フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大手拓次 「凋落の祈り」 | トップページ | 室生犀星 随筆「天馬の脚」 正規表現版 「書籍と批評」 »

2023/04/11

佐々木喜善「聽耳草紙」 三三番 カンジキツクリ

 

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここ。「かんじき」(樏・橇・檋・梮)は一度だけ、若い頃、積雪の中をワンダーフォーゲル部の引率で山行した際、先輩教師の作られたそれを、一度だけ、履いたことがある。アイゼンより遙かに軽く、使い勝手がとても良かった。]

 

      三三番 カンジキツクリ

 

 或所に五右衞門と云ふキヤジキ(カンジキ)作りの爺樣があつた。いつものやうに山でキヤジキをこしらえて居ると、五右衞門、五右衞門と呼んで爺樣の火の側へ大きな狢《むじな》がやつて來た。誰だと思つたら狢か、今日は寒いからあたれと言ふと、狢は火の側へ寄つて持前の大睾丸《おほきんたま》を出して、溫(ヌケタ)まつた。そして氣持ちがよくなつたもんだから、そろそろと廣げ出した。爺樣はこの野郞、いつもの癖を出しやがつたなアと思つて、キヤジキを曲げて居た手を不意に放すと、强い小柴がパチンと彈(ハツ)けて行つてその睾丸に當つた。狢はアツといつて引ツ繰り返つて死んでしまつた。

  (秋田縣角館小學校、高等科、淸水キクヱ氏の筆記、摘要。
   武藤鐵城氏御報告の三。)

[やぶちゃん注:「狢」この場合に限っては、「大睾丸」の披露から、話者は明らかにタヌキ(ホンドタヌキ)を指していると考えてよい。「ムジナ」は狸の異名として、地方ではよく用いられる。但し、私は、「ムジナ」はニホンアナグマを指す別異名でもあったと考えている。詳しくは博物誌及び民俗学的呼称の一般論については、「和漢三才圖會卷第三十八 獸類 貍(たぬき) (タヌキ・ホンドダヌキ)」の私の注を見られたいが、民俗社会の認識を私が掘り下げたものとしては、『曲亭馬琴「兎園小説」(正編) むじな・たぬき 猫虎相似附錄 猫虎相似の批評』の私の注をお勧めしたい。さらに言えば、後者で私が示した通り、ごく近代まで、一部の地方の、しかも猟師の間でも、「タヌキ」と「ムジナ」は別な動物と誤認識されていた事実もあった。大正一三(一九二四)年に栃木県上都賀郡東大芦村(現在の鹿沼市)で発生した狩猟法違反事件「たぬき・むじな事件」(リンク先は当該ウィキ)に見るように、専門の狩猟者でも、「タヌキ」と「ムジナ」は別種という弁別混乱(法律用語で「事実の錯誤」)が平然として、あった、のである。

「武藤鐡城」(明治二九(一八九六)年~昭和三一(一九五六)年:佐々木より十歳年下)は秋田県出身の考古学者・民俗学者でスポーツ指導者でもあった。本書刊行時(昭和六(一九三一)年)は移住した角館にあった。当該ウィキはかなり細かく事績が書かれてあるので見られたい。既出既注であるが、再掲した。]

« 大手拓次 「凋落の祈り」 | トップページ | 室生犀星 随筆「天馬の脚」 正規表現版 「書籍と批評」 »