フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西播怪談實記(恣意的正字化版) 龍野林田屋の下女火の車を追ふて手幷着物を炙し事 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 「凧揚げ」・「七月十三日」・「法歌」 / 冒頭第一パート~了 »

2023/03/12

西播怪談實記(恣意的正字化版) 安川村佐右衞門猫堂を建し事 / 西播怪談實記三~了

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注凡例は最初回の冒頭注を参照されたいが、「河虎骨繼の妙藥を傳へし事」の冒頭注で述べた事情により、それ以降は所持する二〇〇三年国書刊行会刊『近世怪異綺想文学大系』五「近世民間異聞怪談集成」北城信子氏校訂の本文を恣意的に概ね正字化(今までの私の本電子化での漢字表記も参考にした)して示すこととする。凡例は以前と同じで、ルビのあるものについては、読みが振れる、或いは、難読と判断したものに限って附す。逆に読みがないもので同様のものは、私が推定で《 》で歴史的仮名遣で添えた、但し、「巻四」の目録の読みについては、これまでと同様に総て採用することとする。歴史的仮名遣の誤りは同底本の底本である国立国会図書館本原本の誤りである。【 】は二行割注。]

 

 ○安川村(やすかはむら)佐右衞門猫堂(ねこどう)を建(たて)し事

 佐用郡(さよごほり)安川村に佐右衞門といひし農民あり。

 元錄年中のある夏の事なりしに、旱(ひでり)續(つゞき)て、河水、絕々なれば、鮎は淵にぞ集(あつまり)ける。

 佐右衞門、網を持(もち)て行(ゆき)、元來、水練の達者にて、いかなる淵の底にもいたり、魚(うを)を手取(てどり)にもするほどなれば、其日も、多く取歸(とりかへり)て、料理して炙(やき)てゐたりけるに、手飼(てがい)の猫、中にも大きなる魚を串共(くし《とも》)にくはヘて、椽(ゑん)の下へ這入(はひ《いり》)て喰(くらひ)ければ、佐右衞門、大(おほき)に立腹してゐたりける所へ、又、出《いで》て取(とら)んとせしを、側(そば)に有合(ありあはせ)たる火吹竹をもて、打《うつ》に、猫の運や盡(つき)たりけん、唯、壱つにて、死(しに)ければ、佐右衞門、

「殺(ころさ)んともおもはざるに、不便(ふびん)や。」

とて、則(すなはち)、前の川原にぞ埋(うづ)みける。

 然(しかる)に、翌年、女房、安產して、七夜(しちや)に當るたそかれ時、納戶(なんど)に寢させ置(をき)ける赤子、

「きやつ。」

といふ聲に、おどろき、走行(はしりゆき)て見れば、瘦衰(やせおとろへ)たる猫、赤子をくはへ、椽の下へ迯入(にげ《いら》)むとせしを、急に追(をひ)ける故、猫は子を捨(すて)て、行方(ゆきかた)しれず成《なり》にけり。

 子は直(すぐ)に、息絕(いきたへ)けれども、

「若(もし)や。」

と、いろいろ、治療すれ共《ども》、蘇生せざれば、荼毘(だび)の用意して、泣々(なくなく)、野邊へぞ送(をくり)ける。

 其後(そのゝち)、彼(かの)猫を心懸(《こころ》かく)るといへども、終(つい)に見へず。

 中壱年して、又、安產すれば、初(はじめ)にこりて、油斷もせざりしが、ある夜(よ)の中(うち)に、行方、しれず。

「こは、いかに。」

と、家内のもの、驚周章(おどろきさはぎ)て、尋𢌞(たづねまは)れば、裏の畑に喰殺(くいころ)して、あり。

 佐右衞門、淚の𨻶(ひま)に齒喰(はがみ)すれども、せん方なく、かくてあるべきにあらねば、野邊に葬(ほうぶり)て埋(うづみ)ぬ。

 是より、

「猫の業(わざ)。」

と、決しぬれば、

「先年殺したる猫の亡魂、きたりて、恨(うらみ)をなすにや。」

と、專(もはら)、沙汰し侍りし。

 程なく、又、懷姙しければ、所々へ祈躊をたのみ、

「堅固ならしめ給へ。」

と立願(りうぎはん)しけるに、月、滿(みち)て、男子(なんし)出生(しゆつせう)すれば、彌(いよいよ)、延命の御符(ごふ)を戴せなどして、一家は、晝夜、かはるがはる、二、三人づゝ、小兒(せうに)の側(そば)を離(はなれ)ず、番をしけるが、ある夜(よ)、頻(しきり)に居眠(いねむり)て、覺(おぼへ)ず、まどろみけるが、

