フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 西播怪談實記 網干浦にて鱶人を取し事 | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 狒々 »

2023/02/27

西播怪談實記 新宿村春名氏家僕犬蛇を見し事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注凡例は最初回の冒頭注を参照されたい。底本本文はここから。]

 

 新宿村春名氏《はるなうぢ》家僕(かぼく)大蛇(だいじや)を見し事

 佐用郡新宿村に春名何某(《なに》かし)といへる農家あり。

 延寶年中の事なりしに、五兵衞といふ下男有しが、五月雨(さみたれ)、降《ふり》つゝきて、洪水、成ければ、

「水流(みなかれ)を拾《ひろ》はん。」

と、棹(さほ)の先に、鎌を結付(ゆい《つけ》)て、河端に行《ゆき》、流れくる木を待《まち》ゐたるに、河上ヘ、大なる木の、流來(《ながれ》く)るを見て、悅び、

「拾ひ得て、德をとらん。」

と、手くすみを引《ひき》て居たる所へ、間近(まちか)く流寄《ながれよれ》ば、鎌を出《いだ》して、既に打立《うつたて》んとせし時、頭《かしら》を指延(さしのば)して口を明《あけ》たる所、箕《み》を合《あはせ》たるやうにて、其赤き事、朱塗(しゆぬり)のごとく、勢ひのすさまじさ、いわん方なく、鎌も打捨、跡をも見ずして、にげ歸る。

 顏色、常ならず、直(すく)に寢間へ入《いり》て、打臥《うちふし》ければ、藥など吞《のま》せ、介抱しけれども、とかく、ものもいはず、四五日斗《ばかり》、すやすやと臥(ふし)けるが、後(のち)に、氣、正しく成て、有《あり》し子細を語り、

「歸る道すがらの草も木も、皆、彼形(かのかたち)に見へける。」

となん。

 終(つい)に廿日斗過《すぎ》て死けるよし。

 予が本家にて、今に其噺《そのはなし》、殘りて、聞《きき》つたふ趣を書傳ふものなり。

[やぶちゃん注:その上流から流れてきたのは、良材になる倒木ではなく、所謂、巨大な蟒蛇(うわばみ)であったわけだが、標題を除いて、蛇という語を本文では一切使わずに、その映像をはっきり読者に再現して不満がないところに、本怪奇談のオリジナルな醍醐味があると言える。

「佐用郡新宿村」現在の兵庫県佐用郡佐用町西新宿附近であろう(グーグル・マップ・データ)。

「延寶年中」一六七三年から一六八一年まで。]

« 西播怪談實記 網干浦にて鱶人を取し事 | トップページ | 柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 狒々 »