フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 「憑き人」(ボードレール) | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 團三郞の祕密 »

2023/02/19

柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 呼名の怪

 

[やぶちゃん注:永く柳田國男のもので、正規表現で電子化注をしたかった一つであった「妖怪談義」(「妖怪談義」正篇を含め、その後に「かはたれ時」から「妖怪名彙」まで全三十篇の妖怪関連論考が続く)を、初出原本(昭和三一(一九五六)年十二月修道社刊)ではないが、「国立国会図書館内/図書館・個人送信限定」で「定本 柳田國男集 第四卷」(昭和三八(一九六三)筑摩書房刊)によって、正字正仮名を視認出来ることが判ったので、これで電子化注を開始する。本篇はここ。但し、加工データとして「私設万葉文庫」にある「定本柳田國男集 第四卷」の新装版(筑摩書房一九六八年九月発行・一九七〇年一月発行の四刷)で電子化されているものを使用させて戴くこととした。ここに御礼申し上げる。疑問な箇所は所持する「ちくま文庫版」の「柳田國男全集6」所収のものを参考にする。

 注はオリジナルを心得、最低限、必要と思われるものをストイックに附す。底本はルビが非常に少ないが、若い読者を想定して、底本のルビは( )で、私が読みが特異或いは難読と判断した箇所には歴史的仮名遣で推定で《 》で挿入することとする。踊り字「〱」「〲」は生理的に嫌いなので、正字化した。

 なお、本篇は底本巻末の「内容細目」によれば、大正五(一九一六)年一月発行の『鄕土硏究』初出である。]

 

     呼 名 の 怪

 

 名を呼んで人の心神を奪ひ去る妖怪のことについて、櫻井秀君の擧げられたのは元和《げんな》四年と元久(文久?)二年と兩度の記事であつたが、その外にもこれと同じ不思議が、これは京都以外の地で起つた。月堂見聞集《げつだうけんもんしふ》卷二十九、享保十九年五月の條に左の記事がある。「同年九州の地夜に入り家々の戶を叩き候へば、開き候と其者絕入仕《たえいりつかまつり》候。是は去年五月の中旬の頃に御座候。此間は備中備後地《ち》へうつり候由。或者敎へて曰く、たぞやたぞ我名を知らでいふ人はいづくへ行くぞこゝは神やど、右の歌を書付け門戶に張る。依之《これにより》近き頃は少許(すこし)うすらぎ候由。備中國の便宜に申來《まをしきたり》候なり」。但し後段の記事に依ると、九州小倉へ行つた人の話に、彼《かの》地では何の事も無かつたといふことであるから、或は虛說であつたかも知れぬが、神宿云々の歌は文久度《ど》のものとほゞ同じであるのを見れば、由來のあることであらう。

[やぶちゃん注:「名を呼んで人の心神を奪ひ去る」所謂、本邦に古来からある「言上げ」「名指し」の共感呪術的ブラック・マジックの一種。

「櫻井秀」不詳。文学博士で日本史学者に同姓同名の人物がいるが、年齢が合わないから、違う。

「元和四年」一六一八年。徳川秀忠の治世。

「元久(文久?)二年」元久は鎌倉時代の一二〇四年から一二〇六年であるから誤り。櫻井氏の、恐らくは『鄕土硏究』記載の論考の誤記か誤植なのであろう。「文久」は幕末の一八六一年から一八六四年で徳川家茂の治世。

「月堂見聞集」本島知辰(もとじまともたつ)が元禄一〇(一六九七)年から享保一九(一七三四)年までの、江戸・京都・大坂で見聞した事を記録した雑録で、自身の意見・感想などは一切含まずに客観的に事実を書き記したものとしてよく知られる。国立国会図書館デジタルコレクションの「近世風俗見聞集 苐二」(大正二(一九一三)年国書刊行会編刊)のこちらで視認出来る。]

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 「憑き人」(ボードレール) | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 團三郞の祕密 »