フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« サイト開設十八年記念(三日フライング)松村みね子名義/片山廣子「芥川さんの囘想(わたくしのルカ傳)」全面改訂 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「乳房をうたひて」趙鸞鸞 »

2023/06/23

佐々木喜善「聽耳草紙」 一三二番 隱れ里

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここから。

 なお、この話の附記は異常に長いので、底本のポイント落ちと字下げは孰れもやめて、本文同ポイントで引き上げた。

 

      一三二番 隱 れ 里

 

 シロミ山の「隱(カク)れ里(ザト)」のことは「遠野物語」の中にも出て居るが、あれとは亦別な話をして見やう。この山の東南の麓の金澤(カネザワ[やぶちゃん注:ママ。])と云ふ村に某と云ふ若者があつた。此男或時山へ行くと、どの邊の谷の奧果(カツチ)であつたか、とにかく未だ嘗つて見たことも聞いたこともない程大きな構への館に行き當つた。其家のモヨリは先づ大きな黑門があつた。其門を入つて行くと鷄が多く居た。それから少し行くと立派な厩舍があつて其中には駿馬が六匹も七匹も居た。裏の方に𢌞つて見ると爐《ゐろり》には火がどがどが燃えてをり、常居《ゐま》へ上ると其所には炭火がおこつて居る。茶の間には何かのコガ(大桶)があり、座敷には朱膳朱椀が並べられて、其次の座敷には金屛風が立て𢌞されて、唐銅火鉢(カラカネ《ひばち》)に炭火が取られてあつたが、何所にも人一人居なかつた。さうして見て步るくうちに、何となく恐ろしくなつて其男は逃げ歸つた。

 (その男は少々足りない性質《たち》であつた。村の和野の善右衞門と云ふ家へ聟に來たが、或年の五月に田五人役《たごにんやく》とかで灰張(アク《は》)りへ遣ると、一番上のオサの水口へ、五人役振りの灰を山積さして置いて來た。どうしてそんな事をしたと訊くと、なあに上のオサの水(ミナグチ)が、五人役振りの灰を山積さして置いた來た。どうしてそんな事をしたと訊くと、なあに上のオサの水が、五人役の田にかゝるべから、同じ事だと言つたので離緣になつた。)

[やぶちゃん注:以上が正規本文で、最後の丸括弧部分は本文と同ポイント。

『「遠野物語」の中にも出て居る』これは、『佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 六三・六四 マヨヒガ』の「迷い家」がそれである。但し、そこでは「隠れ里」の文字はない。しかし、「六四」の冒頭に『金澤村(カネサハムラ)【○上閉伊郡金澤村】は白望(シロミ)の麓(フモト)、上閉伊郡の内にても殊に山奧にて、人の往來する者少なし』とあるので、ここで佐々木が言う「隱れ里」=「マヨイガ」であることは間違いない(なお、柳田國男の「一目小僧その他」の中に、「隱れ里」(ブログ・カテゴリ「柳田國男」で全十五章分割)と、これを題として用いた論考があるが、これは、所謂、「椀貸伝説」の考証(主に柳田お得意の自説擁護と他者批判)がメインであって、論点は、本篇や「遠野物語」の「マヨイガ」とは微妙に異なったヘンな論考である。まあ、冒頭の『柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一』を読んでいただくと、それは明瞭である)。さて、この「上閉伊郡金澤村」の「白望(シロミ)」というのは現在の大槌町上閉伊郡金澤(かねざわ:旧字はママ。グーグル・マップ・データ航空写真。以下同じ)で、「白望山」は現在は「白見山」で地図上に出る。標高は千百七十二メートル。「ひなたGPS」の戦前の地図でも、既に「白見山」となっているので、「白望山」の表記は江戸以前のものか、地元での異表記であろう。ここは大槌町の金澤地区と、宮古市、及び、遠野市の三箇所の交わったここにある。「遠野物語」に従うなら、この山の現在の金澤地区内に「隱れ里」はあったということになるが、御覧の通り、金澤地区の同山の麓部分は、今も、尾根が錯綜する、人口物が見当たらない、かなりの深山であることが判る。「隱れ里」と言うに、現在も相応しいのである。

「田五人役」不詳。田地の、一番、上方に、上級な肥えた田圃があり、そこから、オサから借りて田を作っている五人の下作人が段々に、質が悪い田地があり、恐らくは、この善右衛門の田は、その最悪の、ずぶずぶの「汁田(しるた)」のようなものであったか。そのオサの田圃を交代で五人の小作人が管理をしているのであろう。

「灰(アク)張り」藁などを燃やして作った無機物の灰(はい)を、田に均等に振り撒いて、田の底の地味を改良することを意味するか。

 以下が、附記。]

