フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 謎(ポッドマン) | トップページ | ブログ1,940,000アクセス突破記念 梅崎春生 文芸時評 昭和二十九年四月 »

2023/03/30

曾呂利物語」正規表現版 第四 / 六 惡緣にあふも善心のすゝめとなる事

 

[やぶちゃん注:本書の書誌及び電子化注の凡例は初回の冒頭注を見られたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの『近代日本文學大系』第十三巻 「怪異小説集 全」(昭和二(一九二七)年国民図書刊)の「曾呂利物語」を視認するが、他に非常に状態がよく、画像も大きい早稲田大学図書館「古典総合データベース」の江戸末期の正本の後刷本をも参考にした。今回はここから。なお、所持する一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注の「江戸怪談集(中)」に抄録するものは、OCRで読み込み、本文の加工データとした。挿絵は今回は御覧の通り、底本の画像の状態がかなりいいので、それをトリミング補正して添えた。]

 

     六 惡緣にあふも善心のすゝめとなる事

 信濃の國の守護に、召使(めしつか)はれける何某(なにがし)、或時、人をあやまりて、隱れゐたりけるが、かたき、數多(あまた)狙ひける由(よし)、傳へ聞き、竝(なら)びの國に、所緣あつて、

『彼(かれ)を、賴み下らん。』

と思ひ、夜(よ)に紛れて、忍び出でけるが、一門眷屬にも知らぜずして、女房をも、留(とゞ)め置きけるが、女房は、

「道にて、如何にもならばなれ、留まるまじ。」

とて、强ひて、

「行かん。」

と云ふ。

『げにも。人に探し出(いだ)され、如何なる憂目にも遇はんは、却つて我等が恥辱。』

と思ひ、

「さらば、伴ひ行かん。」

とて、夫婦、只、二人、深山(しんざん)の嶮(さか)しきを、分けて辿り行く。

 折節(おりふし)、女房は、唯ならぬ身にて侍るが、頻りに、腹を痛みけるほどに、腰を押さへて、負ひ、たどりたどりと、行きけるが、向かひの山の、火、幽かに見えけるを。

『幸ひ。』

と思ひ、辛苦して、やうやう、火をしるべに、行きて見れば、辻堂なり。

 内に入りて、少時(しばし)、息をぞ、つきたりける。

 かかりける所に、人、一人(ひとり)來たり、辻堂の戶を、荒らかに敲く者、あり。

「誰(たれ)ぞ。」

と問へば、

「『はる』にて候。斯樣に落ち行かせ給ふ由、承り、『隨分、追ひ付き奉らん。』と存じ、山中を凌ぎ、やうやう、これまで、參りたり。妾(わらは)が事は、餘(よ)の者と違ひ、幼けなき頃より、召使(めしつか)はれ、片時(へんし)も御傍を離れ參らせず、年月(としつき)の御恩賞に、斯樣(かやう)に御先途(ごせんど)を見屆け參らせでは、あるべきか。殊に、御うへ樣、たゞならず御渡り候ふに、人一人も副(そ)ひ奉らず、斯かる嶮しき山路(やまみち)を、如何で忍ばせ給ふべき。はやはや、開けさせ給へ。」

と云ふ。

 男、餘りの不審さに、

「女の身として、斯かる嶮しき山路を、殊更、夜中(やちう)の事なるに、是れまで來たる事、覺束なし。よも、『はる』にては、有らじ。」

と云ふ。

「是は。御詞(おことば)とも聞こえぬ事を承り候ふものかな。身こそ、はかなき女なりとも、心は、男に劣るべきか。物ごしにても、やがて、其れとは知ろし召されずや。遙々、是れまで參りたる心ざし、如何で空しくなさせ給ふ。」

と、さめざめと泣きければ、

『實にも。「はる」が聲にて、ありけるよ。』

と思ひ、やがて、内へぞ、呼び入れける。

 

