フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次 「靈の食器」 | トップページ | 大手拓次 「石竹の香料」 »

2023/04/27

大手拓次 「赤い幽靈」

 

[やぶちゃん注:本電子化注は、初回の冒頭に示した通りで、岩波文庫の原子朗編「大手拓次詩集」(一九九一年刊)からチョイスし、概ね漢字を正字化して、正規表現に近づけて電子化注したものである。

 以下は、底本の編年体パートの『『藍色の蟇』時代Ⅱ(大正後期)』に載るもので、底本の原氏の「解説」によれば、大正七(一九一八)年から大正一五(一九二六)年までの数えで『拓次三一歳から三九歳の作品、三四一篇中の四七篇』を選ばれたものとある。そこから詩集「藍色の蟇」に含まれていないものを選んだ。同時期の拓次の様子は、先の回の冒頭の私注を参照されたい。]

 

 赤い幽靈

 

おまへは星のさきみだれる沼からあがつてきた

一ぴきの幽靈だ。

封じられた感覺をのりこえて、

さびしいいなづまのやうにとびさる。

おまへは一ぴきの赤い幽靈だ。

あでやかにとぎすまされた白い骨壺のなかへ、

ふたたび影をおとさうとするのか。

 

ああ、おまへは瘴地(しやうち)にさく緋色の蘭のやうに、

そのくちびるに水をふくみ、

ふはふはとうかんで、

にげてゆく月の舌をおひかけるのだ。

 

[やぶちゃん注:「壺」異体字に「壷」があるが、詩集「藍色の蟇」での用字に従った。

「瘴地」(現代仮名遣「しょうち」)は、汎世界的に、熱帯及び亜熱帯地方に於ける熱病等を起こさせるものとされた、悪気や毒気を発するところの霧の如き「瘴気」を生み出す山川の地を指す。漢語で「瘴気」「瘴氛」(しょうふん)などとも言った(漢籍でも頻繁に出現する)。ウィキの「瘴気」によれば、欧米などでは、『「マイアズマ」「ミアスマ」「ミアズマ 」』『miasma』とも称し、『これはギリシア語で「不純物」「汚染」「穢れ」を意味する。漢字の「瘴」は、マラリアなど熱帯性の熱病とそれを生む風土を』指すので「地」は畳語と言える。代表的な対象疾患はマラリア』(ドイツ語:Malaria/英語:malaria)『であり、この名は古いイタリア語で「悪い空気」という意味の mal aria から来ている』とある。]

« 大手拓次 「靈の食器」 | トップページ | 大手拓次 「石竹の香料」 »