フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 二〇番 親讓りの皮袋 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 川に沿つた話 「飛んで登らぬ鯉」・「ハヤのこと」 »

2023/03/30

「曾呂利物語」正規表現版 第四 五 常々の惡業を死して現はす事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注の凡例は初回の冒頭注を見られたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの『近代日本文學大系』第十三巻 「怪異小説集 全」(昭和二(一九二七)年国民図書刊)の「曾呂利物語」を視認するが、他に非常に状態がよく、画像も大きい早稲田大学図書館「古典総合データベース」の江戸末期の正本の後刷本をも参考にし、さらに、挿絵については、底本では抄録になってしまっているので、今回は、「国文学研究資料館」の「国書データベース」にある立教大学池袋図書館の「乱歩文庫デジタル」所収の画像(使用許可がなされてある)を最大でダウン・ロードし、補正せず(裏写りを消すと、絵が赤茶けてひどく見え難くなってしまうため)適切と思われる位置に挿入した(ここ(左丁)がそれ)。但し、所持する一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注の「江戸怪談集(中)」に抄録するものは、OCRで読み込み、本文の加工データとした。]

 

     五 常々の惡業を死して現はす事

 關東に宇都宮の何某(なにがし)とかや云ふ、ありけり。

 彼(か)の北の方、幼なき時、名を、「おちやあ」と云ひける。「おかみさま」、「お上さま」など、人、云へば、

「年寄りたる心地する。」

とて、やゝ年(とし)たくるまで、幼名(をさなな)を呼ばせける。

 斯かる心より、萬事、不得心にて、召し使ひける者をも、或は、打叩(うちたゝ)き、少しの事にも折檻して、慈悲の心は、夢程も、なかりけり。

 さるから、身まかりけるに、臨終の有樣(ありさま)、怖ろしき事、思ひやるべし。

 扠(さて)、邊(あたり)の寺へ送りけるが、未(いま)だ葬禮をば、せで、香(かう)の火を取りに行く程をぞ、待ち居たる。

 死骸を棺に入れて、佛前に置き、番の者、數(す)十人、其の他、一門眷族、數多(あまた)、附近の僧など、集まり居けるに、俄(にはか)に、彼(か)の棺、震動する事、夥(おびたゞ)し。

「何事にか。」

と、皆人(みなひと)、奇異の思ひを爲しけるところに、彼の死人(しにん)、棺の内より、怪しからぬ姿にて、立ち出でぬ。

 

Akugou1

 

[やぶちゃん注:右上端のキャプションは、幾つかの画像を見たが、「つねづね」(どれも板木が擦れて後半が判読不能だが、恐らくは踊り字「〱」であろうと推察した)「のあくか」(が)「うに」、「しゝてあらわす事」と読める。]

 

 白晝の事なれば、諸人、

「あれや、あれや、」

と云ふ程こそあれ、見る内に、面(おもて)、變りて、眼(まなこ)、日月(じつげつ)の如くにして、髮は、そらざまに生ひ上(のぼ)り、齒がみをして、つい立つたる[やぶちゃん注:「突き立つたる」のイ音便。「すっくと立ちはだかった、その姿は」の意。]有樣(ありさま)、眞(まこと)に面を向くるべきやうもなし。

 かかるところに、長老、出で向ひ、引導して弔(とぶら)はるれば、元の如くの死骸と、なる。

 惡心の怖ろしさ、佛經の尊(たふと)さ、彼(かれ)これ、もつて、疑ふべきことかは。

[やぶちゃん注:「宇都宮の何某」岩波文庫の高田氏の注に、『宇都宮の何某 中世、下国で勢威を振った豪族宇都宮氏の一族か』とされる。]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 二〇番 親讓りの皮袋 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 川に沿つた話 「飛んで登らぬ鯉」・「ハヤのこと」 »