フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 薔薇の連禱(レミ・ド・グールモン) | トップページ | 薩摩家豐臣秀賴公の眞蹟進獻の事 附江戶赤坂山王權現神職の事 »

2023/03/14

江戶淺草觀世音幷彌惣左衞門稻荷繪馬額等の事 附湯島靈雲寺・神田聖堂・音羽町護國寺・品川東海寺。角田川興福寺・淺草御藏前閻魔堂額の事

 

[やぶちゃん注:だらだら羅列で読み難いので、特定的に句読点を変更・追加し、記号を加え、段落を成形した。額や絵馬や絵の名数で、一向に興味がないし、労多くして益無しと断じ、気になった一箇所のみの他には注しないことにした。読みだけは検証して附した。悪しからず。]

○金龍山淺草寺境内彌惣左衞門稻荷の社頭に、寬永年中奉納せし繪馬あり。菱川某の繪にて、境町芝居の圖をゑがきたり。其頃の芝居の、但今(ただいま)、見るが如し。三階の棧敷(さじき)あり、戲者(ぎしや)の風俗も甚(はなはだ)古質(こしつ)なるもの也。此外に寶永の比の繪馬、社頭に多し、めづらしき觀物(みもの)也。

 又、同所二王門外に「地主(ぢしゆ)の稻荷」といふ有(あり)。是(ここ)にも元祿年中の繪馬あり。力士一人、碁を圍みたる體(てい)にて、甚(はなはだ)猛勇にみゆ。側(かたはら)に少人(しやうにん)、麻上下(あさがみしも)にて傍觀の體(てい)をゑがけり。「駒形若者中奉納」としるし在(あり)。今時(こんじ)の無類(むるゐ)の者の物數寄(ものずき)とは、格別に變りたる事に覺ゆ。

 また、本堂觀世音の階(きざはし)の上にかけたる額、華人の筆にて「觀音堂」と楷書し、左右に本朝の年號と、「福縣昌郡」の姓名をしるしたり。筆勢(ひつせい)、みつベき物也。

 山門に「淺草寺」と、八分(はつぷん)にて書(かき)たるは、三國堂海堂といふ人の書たるよし。又、今時の物にあらず。

 又、湯島靈雲寺本堂のうしろ成(なる)堂に、「寶瞳閣」(ほうどうかく)と楷書にて書たる額あり。華人の書なり。大字にて殊に組、妙、也。

 又、神田聖堂の正面に「大成殿」(たいせいでん)とある額は、常憲院公方樣の御筆也。「仰高入德門杏檀」の額は、竹内殿筆蹟のよしを云(いふ)。

 其外、東叡山護國院の額、音羽町護國寺の額、何れも、みつべし。護國寺地内、護持院諸堂の額は、みな、隆光僧正の筆也。是又、見るべきもの也。

 又、品川東海寺の壁は、探幽法印、「加茂競馬」をゑがきたり。是は、「臺德院公方樣、御居間の繪のよし。」を云傳(いひつた)ふ。其外、張付板戶の畫、見所、おほし。諸堂の額は洋庵和尙の筆と云へり。

 又、隅田川興福寺方丈に「獅子吼(ししく)」と書たる額あり。「興福寺開山の師匠の墨蹟にて、中華より書(かき)てこしたり。」と、いへり。此書、殊に天骨(てんこつ)を得たるもの也。同じ書院に明の趙瑞圖(ちやうずいづ)が、「西舍黃梁夜舂」と書たる懸物、在。又、見るべし。そのほか、本所囘向院の額、藏前閱魔王殿の額、みつべきものなり。

 [やぶちゃん注:「八分」「八分體」(はっぷんたい)で、「書道専門店大阪教材社」の公式サイト内のこちらによれば、『隷書の書体の一つ』とあり、『素朴な要素を残す古隷から発展し、波磔』(はたく:波のようにうねって見える線を言う)『をもつ装飾的な要素が備わった書体で』、『横画を強調』し、『文字が横長という特徴があ』るとある。『名前の由来は諸説あ』るものの、『八の字を書くように横画の用筆で、逆入筆し、収筆で跳ね上げるところから』、『このように呼ばれてい』るとあった。

« 大手拓次譯詩集「異國の香」 薔薇の連禱(レミ・ド・グールモン) | トップページ | 薩摩家豐臣秀賴公の眞蹟進獻の事 附江戶赤坂山王權現神職の事 »