フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 西播怪談實記 多賀村彌左衞門小坊主を切し事 | トップページ | 西播怪談實記 佐用邑大市久保屋下女山伏と角力を取し事 »

2023/02/26

大手拓次譯詩集「異國の香」 「音樂」(ボードレール)

 

[やぶちゃん注:本訳詩集は、大手拓次の没後七年の昭和一六(一九三一)年三月、親友で版画家であった逸見享の編纂により龍星閣から限定版(六百冊)として刊行されたものである。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの「国立国会図書館内/図書館・個人送信限定」のこちらのものを視認して電子化する。本文は原本に忠実に起こす。例えば、本書では一行フレーズの途中に句読点が打たれた場合、その後にほぼ一字分の空けがあるが、再現した。]

 

 音 樂 ボードレール

 

音樂は をりをりに 海のやうに私をうばふ!

あをじろい わたしの星にむかつて、

はてしない 霧のふかみに また ひろびろとした空のなかに

わたしは帆をあげてゆく。

帆布のやうに

胸をはり 肺に息をすひこんで、

夜の闇におほはれはてた

たかまれる波の背に わたしはよぢのぼる。

 

なやめる船の

そのさまざまの苦しみに わたしは身ぶるひをする。

おひての風も 暴風も その動亂も

底しれぬ淵のまうへに

わたしを ゆりゆり眠らせる。――また或時は なぎやはらいで、

わたしの絕望の大きな鏡!

 

[やぶちゃん注:原詩は以下。フランス語のサイトのこちらからコピーした。朗読も聴ける

   *

 

   La Musique   Charles Baudelaire

 

La musique souvent me prend comme une mer !

Vers ma pâle étoile,

Sous un plafond de brume ou dans un vaste éther,

Je mets à la voile ;

 

La poitrine en avant et les poumons gonflés

Comme de la toile

J'escalade le dos des flots amoncelés

Que la nuit me voile ;

 

Je sens vibrer en moi toutes les passions

D'un vaisseau qui souffre ;

Le bon vent, la tempête et ses convulsions

 

Sur l'immense gouffre

Me bercent. D'autres fois, calme plat, grand miroir

De mon désespoir !

 

   *

本篇は四連構成とするのが、諸訳者でも共通しており、原子朗編「大手拓次詩集」(一九九一年岩波文庫刊)の「翻訳篇」でも四連構成に変えてある。以上の正字のものを、そのようにして以下に示す。但し、不審な箇所がある

   *

 

 音 樂 ボードレール

 

音樂は をりをりに 海のやうに私をうばふ!

あをじろい わたしの星にむかつて、

はてしない 霧のふかみに また ひろびろとした空のなかに

わたしは帆をあげてゆく。

 

帆布(ほぬの)のやうに

胸をはり 肺に息をすひこんで、

夜の闇におほはれはてた

たかまれる波の背に わたしはよぢのぼる。

 

なやめる船の

そのさまざまの苦しみに わたしは身ぶるひをする。

おひての風も 暴風も その動亂も

 

底しれぬ淵のうへに

わたしを ゆりゆり眠らせる。――また或時は なぎやはらいで、

わたしの絕望の大きな鏡!

 

   *

最終連の一行目が詩集本文では、「底しれぬ淵のまうへに」であるのに、「ま」が除去されている。不審である。

« 西播怪談實記 多賀村彌左衞門小坊主を切し事 | トップページ | 西播怪談實記 佐用邑大市久保屋下女山伏と角力を取し事 »