フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之五 江戶淺草觀世音幷彌惣左衞門稻荷繪馬額等の事 附湯島靈雲寺・神田聖堂・音羽町護國寺・品川東海寺。角田川興福寺・淺草御藏前閻魔堂額の事 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 種々な人の話 「湯に入らぬ男」・「馬に祟られた男」・「木の葉を喫ふ男」・「死ぬまで繩を綯つた男」 / 種々な人の話~了 »

2023/03/14

譚海 卷之五 薩摩家豐臣秀賴公の眞蹟進獻の事 附江戶赤坂山王權現神職の事

 

[やぶちゃん注:読点・記号を追加し、段落を成形した。「あん人、生きとってごわした!」トンデモ話である。]

○享保年中、薩摩家老猿渡某、江戶へ出府して、老中松平左近將監殿宅ヘ參じ、

「ひそかに申上る用事にて、出府致(いたし)たる。」

由、申ければ、對面ありし時、猿渡、墨塗の箱、封印したるを指出(さしいだ)し、

「薩摩守、申上候。在所にて、去年、彼(かの)人、死去仕候に付、かやうのもの、所持致し候ても、却(かへつ)て御當家(ごたうけ)の御恥辱にも相成可ㇾ申儀と、恐(おそれ)ながら奉ㇾ存候間、ひそかに返上仕候。仍(よつ)て持參致し候。」

由、演說せしかば、右の箱を、左近將監殿、御請取在(あり)て、卽刻、登城あり、右の次第、言上に及(および)しかば、有德院公方樣[やぶちゃん注:吉宗。]、開封、御覽有しに、豐臣家へ、東照宮より遣(つかは)されたる「起鐙文」也。

「秀賴、十五歲に及ばば、政務の事、返し、屬せらるべき。」

よしの文言とぞ。

 何の上意もなく、只、

「彼(かの)人、何歲にて死去ありしや。子孫も在しや。委敷(くはしく)承候やうに。」

上意あり。

 左近將監殿、歸宅の後、猿渡をめされ、御尋ありしに、

「彼人、去年百三拾七歲にて、死去いたされ候。百廿一歲のとき、男子、出生に付(つき)、當時、存命いたし罷在候。其以前も、男子壹人、出生いたし在ㇾ之候得共(さうらえども)、死去いたし、當時、存命のものは、壹人に御座候。外に、女子、三人在レ之候。何れも家老どもへ、緣組いたし候。」

よし申ければ、右の通り上聞に達せしに、

「來春、薩摩守、參勤のせつ、右の男子、同道いたし候やうに。」

と上意にて、猿渡、歸國せり。

 翌年、薩摩守殿、右男子、同道にて、參勤ありしよし、言上に及びければ、何となく御目見得仰付られ、則(すなはち)、右の男へ、新知(しんち)五百石、賜はり、赤坂山王の神主(かんぬし)に仰付られ、「樹下民部(きのしたみんぶ)」と名を下され、子孫、今に相續せり。

 しかれば、大坂落城のとき、豐臣内府は、薩摩へ落(おち)られたるものか。

 但(ただし)、百三拾七歲まで存命の事、めづらしき事也。「樹下」は、則、「木下」の意なり、とぞ。

[やぶちゃん注:「彼人」底本の竹内利美氏の注に、『豊臣秀頼は大坂落城の際、実は死亡せず、ひそかに薩摩に脱出し、そこで余生を終えたという話は、かなりひろく流布していた。その一例である。この話は起請文や』、『その子孫民部のことまで添えられ、百三十七歳という高齢さえもっともらしくきこえる。なお』、『老中松平左近将監は、佐倉の領主松平乗邑』(のりさと)『である』とあった。]

« 譚海 卷之五 江戶淺草觀世音幷彌惣左衞門稻荷繪馬額等の事 附湯島靈雲寺・神田聖堂・音羽町護國寺・品川東海寺。角田川興福寺・淺草御藏前閻魔堂額の事 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 種々な人の話 「湯に入らぬ男」・「馬に祟られた男」・「木の葉を喫ふ男」・「死ぬまで繩を綯つた男」 / 種々な人の話~了 »