フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七番 打出の小槌 | トップページ | 大手拓次譯詩集「異國の香」 麥畑のなかの死(デトレフ・フォン・リーリエンクローン) »

2023/03/28

「曾呂利物語」正規表現版 第四 / 二 御池町の化物の事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注の凡例は初回の冒頭注を見られたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの『近代日本文學大系』第十三巻 「怪異小説集 全」(昭和二(一九二七)年国民図書刊)の「曾呂利物語」を視認するが、他に非常に状態がよく、画像も大きい早稲田大学図書館「古典総合データベース」の江戸末期の正本の後刷本をも参考にした。今回はここから。なお、所持する一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注の「江戸怪談集(中)」に抄録するものは、OCRで読み込み、本文の加工データとした。さらに、挿絵については、底本では抄録になってしまっているので、今回は、同書にあるものが、比較的、状態がよいのでそれをトリミング補正した。]

 

     二 御池町(おいけちやう)の化物(ばけもの)の事

 都、御池町、さる者の家に、

「化物、有り。」

といふ事。あり。

 主(あるじ)も、人に家を貸して、外(そと)に出でぬ。

 かくはいへど、定かに見たると云ふ人も、なし。

 爰(こゝ)に、をこの者、二人、寄りあひ、

「さるにても、かの家にゆき、化物あるか無きかを、見とどけずば、あらじ。」

と云ひて、彼(か)の家に、宿(やど)借りて居たる者は、銀細工する者なるが、夜な夜な、變化(へんげ)の物にも怖れず、又、化物も何のわざをも爲(な)さで、上下)じやうげ)、二、三人、居(ゐ)侍る。

 かの宿主に、案内(あんない)云ひて、ある夜、三人、忍び行き、彼の家の有樣(ありさま)、裏に、茂りたる藪、あり。

「是れから、化け物は、出づる。」

など云ひ、裏の戶、固く、しめ、多くの押しをかけ、又、いつも内なる唐臼の上に、俵物(たはらもの)、石(いし)など、多く置き、二十人許りしては、動かし難く拵(こしら)ヘて待ち居たり。

 其の時ばかりに、裏の戶口(とぐち)に、物の音、しけるが、程なく、何者とは知らず、來りぬ。

 二、三人、驚きゐたれば、いつもの如く、唐臼を踏み鳴らす。

 

Oikenoperabou

 

[やぶちゃん注:右上端のキャプションは「おいけの町のばけ物坊主からうすふむ所」である。]

 

 其の夜、しも、朧月夜(おぼろづきよ)なりしが、三人ながら、臥して隙(すき)を見れば、白きもの着たる坊主、長(たけ)七尺ばかりなるが、目、鼻、口もなきが、唐臼を蹈(ふ)み、後[やぶちゃん注:「うしろ」。]に、三人の方へ、顏を向けける。

 日頃は、

「いかやうなる化け物にも、逢ひたらば、切りなん。」

と云ひしが、息をも、立てず、ゐたり。

 程なく、化け物は、いづくともなく、失せぬ。

 夜明けて、見れば、裏の戶も、唐臼も、宵の儘なり。

 不審とも、怖ろしとも、云はんかた、なし。

[やぶちゃん注:「御池町」岩波文庫の高田氏の注に、『現在では「御池之町」。中京区室町押小路下ル』とある。「御池之町」は「おいけのちょう」、「押小路下ル」は「おしこうじさがる」と読み、ここ(グーグル・マップ・データ)。

「をこの者」既出既注。

「宿主」借家人の主人である銀細工師。

「案内云ひて」ここに来た理由を正直に述べて。

「押し」突支棒(つっかいぼう)のこと。]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七番 打出の小槌 | トップページ | 大手拓次譯詩集「異國の香」 麥畑のなかの死(デトレフ・フォン・リーリエンクローン) »