フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 早川孝太郞「三州橫山話」 山の獸 「ノシ餅を運ぶ鼬」・「鼬の鳴聲」・「カマイタチ」・「鼬の最後屁」 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 山の獸 「鹽を好む山犬」・「馬には見える山犬の姿」・「煙草の火と間違へた山犬の眼」・「水に映る姿」 / 山の獸~了 »

2023/03/18

「曾呂利物語」正規表現版 五 ばけ物女になりて人を迷はす事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注の凡例は初回の冒頭注を見られたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの『近代日本文學大系』第十三巻 「怪異小説集 全」(昭和二(一九二七)年国民図書刊)の「曾呂利物語」を視認するが、他に非常に状態がよく、画像も大きい早稲田大学図書館「古典総合データベース」の江戸末期の正本の後刷本をも参考にした。但し、所持する一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注の「江戸怪談集(中)」に抄録するものは、OCRで読み込み、本文の加工データとした。さらに、挿絵については、底本では抄録になってしまっているので、今までは、「国文学研究資料館」の「国書データベース」にある立教大学池袋図書館の「乱歩文庫デジタル」所収の画像(使用許可がなされてある)を最大でダウン・ロードし、補正(裏映りが激しいため)した上で、適切と思われる位置に挿入してきたが(本篇には挿絵があり、ここ(左丁)がそれである)、裏映りを消すために補正すると、薄くなるか、全体が黄色くなるかで、今一つ気に入らない。そこで、状態がかなりいい、上記岩波文庫版に挿絵の載るものは、それを画像で取り込み、トリミング補正することとした(今回はそれである)。

 

     五 ばけ物(もの)女(をんな)になりて人を迷はす事

 ある人、奉公の心ざし有りて、加賀國(かかのくに)へ罷りけるが、町屋に宿(やど)を借りてぞ、ゐたりける。

 かのあるじの息女、みめ美しく、形、優(いう)に侍るが、彼(かの)の者、物の隙(ひま)より見そめ、ひたすら思ひ沈みて、召し使ひける侍(さぶらひ)に、いひあはせて、色々、さまざま、心ざしの淺からぬ由(よし)、つたへければ、女も、いつしか、心、とけて、たがひに、むつまじくなりにけり。

 もとより、人目を忍ぶ事なれば、夜ふけ、人しづまりて後(のち)、かの男のもとへ通ひ侍りしが、ある夜(よ)、女、をとこのねやに有りながら、又、あるじのあたりにも、彼(か)の女の聲しけるを、なかだち、

『怪し。』

と思ひ、あるじのあたりヘ、何となく音(おと)づれて見れば、紛(まぎ)るゝ所も、なし。

 

Bakemonoonnaninaru

[やぶちゃん注:以上の岩波版では右上端のキャプションが見えないが、「国書データベース」で確認すると、「ばけ物女に成て人まよはす所」と確認出来る。]

 

 あまりの不審さに、なにがしの許(もと)へ行き、かたかげへ呼び寄せ、

「かかる事の侍る。」

由、ささやきければ、怪しみて、

『いかさま、我が心をたぶらかさんと、變化(へんげ)の物の態(わざ)にてぞ、あるらん。』

と思ひ、何となう、もてなすやうにして、とりて、引きよせ、一刀(ひとかたな)、させば、

「あつ。」

と云ふ聲のうちより、姿は、見えずなりにけり。

 さて、夜明けて、血をとめて、見れば、二里ばかり行きて、山、有り、山、又、山をわけ入りて見れば、大いなる岩あなの中(なか)に、かの女の姿をしてぞ、ゐたりける。

 日數(ひかず)すぎ行くまゝに、常の死人(しにん)の如くに、涸(か)れゆきぬ。

 主の娘も、恙(つゝが)なし。

 如何なる事とも、わきまへかねたる事どもなり。

[やぶちゃん注:本篇をほぼそのまま転用したものに、「諸國百物語卷之二 六 加賀の國にて土蜘女にばけたる事」ある。

「とめて」求めて。跡を追って。]

« 早川孝太郞「三州橫山話」 山の獸 「ノシ餅を運ぶ鼬」・「鼬の鳴聲」・「カマイタチ」・「鼬の最後屁」 | トップページ | 早川孝太郞「三州橫山話」 山の獸 「鹽を好む山犬」・「馬には見える山犬の姿」・「煙草の火と間違へた山犬の眼」・「水に映る姿」 / 山の獸~了 »