フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「近代百物語」 巻二の一「矢つぼを遁れし狐の妖怪」 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「南方雜記」パート 柳の祝言 »

2023/05/19

大手拓次訳 「墓鬼」 シャルル・ボードレール / 岩波文庫原子朗編「大手拓次詩集」からのチョイス~完遂

 

[やぶちゃん注:本電子化注は、初回の冒頭に示した通りで、岩波文庫の原子朗編「大手拓次詩集」(一九九一年刊)からチョイスし、概ね漢字を正字化して、正規表現に近づけて電子化注したものである。

 以下は、底本の最終パートである『訳詩』に載るもので、原氏の「解説」によれば、明治四三(一九一〇)年から昭和二(一九二七)年に至る約百『篇近い訳詩から選んだ』とあり、これは拓次数えで二十三歳から四十歳の折りの訳になる詩篇である。

 ここでは、今までとは異なり、一部で、チョイスの条件が、かなり、複雑にして微妙な条件を持ち、具体には、既に電子化注した死後の刊行の『大手拓次譯詩集「異國の香」』に載っていても、別原稿を元にしたと考えられる別稿であるもの、同一原稿の可能性が高いものの表記方法の一部に有意な異同があるものに就いては、参考再掲として示す予定であるからである。それについての詳細は、初回の私の冒頭注の太字部分を見られたい。

 これを以って底本からのチョイスを完遂した。]

 

 墓 鬼 シャルル・ボードレール

 

するどい刃物の突きのやうに

いたましい わたしの胸へはひつてきたお前、

惡魔のむれのやうに 恐恐(こはごは)しく

また おろかしく みえをつくつて

 

ふみにしられた わたしの心を

そのみの臥床(ふしど)と領土とにしようとやつてきたお前、

――罪の囚人(しうと)を鎖につなぐやうに

いつこくな遊(あそ)び人(にん)を うんぷてんぷの賭事(かけごと)に

 

だらけた醉(ゑ)ひどれを 酒德利(とつくり)に

蛆蟲(うじむし)を腐つた肉にたからせるやうに

わたしの縛(しば)りつけられた人非人(ひとでなし)、

――呪はれよ 詛(のろ)はれよ お前こそ!

 

わたしは 自由をとりもどさうと

手ばやの劍(けん)にたのみをかけた

また わたしの怯儒(よわみ)を救はうと

不義の毒藥にも 談(はな)しをかけた。

 

ああ! 毒藥もその劍も

憎憎(にくにく)と さげすむやうに わたしに言つた。

お前は 詛はれた奴隷(どれい)の身から

浮ばせてやるの ねうちもない、

 

弱蟲め!――その血みどろの國土(さかひ)から

やつと お前を解きはなしてやつたとて

またも お前の接吻で生きかへすだらう、

お前の墓鬼(はかおに)の その埋められた亡骸(なきがらを!』

 

[やぶちゃん注:「刃」「劍」は詩集「藍色の蟇」での用字に従った。

 この原詩は詩集「悪の華」(‘ Les fleurs du mal ’)の冒頭のパートである‘ Spleen et Idéal ’(「憂鬱と理想」)の第三十一篇の‘ Le Vampire ’(ル・ヴァンピール:「吸血鬼」)である。所持する堀口大學譯「惡の華 全譯」(昭和四二(一九六七)年新潮文庫刊)の「註」によれば、本篇は『雜誌『兩世界評論』一八五五年六月一日號に發表。この時の表題は『ベアトリース』だつた。』とあり、例の『ジャンヌ・デュヴァル詩篇』であるとある。

 原詩を私の所持するフランスで一九三六年に限定版(1637印記番本)で刊行されたカラー挿絵入りで、個人が装幀をした一冊(四十年前、独身の頃に三万六千円で古書店で購入したもの)の当該詩篇を参考に以下に示すこととした。

   *

 

                LE VAMPIRE

 

Toi qui, comme un coup de couteau,

Dans mon cœur plaintif es entrée,

Toi qui, forte comme un troupeau

De démons, vins, folle et parée,

 

De mon esprit humilié

Faire ton lit et ton domaine ;

― Infâme à qui je suis lié

Comme le forçat à la chaîne.

 

Comme au jeu le joueur têtu,

Comme à la bouteille l’ivrogne,

Comme aux vermines la charogne,

― Maudite, maudite sois-tu !

 

J’ai prié le glaive rapide

De conquérir ma liberté,

Et j'ai dit au poison perfide

De secourir ma lâcheté.

 

Hélas !  le poison et le glaive

M’ont pris en dédain et m’ont dit :

« Tu n'es pas digne qu’on t’enlève

A ton esclavage maudit,

 

Imbécile ! ― de son empire

Si nos efforts te délivraient,

Tes baisers ressusciteraient

Le cadavre de ton vampire ! »

 

   *

 最後に。

 私が底本の原子朗氏の「解説」中、激しく感動した末尾部分を引用して、終わりとする。

   《引用開始》

 以上で解説をおわるが、結びのことばとしていっておきたいことがある。口語自由詩を完成させたのは萩原朔太郎であるといった受け売りの意見を、平気で書いている本も世上には少なくない。朔太郎に先だち、朔太郎にも直接影響を与えた拓次のいち早い口語象徽詩の完成度の高さは、日本の象徴詩史の中においてばかりか、一般詩史の記述の中でも、あるいは近代日本語表現の歴史の記述の中でも、あるいはまたフランス文学受容史の中でも、ほとんど無視されるか、軽視されている。大手拓次は、少なくとも、そうしたマンネリズムのきらいのある詩史や文学史に一石も二石も投じる詩人であることを、何よりも彼の詩自身が物語っていよう。編者が解説中で必要以上に詩の成立年代にこだわったのも、彼の詩を時代にスライドさせて他の詩人を比較して読んでもらいたい、しかも時代をこえている彼の詩の特質を見てもらいたい、という意図からであった。

   《引用終了》]

« 「近代百物語」 巻二の一「矢つぼを遁れし狐の妖怪」 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「南方雜記」パート 柳の祝言 »