フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「南方雜記」パート 『鄕土硏究』第一卷第二號を讀む | トップページ | 「曾呂利物語」正規表現版 第四 / 三 狐再度化くる事 »

2023/03/29

佐々木喜善「聽耳草紙」 一八番 蜂聟

 

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本はここから。]

 

     一八番 蜂   聟

 

 或る長者どんに、太郞と勘吉と三藏と云ふ三人の下男があつた。或日勘吉は家に居て馬飼(ウマアツカ)ひをして居《ゐ》、三藏は旦那樣と一緖に町へ行つた。

 太郞は草刈りに行けと言ひつけられて野原へ行く途中で、村の子供等五六人が蜂の巢を見つけて石を投げつけたり小便をしツかけたりして大變蜂をイジメテ居るのを見た。太郞は不不憫に思つて、懷中(フトコロ)に貯えて[やぶちゃん注:ママ。]置いた小錢を出して、その蜂を買ひ取つて、山に連れて行つて放して遣つた。

 それから三日ばかり經つと、旦那樣が三人の下男を呼び寄せて、今日俺が屋根の上から大石を轉がし落すから、それを下に居て地面に落さぬやうに受け止めた者を此の家の一人娘の聟にすると言つた。それを聽いて二人の朋輩どもは、俺こそ此の家の聟殿になれると言つて大威張りで居たが、太郞は自信がないから、相變らず野原さ草刈りに行つた。そして草をさくさくと刈つて居ると、何處かで斯《か》う云ふ歌を唄ふ小さな聲が聞えた。

   太郞どの太郞どのヤ

   屋根から落ちて來る大石は

   石ではなくて澁紙だ

   澁紙だア、ブンブンブン…

 見るとそれは此の前に助けて遣つた蜂であつた。これはよい事敎はつたと思つて勇んで家へ歸つた。

 夕方マヤマヤと暗くなつた頃に、旦那樣は屋根へ上つて、軒下に三人の下男を立たせて置いて、それア誰でも受け止めろツと言つて一間[やぶちゃん注:約一・八二メートル。]四方ばかりの大石を棟の上からごろごろと轉がし落して寄越(ヨコ)した。二人の下男はヒンと叫んで遠くへ逃げ去つたが、太郞ばかりは大手を擴げて、やつとばかりにそれを受け止めた。やつぱり澁紙であつた。そしてめでたく長者どんの花聟になつた。

  (昭和四年、角館小學校高女一、鈴木貞子氏の筆記摘要。武藤鐵城氏御報告分の一)

[やぶちゃん注:「マヤマヤと」岩手方言であろうが、不詳。「もやもやと」で「徐々に薄暗く視界がぼんやりしてくるさま」であろう。渋紙の張りぼてがバレぬように、黄昏れ時を選んだのである。]

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「南方雜記」パート 『鄕土硏究』第一卷第二號を讀む | トップページ | 「曾呂利物語」正規表現版 第四 / 三 狐再度化くる事 »