはオバケといふ日本語は、さう古くからのもので無いからである。關東の近縣から、奧羽北陸の廣い地域に亙つて、化物の鳴き聲は牛のやうに、モーといふのだと思つて居る人は多い。それがどういふわけかは考へて見た人も有るまいが、大よそ人間のしたりいつたりすることに理由の無いものがあらうはずは無い。もし今以てそれを解說し能はずとすれば、乃ちその根源にはいまだ究められざる事實があるのである。

 多くの動物の名がその鳴き聲からつけられて居る如く、オバケもモーと鳴く地方では、大抵は又それに近い語を以て呼ばれて居る。例へば秋田ではモコ、外南部ではアモコ、岩手縣も中央部ではモンコ、それから海岸の方に向ふとモッコ又はモーコで、あるひは昔蒙古人を怖れて居た時代に、さういひ始めたのだらうといふ說さへある。しかし人間の言葉はそんな學者くさい意見などには頓着無しに、土地が變ればどしどしと變化して行つて居る。今日私たちの知つて居るだけでも、まづ福島縣の南の方ではマモウ、越後の吉田ではモッカ、出雲崎ではモモッコ、越中の入善でもモモッコ、加賀の金澤ではモーカ、能登にはモンモだのモウだのといふ呼び方がある。信州でも伊那は普通にモンモであるが南安曇の豐科ではモッカといひ、松本市ではモモカといつて居る。これから考へて見ると、江戶で「むささび」のことをモモングワ、それから一轉して一般に野獸の肉をモモンヂーなどといつたかも知れぬ。上總の長生《ちやうせい》郡などでは、今でもモンモンヂャといへば化け物を意味して居るのである。

[やぶちゃん注:前の「妖怪古意」の「六」に先行する本篇への言及がある。

「秋田ではモコ」『日本民俗文化資料集成』第八巻に所収する千葉幹夫編「全国妖怪語辞典」(一九八八年三一書房刊)には、似たものとして、『モウスケ』が立項されており、『動物の怪。北秋田郡地方でコエゾイタチのこと。狐より怖れられている』とある。「コエゾイタチ」はネコ目イヌ亜目イタチ科イタチ属イイズナ Mustela nivalis の別名である。当該ウィキによれば、『東北地方や信州では「飯綱(いづな、イイズナ)使い」「狐持ち」として管狐(くだぎつね)を駆使する術を使う家系があると信じられていた』とある通りで、本邦では、古くから広く妖怪的動物として知られていた。私の「老媼茶話巻之六 飯綱(イヅナ)の法」を参照されたい。

「越後の吉田」現在の新潟県燕市吉田(グーグル・マップ・データ。以下、無表記は同じ)。

『「むささび」のことをモモングワ』同じ習性を持つ異類混同がある。厳密には「モモンガ」は「ムササビ」とは別種である。前の「妖怪古意」の「七」の「モモンガ」の私の注及びリンク先を参照されたい。

「上總の長生郡」旧郡域は当該ウィキを見られたい。]

 

          

 

 オバケの地方名は、大げさにいふならば三つの系統に分れて居る。その一つは九州四國から近畿地方までに割據するもので、主として、ガ行の物すごい音から成立つて居る。鹿兒島縣でガゴ・ガモ又はガモジン、肥後の人吉邊でガゴーもしくはカゴ、日向の椎葉山でガンゴ、佐賀とその周圍でガンゴウ、周防の山口でゴンゴ、伊豫の大洲附近でガガモ又はガンゴ同じく西條でガンゴーといふなどがその例である。

[やぶちゃん注:「日向の椎葉山」前の「妖怪古意」の「九」で既注の宮崎県東臼杵郡椎葉村(しいばそん)一帯。

「伊豫の大洲」現在の愛媛県大洲市

「西條」現在の愛媛県西条市。]

 對馬では子供が兩手の小指を以て目の端を張り、こはい顏をすることをタンゴウスルといひ、又はガンゴメともいふさうである。これで思ひ當るのは東京などのベッカッコウも、本來は又目ガッコであつて、卽ちばけ物の顏といふ意味であつたらしい。それから小兒の遊びのカゴメカゴメなども、「いついつ出やる、夜明けの晚に」といふからは、やはりオバケを圍んで伏せて置く仕草であつたのかも知れない。化け物をガンゴといふ言葉は奈良にもあれば、越中でも富山の周圍や五箇山ではガーゴンといひ茨城縣などにもゴッコ又はガゴジといふ語が殘つて居る。それを大和の元興寺《がんこうじ》の昔話から、始まつたやうに稱へて居たのは、本を讀んだ人たちだけのひとり合點であつた。

[やぶちゃん注:「大和の元興寺の昔話」前の「妖怪古意」の「六」で既出既注。]

 次に第三の種類はモーとガンゴとの結合したもので、九州でも薩摩のガモだの長崎のガモジョだのがある他に、紀州の熊野でガモチといひ、飛騨は一般にガガモといつて居る。私の想像ではこれが多分は古い形であつて、他の二つはそれから分れて出たもの、卽ち最初には彼自身「かまう」と名乘つて、現れてくるのを普通として居たために、それが自然に名のやうになつたのかと思ふ。人が既にオバケを怖れぬやうになつて、「かまう」ぐらゐではこはさが足らず、「取つて食はう」とでもいはないと、相手がオバケだとも思はぬやうになつてしまつた。さうしてカモーを無意味なる符號の如くに、自分勝手に變形して使つて居たことはちやうど我々の固有名詞も同じであつた。しかも唯これだけの單に一語からでも、なほばけ物に對する以前の感覺は推測し得られるのである。

 

 (附記)

家庭朝日といふ雜誌は、昔朝日新聞で新聞購讀者に無料で配布したもので、編集長は津村秀夫氏だつた。今は保存して居る人も少なく、朝日新聞社にすらないといふことである。幸ひ奈良の水木直箭《なほや》氏の手許にあり、筆寫させてもらつたが、きけば水木氏も八戶の夏堀謹二郞氏より送られたものとか、「妖怪古意」と内容が重なつてゐるが、いろいろの思ひ出の爲、加へることにした。

[やぶちゃん注:「附記」は全体が底本では一字下げ。さても、単行本でここに注記しても、最早、遅過ぎますぜ、柳田先生。

「津村秀夫」(明治四〇(一九〇七)年~昭和六〇(一九八五)年)は映画評論家として知られる朝日新聞社社員。当該ウィキを見られたい。

「水木直箭」(明治三〇(一八九七)年~昭和五一(一九七六)年)は奈良県出身の民俗学者。国学院大で折口信夫に学び、国文学・民俗学を研究、奈良県文化財審議委員・奈良市史編纂委員などを歴任した。帝塚山短大教授。編著に「柳田国男先生著作目録」・「随筆折口信夫」などがある(講談社「デジタル版日本人名大辞典+Plus」に拠った)。

「夏堀謹二郞」『八戸郷土研究会』所属の民俗研究家。]

« 大手拓次譯詩集「異國の香」電子化注始動 / 序詩・「異國のにほひ」(ボードレール) | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 幻覺の實驗 »