フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 「音樂」(ボードレール) | トップページ | 西播怪談實記 高田の鄕熊の鞍山怪異の事 »

2023/02/27

西播怪談實記 佐用邑大市久保屋下女山伏と角力を取し事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注凡例は最初回の冒頭注を参照されたい。底本本文はここから。【 】は二行割注。]

 

 ◉佐用邑《むら》大市久保屋(おちくほや)下女山伏と角力《すまふ》を取《とり》し事

 佐用郡佐用邑に大市久保屋弥三兵衞《やさべゑ》といひしもの有。

 寬文年中[やぶちゃん注:一六六一年~一六七三年。]の事なりしに、下女に「まつ」といへる女、有《あり》けるが、ある夕間暮に、菜園(さゑん)へ菜(な)を摘(つみ)に行《ゆき》しに、側(そは)に大きなる榎(ゑのき)の古木(ふるき)有けるが【菜園の字《あざ》は「倉屋敷」といふ。往昔、備前宇喜多領の時、鄕藏《がうくら》在《あり》し所也。】、其(その)陰より、不斗《ふと》、大《だい》の山伏、出來りて、

「いざ、角力をとらん。」

と、いふ。

 女、いと恐しく、

「我は女なれば、角力は得(ゑ)とらず。」

といへども、山伏、

「是非に。」

と、いふて、取附《とりつく》を、取《とつ》て抛(なけ)るに、手に、こたへず。

[やぶちゃん注:「得(ゑ)とらず」はママ。呼応の不可能の副詞「え」に漢字を当てたもの。後も同じ。]

 山伏、又、起上りて取附を、力を入れて打付《うちつけ》れば、山伏いふやう、

「其方、力、强し。負《まけ》たり、負たり。」

と、いふて、行方(ゆきかた)しれず、消失(きへうせ)ぬ。

 女は、氣も魂(たましい)も絕(たへ)々にて、走り歸れば、家内のもの、おどろき見るに、色、眞靑(まつさほ)にして、所々、死朽色(しくちいろ)なれば、

「こは、いかに。」

と子細をとふに、菜園の方を指《ゆびさし》て、物も得いはず。

 色々、介抱しられ、漸々(やうやう)心しづまりて、有《あり》し容須(ようす)を語れば、聞(きく)ひと、大《おほ》きに怪みけり。

 かくて床に打臥(《うち》ふし)けるか、躬(み)、大《おほ》イに𤍽《ねつ》し、食事も絕果(たへは)て、終《つひ》に翌(あくる)る夕暮に、むなしくなる。

 それより「倉屋敷」は、暮前(くれまへ)よりは往來(ゆきゝ)なかりしが、年をへて、自然と、榎も、枯果(かれはて)、いつとなく町家(まちや)も出來(いてき)て、寬延の今は、其噺(そのはなし)のみ世に殘りける趣を書傳ふもの也。

[やぶちゃん注:「倉屋敷」現在の兵庫県佐用郡佐用町(グーグル・マップ・データ)には見当たらない。「ひなたGPS」で戦前の地図も見たが、見当たらない。

「寬延」宝暦の前。一七四八年から一七五一年まで。]

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 「音樂」(ボードレール) | トップページ | 西播怪談實記 高田の鄕熊の鞍山怪異の事 »