「はつ。」

と心附(《こころ》つき)て、小兒を、みれば、上にかづけ置(をき)たる單物(ひとへもの)、なし。

「南無三寶。」

と探(さぐり)みるに、小兒は子細もみへざれども、

「單ものゝ、とれてあるは、いぶかし。」

とて、能々(よく《よく》)氣を付(つけ)てみれば、身には、少(すこし)、煖(ぬくみ)あれども、息のかよはねば、急(いそぎ)、抱上(いだきあげ)て見るに、身の内に疵はなし。

 佐右衞門を起して、

「かく。」

と告(つぐ)るに、少(すこし)もおどろかずして、いふやう、

「今宵(こよひ)、夢を、みたり。瘦(やせ)たる猫、來たりて、手前(てまへ)に向(むかい)、

『我は、先年殺されし猫なり。今宵迄に三人、其方の子を取殺(とりころ)せども、猶、恨は、はれず。此後(このゝち)、幾人(いくたり)出來(いでき)て、たとへ、鐵(くろがね)の櫃(ひつ)に入置(いれをき)給ふとも、命をとらで、置べきか。』

ち、忿(いか)る體(てい)にせのびする、と、見へしが、搔消(かきけす)やうに失(うせ)けり。彌《いよいよ》、殺(ころし)たる猫の仕業、疑ふ所、なし。」

と、いへば、一家を初(はじめ)、是を聞もの、大(おほき)に恐(おそれ)て、

「此上は、追善供養して、彼(かの)猫の怨靈を、なだむべし。」

と相談一決して、小堂(せうどう)を建立して、彼(かの)菩提をとぶらひけるが、是《ここ》に、納受(のふじゆ)やしたりけん、其後(そのゝち)、出生の子、無難(ぶなん)に成長をとげて、今に、存命せり。

 予が近在の事にて、慥(たしか)に聞侍(きゝはべ)る趣を書傳ふもの也。

 按ずるに、都(すべ)て、怨念は、恐敷(おそろしき)ものなる中(うち)に、とりわけ、猫の恨をなせし事、古來、數(まゝ)、多し。鷄犬(けいけん)の主恩を報ぜし事、猫の其主(そのしゆ)に害をなせし類(たぐひ)、寔(まこと)に、同じ畜生ながら、其性(せう)、懸隔せり。

 

西播怪談實記三終

 

[やぶちゃん注:執拗(しゅうね)き猫の怨霊譚である。なお、本篇については、兵庫県立歴史博物館公式サイト内の「佐用安川の猫堂 魚を盗んだ猫のとむらい」に現代語訳が載り、他に、本書に載る他の猫絡みの怪奇談三篇を別ページ「化け猫」で梗概を記してあるので見られたい。但し、そこに載る一篇は先行する二巻所収の「六九谷村の猫物謂し事」であり、今一つは、次の最後の四巻の「城(き)の山(やま)唐猫谷(からねこだに)にて山猫(やまねこ)を見し事附《つけた》リ越部(こしべ)の庄(せう)といへる古跡(こせき)の事」の前半であるが、最初の記されてある、『現在のたつの市新宮町香山(しんぐうちょうこうやま)の伝説で』、『久太夫(きゅうだゆう)という村人が、飼っている鶏が毎晩夜鳴きをするのでよくないきざしと考え、村の前を流れる揖保川(いぼがわ)に捨てた。するとその鶏が、たまたま香山に商売でやってきて川原で昼寝をしていた塩商人の夢枕に立ち、「どこかへ行ってしまっていた久太夫の飼い猫が戻ってきて、久太夫の命をねらっている。自分はそれに気づいたので毎晩早鳴きをして猫を追い払っているのだ。」と告げた。商人はびっくりして久太夫にこのことを告げ、久太夫は猫を見つけて殺した、とされている』とある話柄は、前底本にも、また「近世民間異聞怪談集成」にも所収しない。後者の「解題」を見ると、本「西播怪談實記」は、同書底本の『五冊本を含め、五種の版が存在する。刊年未詳の四冊本は、五冊本の同版刷本である。また続編『世説麒麟談』四冊を加えて八冊本とするものもある』とあるから、最後に私が紹介した話は、それらのどこかに入っている話であろうと推察される。原文を見たいが、方途がない。残念である。

「佐用郡(さよごほり)安川村」現在の兵庫県佐用郡佐用町安川(グーグル・マップ・データ)。

「元錄年中」一六八八年から一七〇四年まで。

「河」同旧村域の川漁であるから、志文川(しぶみがわ)であろう(グーグル・マップ・データ)。]

« 西播怪談實記(恣意的正字化版) 龍野林田屋の下女火の車を追ふて手幷着物を炙し事 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 「凧揚げ」・「七月十三日」・「法歌」 / 冒頭第一パート~了 »