フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐藤春夫 改作 田園の憂鬱 或は病める薔薇 正規表現版 (その11) | トップページ | 大手拓次詩畫集「蛇の花嫁」 「きみを思へば」 »

2023/02/06

大手拓次詩畫集「蛇の花嫁」 「春の日なれど」・「あきらかになりゆく影」・「木の間の花のごとく」・「悲しみは去らず」・「水に浮く花」・「白き悲しみ」・「海のふかみをたたへ」・「ひとひらの雪」・「はぢらひの衣」・「あをきまぼろし」・「白き月」・「小鳥の如き溜息」・「水底にうつるもの」・「いよよさあをに」

 

[やぶちゃん注:底本その他は始動した一回目の私の冒頭注を参照されたい。特にソリッドに公開したのには意味はない。]

 

 春の日なれど

 

花咲きしと いふなれど

この心もて などゆかむ

つづまやかなる この悲しみを

やはらかき風の そと撫でゆけり

 

[やぶちゃん注:「つづまやかなる」「約まやかなる」。控えめで質素な。つつましい。]

 

 

 

 あきらかになりゆく影

 

みのわづらひに くづをれて

さみしさの 淵にしづみゆけど

いよよ さやかに

うかみいづる そのおもかげ

まこと ひとときも消えさらぬ

そのみづいろのかげ

 

よわよわしく ただよへる影にはあれど

日の經(ふ)るままに

あきらかに なりまさりゆく悲しさ

ああ そのすずやかなる こゑのあらばや

 

 

 

 木の間の花のごとく

 

かくれたる木(こ)の間(ま)より

もれいづる花のごとく

かすかにも ゆれてきたりぬ

その しろきかほの にほはしさ

 

 

 

 悲しみは去らず

 

かなしみは かなたへ去らず

日影のごとく うつろへど

はてしなき いのちのなかに たそがるる

 

 

 

 水 に 浮 く 花

 

みづのなかに うかべる花

こゑをはなてり

 

 

 

 白き悲しみ

 

ねがひは けむりの如くなるなかれ

その しろきかなしみに

わだつみの波 くづるるものを

 

 

 

 海のふかみをたたへ

 

その珠(たま)は しろくうるはしく

あをうみの深みをたたへ

しづかなる こずゑの姿に似たり

もの いまだ あらはれず

ひびきのみ けはひにつたふ

 

 

 

 ひとひらの雪

 

このためらひを いづこにすつべきや

身は ながるる雪のひとひらならむ

むなしかる いのちのうへに

きえがての

ひとひらの雪にや あらむ

 

[やぶちゃん注:「きえがて」「消えがて」。古語の形容動詞「消えがてなり」の語幹の名詞的用法。「消えにくい様子であること・容易に消えないこと」の意。「消えがて」は動詞「消ゆ」の連用形に、「できる・たえる」意味の動詞「かつ」の未然形「かて」が付いた「消えかて」が濁音化したもの。]

 

 

 

 はじらひの衣

 

汝(な)がかほの

眼路(めぢ)のかぎりに あるときは

こころ ときめき

はぢらひの衣(きぬ) われをおほへり

 

 

 

 あをきまぼろし

 

かぎりなく ひろごりゆく

あをき手のまぼろし

あをき月のまぼろし

げにもさみしき

あをきまぼろし

うつつなき 花をうがちて

こころむなしく しらべをおとす

 

 

 

 白 き 月

 

ゆふべ

しろき月のぼりぬ

うすあをの

うすむらさきの

うすくれなゐの

雲のまうへに

しろき月 のぼりぬ

わが心にも

しろき月 のぼりぬ

 

 

 

 小鳥の如き溜息

 

ほのほは あをき水にぬれ

かたちを消して

そことなく みだれつつあり

 

ああ しろき小鳥のごとき溜息は

時の彼方(かなた)に たたずめり

 

 

 

 水底にうつるもの

 

水底(みづそこ)に うつるものは

さだめなき 時のながれなり

われ くちびるをとざして

雲のゆくへの はかなさを思ひをれば

うるはしきもの いよよ輝けり

 

 

 

 いよよさあをに

 

わがかなしみは

そのままに あらしめよ

わが胸に生(お)ふる草 しげらせよ

わがみは いよよきよらかに

いよよ さあをになりゆかむ

 

[やぶちゃん注:この最後の詩篇(右ページ)の見開きの左ページに大手拓次のデッサン「夕立」(右上に手書きで記す)がある。右下方に「1920、5、16」と手書きクレジットがある。なお、所持する岩波文庫原子朗先生の編になる「大手拓次詩集」(一九九一年刊)のパート標題ページの下方に、このデッサンが使用されていたので、トリミング補正して、相当箇所の私の注の中に掲げておく。

 

Yufudati

 

同書には特に転載禁止事項を挙げておらず、さらに、平面的に撮影されたパブリック・ドメインの画像には著作権は発生しないというのが、文化庁の公式見解である。]

« 佐藤春夫 改作 田園の憂鬱 或は病める薔薇 正規表現版 (その11) | トップページ | 大手拓次詩畫集「蛇の花嫁」 「きみを思へば」 »