フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大手拓次訳 「輪舞歌(ロンド)」 ポール・フォル | トップページ | 「近代百物語」 巻一の二「いふにかひなき蘇生の悅び」 »

2023/05/18

佐々木喜善「聽耳草紙」 七九番 田螺と狐

 

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここから。]

 

    七九番 田螺と狐

 

 昔はありましたとサ。恰度《ちやうど》ここらだと下久保のやうな所を、一匹の赤狐が、田の畦(クロ)を、向ふの方からシヨンシヨンシヨンシヨンと步いて來た。

 其時また、お天氣がよいのでヅブも田の中をスルリスルリと步いてゐた。狐は田圃の中になにか美味いものでもあるかと、遠見彼見(トウミカウミ)して來かゝると、水の中にいたヅブが、フト天上の方を見て狐を見つけ、

   燒野が原の赤狐

   口の尖(トガ)りは

   おかしおかし

 とやつた。何だか田の中で聲がすると思つて、狐が振返つて見ると田螺(ツブ)がゐるので、

   谷地田の中の

   塵(ゴミ)かむり

   尻(ケツ)のとがりは

   をかしをかし

 と返した。するとヅブは愛想よく時に狐どのナ、何所へ御座るナと訊いた。すると狐は、いや何所へでもないが、そなたこそ何處サ御座るナと問ひ返した。時に狐どのナ餘りお天氣もよし、俺と上方見物したらなぢよでござるナ。俺はハなんでもないが、其方(ソナタ)その姿態(ナリ)で步けるかナ。いやいや俺こそ心配はないが、そなたこそこの俺にかつついて來(キ)れるのかナ。よし、そんだら俺と上方參りの賭《かけ》だ。そして狐とヅブとは上方見物に出かけた。するとずるいヅブは、狐の尾サぴつたりくつついていつた。

 狐は足が達者だから、ヅブなどが仲々かつつけるものでないと、安心しながらシヨンシヨンシヨンシヨンと街道を盛岡の方へ來た。少し草臥(クタビレ)たので先づ一休みしやう[やぶちゃん注:ママ。]と傍らへ寄つて腰を下すと、狐どの今かなと言ふ者がある。狐が休む心算《つもり》で腰をおろした時、ずるいヅブはそのしつぽから離れて、夙(ト)くに來て待つて居た振りをした。いやいや俺は今はヤグド負けた、この次にあ負けないと言つて今度はプンプンプンプンと步き出した。狐は又草臥たので一休みしやう[やぶちゃん注:ママ。]とし、後からヅブの來るのを待たうと思つて休むと、又先の方で、狐どの今か、俺アいつつに來て待つだと言ふのを見ると、如何にもヅブは、夙《とう》から來て待つてゐた顏つきで居た。今度こそ負けてならないと、一生懸命になつて狐はプングリプングリプングリと跳ね出した。するとまたずるいヅブはその尾にぴつたり着いていつた。そして上方に着いて今度こそは勝つたと思つて鳥居の所で後《うしろ》を振返つて見ると、その拍子に尾から離れたヅブは狐どの今かなと言つたとさ。ドツトハラヒ。

 (七四番同斷の一二。)

[やぶちゃん注:「かつつける」宮城方言に「かつける」があり、「他人になすりつける・かこつける」の意があるが、ちょっと意味が合わない。私は、幾つかの地方に住んだが、どこの用法だか忘れたが(多分、富山県高岡市伏木)、「まあ、これ見よがしにやりやがったな!」の意で使うことがある。それだと、ここに合う。

「ヤグド」岩手方言で「わざと・故意に」の意。

「いつつに」秋田方言で「とうに・とっくに」の意がある。]

« 大手拓次訳 「輪舞歌(ロンド)」 ポール・フォル | トップページ | 「近代百物語」 巻一の二「いふにかひなき蘇生の悅び」 »