(此話は其男の友人の村の百姓爺の大洞萬丞殿から聽いたものであつた。)

(此所に參考の爲に附記して置くが、此「隱れ里」の話は山ばかりではなく河や沼等にもあつた。其一例として和賀《わが》の赤坂山の話を採錄して置く。昔鬼柳村に扇田甚内といふ人があつた。或朝早く起きて南羽端(ハシ)[やぶちゃん注:「羽端」二字へのルビ。]の上を見ると、其處に若い女が立つてゐて甚内を手招ぎした。甚内は不審(イブカ)しく思つて見ぬ振りをして過してゐたが、こんなことが二三日續いたので、何だか樣子を見たいと思つて、或朝其沼のほとりへ行つて見ると、齡頃(トシゴロ)二十《はたち》ばかりの容貌(ミメ)佳《よ》い若い女が、私はあなたと夫婦になる約束があるから、私の家へ來てくれと云つて笑ひかけるその容子は、實に此世に類のないやうなあでやかさであつた。甚内もさう云はれると思はぬ空に[やぶちゃん注:「思いもしなかった好機にすっかり心が空高く行くように高揚してしまい」の意であろう。]、心を惹かれて、吾ともなく[やぶちゃん注:「思はず」。]女のあとについて二三十步ほど步むかと思ふと、早《はや》見たこともない世界へ行つて、山のたなびき、川の流れ、草木のありさま常と異《ことなり》り、景色がめつぽうによろしい。そのうちに此所が吾家だといふ家に着いて見れば、男などは見えず、美しい女達が大勢いて、今お歸りかと皆が喜び、吾主《あるじ》のやうに敬愛する。甚内も初《はじめ》の程は變でならなかつたが遂には打解けて其女と妹脊《いもせ》の契りをも結んだりなんかして、大分の月日を送つてゐた。だが月日の經つにつれて、どうも故鄕の妻子のことが、とかくに胸に浮んで仕方がなく、そのことを女に話すと、女はいたく嘆いて、家のことは決して案じなさるな、お前が居らぬ間に私が有德富貴《うとくふうき》にして置いたから、そしていつまでも此所にゐて給はれと搔口說《かきくど》いて困る。けれども一旦とにかく歸つて、本當にいとま乞ひをして來て、心置きなく夫婦にならうと云ふことになつて、やつと許しが出て甚内が家へ歸ることになつた時、女が、必ず吾々の樣子を人に語つてくれるな、語つたらもう二度と逢はれぬと泣き、又心もとなさよと言つては泣く。それをやつと納得させて家へ歸つた。吾家へ歸つて見ると、たゞの一ケ月ばかりと思つてゐたのだが、三年の月日が經つてゐたとて、親類一族集《つど》つて、村の正覺寺の和尙まで招《よ》んで、自分の法事をしてゐる眞最中であつた。そしてほんにあの女が言つた通りに自分の居らぬうちに、前よりずつと身代もよくなつていた。寄り集つて居た人々は驚き怪しみ、家ではお前さんは死んだものとばかり思つてこんな事をしてゐるが、今まで何處へ行つてゐなすつたと口々に問ひ糺した。仙北へ、水戶へ、仙臺にと初めの程は言ひ紛らしたが、どうも辻棲の合はぬ話ばかりである。後で女房からうんと恨まれて、遂々《たうとう》實《まこと》を吐くと、其言葉を言ひ終るや否や、甚内の腰が折れて氣絕した。その後は不具廢人となつた上に、以前の貧乏になり返つてつまらぬ一生を送つた。

[やぶちゃん注:「和賀の赤坂山」不詳。「ひなたGPS」の戦前の地図で旧和賀郡を調べたが、見当たらなかった。

「鬼柳村」現在の北上市鬼柳町(おにやなぎちょう)・上鬼柳下鬼柳に相当する(グーグル・マップ・データ)。

「南羽端(ハシ)」幾つかの記事を見ると、「南羽端山」とする固有名詞の山の名としてあるようだが、不詳。]

 其當時甚内の隣家に關合の隼人《はやと》といふ男が住んでゐて此事を聞き、甚内こそ愚かで口惜しいことをしたものだ。俺なら一生歸らず、其美しい女と睦《むつま》じく暮すがと言ひ、又心中でさう思つて、每朝羽端《はし》の方を眺める癖をつけた。すると或朝羽端山《はしやま》の蔭から女が手招きをして居るのを見付けたので、思う事が叶つたとばかり喜んで飛んで行つたが、こいつ狐に騙され、馬の糞を食はされて家へ還された。

