フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« フライング単発 甲子夜話卷之十七 19 新長谷寺鸛の事幷いかり草の功能 | トップページ | フライング単発 甲子夜話卷之六十二 22 羅漢寺の話【五條】 »

2023/04/16

フライング単発 甲子夜話卷之二十三 6 寺屋に鸛巢ふ事

 

[やぶちゃん注:以下、現在、電子化注作業中の南方熊楠「鴻の巢」の注に必要となったため、急遽、電子化する。非常に急いでいるので、注はごく一部にするために、特異的に《 》で推定の歴史的仮名遣の読みを挿入し、一部に句読点も変更・追加し、鍵括弧記号も用い、段落も成形した。]

 

23―6 寺屋《じをく》に鸛《こふのとり》巢《すく》ふ事

 鸛は靈識《れいしき》ある鳥か。

 御藏前《おくらまへ》西福寺の堂の棟瓦《むねがはら》の上に、以前より、巢を構ふ。

 予、退隱の後、淺草の邸《やしき》に往來の路、しばしば、彼《かの》寺の邊を過ぐ。

 時に、巢を望見《のぞみみ》るに、鸛、或《あるい》は、雙棲《さうせい》し、又は、雛を育《やしな》ふ。

 然《しか》るに、その空巢《あきす》を見ること、兩三日なり。

 乃《すなはち》、從行の人に問ふ。

「鸛、なし。何《いか》なる故や。」

と云へども、從行も知《しる》べきにあらざれば、

「不審なる。」

由を答ふ。

 然《しかる》に、俄《にはか》に、彼地の溝西《みぞのにし》、失火し、寺、風下《かざしも》に在《あり》て、遂に燒亡す。

 然《しか》れば、鸛は、已前《いぜん》に、これを知《しり》たるならん。

 因《ちなみ》に云ふ。本所五つ目、羅漢寺の堂脊《だうのせ》の瓦上《かはらのうへ》にも、鸛、巢くふこと、久し。

 頃《このご》ろ、かの住持に、予、しばしば値《あ》ふ。渠《かれ》、云ふ。

「鸛、年々、卵を生じ、雛《ひな》となり、これを育《はぐくみ》し終《をは》れば、父烏は、飛去《とびさり》て、住所《すむところ》を知らず。この後《のち》は、雛鳥、成長して、又、如ㇾ此《かくのごとし》。」

と。これも亦、奇なり。

[やぶちゃん注:「御藏前西福寺」現在の台東区蔵前にある浄土宗東光山松平良雲院西福寺(グーグル・マップ・データ)。江戸時代には、浄土宗江戸四ヶ寺の一つとして触頭(ふれがしら)を勤めていた。

「本所五つ目、羅漢寺」現在の東京都目黒区下目黒にある天恩山五百羅漢寺が移転する前にあったのがそれ。当時は黄檗宗だったかと思われるが、現在は浄土宗系単立寺院。羅漢寺の創建は元禄八(一六九五)年で、当時の羅漢寺は本所五ツ目(現在の東京都江東区大島三丁目)にあった。ここが、跡(グーグル・マップ・データ)。現在、旧羅漢寺に因んで、名を羅漢寺とする寺が同地にあるが、こちらは曹洞宗。]

« フライング単発 甲子夜話卷之十七 19 新長谷寺鸛の事幷いかり草の功能 | トップページ | フライング単発 甲子夜話卷之六十二 22 羅漢寺の話【五條】 »