Akuen

 

[やぶちゃん注:右上端のキャプションは「あくゑんにあふて善心のすゝめに成事」とあるか。しかし、「のす」の崩しは異様で、そのようには見えないのだが。また、絵では、戶もなく、辻堂ではなく、四阿のように描かれているが、これは堂内を透視画法で、大胆に描いたということか。しかし、松が見えていて、そのように好意的にとるには、無理がある。]

 

 とかくする内に、女房は產(さん)にゐて、少し、心も安ければ、傍(そば)に、「はる」を添へ置きて、居眠りてぞ、ゐたりけれ。女房も、流石、

「山路の疲れ。」

と云ひ、殊の外に困(こう)じにたれば、我かのけしきに、寄り添ひゐたるに、後(うっしろ)なる「はる」、女房の首の𢌞りを、ひたもの、舐(ねぶ)り𢌞しける。

 驚き、目を黨まし、

「なうなう、はるが、我を舐りて怖ろしきに、これへ、寄らせ給へ。」

と云ふ。「はる」が曰く、

「斯(か)やうの時は、御血(おんち)の心(こゝろ)にて、左樣(さやう)の空事(そらごと)を仰せあるものにて候。少しも、苦しき御事にては候はず。音もせで、御休み候へ。」

と云ふ。

 男は、

『實(げ)にも。さある事ならん。』

と思ひ、油斷してゐたる間(ま)に、何處(いづく)ともなく、二人共に、失せにけり。

 男、目を覺まして後(のち)、肝をつぶし、

「こは、如何にしつる事ならん。」

と、堂の外を尋ぬるに、行方(ゆきがた)なし。

 ひた呼ばはりに、呼ばはれども、見えず。

 其の後(のち)、山の上に、聲のしける程に、登りて見れば、谷の底に、叫ぶ音(おと)。しけり。

 又、下手(しもて)を見れば、峯に聳立(そびえた)てるなど、彼方此方(かなたこなた)と惑ひ步く内に、夜(よ)も明けぬ。

 無念、類(たぐひ)もなくて、

「腹を切らん。」

と、しけるが、麓に寺の見えけるほどに、

「これにて、如何にも、ならん。」

と、急ぎ下りて、主の長老に向ひ、

「しかじかの事、侍り。後世をば、賴み奉る。」

とて、既に、腹を切らんとするを、坊主、色々に、なだめ、

「兔角(とかく)、内儀の行方(ゆくへ)を尋ね給ひて、兔も角も、ならせ給へ。」

とて、弟子・同宿、其の外、地下(ぢげ)の人を入れて、至らぬ隈もなく、尋ねけれぱ、大きなる木の上に、すんずんに、引き裂きてぞ、懸け置きける。

 愈(いよいよ)、

『自害を、せん。』

と思ひ定めけるを、長老、色々、敎訓して勸めければ、則ち、そこにて、出家して、妻の後世(ごせ)を弔(とぶら)ひ、道心堅固にして、終はりけると、なん。

 斯かる憂き目に遭ふことも、却つて、佛の御慈悲にこそ。

[やぶちゃん注:「はる」に化けた物の怪の正体が明らかにならないのは、怪奇談としては今一である。

「人をあやまりて」人を殺してしまい。

「御先途(ごせんど)」主人が向かう隣国の落ち着き先を言う。

「覺束なし」ここは、「いぶかしい・怪しげである」の意。

「我かの氣色」岩波文庫の高田氏の注に、『夢うつつで、心のぼんやりしたさま』とある。

「血の心」同前で、『出産のさいの、精神や身体の変調をさすことば』とある。

「兔も角もならせ給へ」同前で、『とにかく(奧方の行方をつきとめてから)事をなさいませ』とある。]

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 謎(ポッドマン) | トップページ | ブログ1,940,000アクセス突破記念 梅崎春生 文芸時評 昭和二十九年四月 »