 尙亦、太田村、西山の奧に赤澤といふところがある。黃金があるといはれた昔、[やぶちゃん注:底本は「いはれた、昔」であるが、「ちくま文庫」版で訂した。]此澤に草分(クサワケ)といふ業《げふ》をいとなむ者が二人居た。彼等二人は金の在處(アリカ)を尋ねようと山奧へ分け入つた。四十《しじふ》に二十《はたち》位の者共で、澤に柴萱《しばかや》で小屋がけをして住んでゐた。或日二十になる方が少々腹痛(ハライタ)を起し、小屋に殘つてゐた。ひどく痛むといふ程でもないから、春の日永に退屈して鼻唄など口吟《くちず》さんでゐると、そこへ齡《とし》の頃十六七にも見える娘がひよつこりやつて來た。あなたが面白い歌を唄つて居られるから聽かして下さいと言つて入り込んで來て動かぬ。所望されるまゝに若者は一つ二つ歌を唄つた。するとひどく喜んで、明日も來るから又きかしてくれと約束して歸つた。其後若者は同僚に僞病《けびやう》をつかつて小屋に殘り、訪ねて來る娘と逢つてゐた。娘は酒や菓子などを持參して男に興を添へた。或日その酒盛りをやつてゐるところへ同僚が歸つて來た足音がしたので、女は持參の袋の中から小屛風を取出し其蔭にかくれてゐた。歸つて來た男は仕事の道具を小屋に置忘《おきわす》れたから、それを取りに來たが、今なんだか女の話聲がしたやうに思うが、あれはなんだと訊かれ、若者は困つて顏を赤くしてゐた。傍に女履《をんなば》きの美しい草履《ざうり》などもあるので、いよいよ問ひ詰められることになると、件《くだん》の女は隱れてゐたところから笑ひながら出て來た。かう見とめられてはもう仕方がない。どうせかうなれやお前さんも一つお酒を召しあがれと言はれて男は呆れた。いろいろ問答のあげくに、女はお前さん達は金《きん》の在處《ありか》を探して居るのだらう、そんならいくらでも私達が敎えて[やぶちゃん注:ママ。]上げようと云ふことになり、なほ四十の男には自分の伯母だという三十歲位の女を連れて來てあてがつた。そして此男女四人は山中で樂しく暮してゐた。それからと云ふものは黃金《わうごん》も多く見付けたので、男達のいふには、此若者の方には妻もないからいゝが、己《おれ》には妻子がある。こんな寶を持つて居ながらこれを妻子に見せないではすまぬから、一先づ里へ歸つて、それから改めて此處へ來てお前達と樂しく暮さうといふと、女達はいやいや里へ下ると心替りして二度と此處へは來ぬから、どうしても歸さぬといふ。いろいろ押問答《おしもんだう》のすへ[やぶちゃん注:ママ。]、とにかく女達を納得させて歸る事になつた。そこで、それでは黃金のありかを敎へて上げようか、此谷川の水上《みなかみ》の大きな朴《ほう》の木の下を掘れば黃金がある。それを持つて行つて、約束を違へずに又此處へ來てくれ、私達は此處で待つてゐるからといふ。兩人が行つて見るといかにも大きな朴の木があり、其下を掘ると黃金が澤山あつた。それを二人でうんと背負つて里へ歸る途中、あの女どもはあんなに美しいが、屹度《きつと》魔性のものに相違ない。この金があつたら何しに二度と山へなど歸らう。恐しいことだと語り合ひつゝ來ると、[やぶちゃん注:この読点は「合ひつゝ」の後にあるが、不自然なので、「ちくま文庫」版で訂した。]荷がひどく輕くなつた。家へ歸つて下《おろ》して見ると黃金はたゞの赤土になつていた。その後二人が山へ引返して行つて、彼《か》の女達を探したけれども、もう二度と逢はれなかつた。それからは何だか知らぬが、此山中では折々人の叫聲《さけびごゑ》がするやうになつた。

[やぶちゃん注:「太田村」「西山の奧に赤澤といふところがある」幾つかあるが、私がそれらしく見えるのは、現在の花巻市太田(旧太田村)の西方にある赤澤山の大田村側の沢筋ではないかと踏んでいる。「ひなたGPS」の戦前の地図で中央に「赤澤山」があり、それを拡大して東に動かすと「太田村」である。但し、この山(標高七百七十四メートル)は、現在は岩手県北上市和賀町横川目(グーグル・マップ・データ航空写真)にあるが、殆んど人造物の存在しない深山であり、「隱れ里」にぴったりである。

「草分(クサワケ)といふ業」通常、土地を開拓して一村一町の基礎をきずくことを言うが、後の展開を見ると、鉱山を探す山師のようである。

「朴の木」モクレン目モクレン科モクレン属ホオノキ節ホオノキ Magnolia obovata当該ウィキによれば、『和名の「ホオ」は「包」を意味し、大きな葉で食べ物などを包むことに用いたことに由来する』とあり、『大きなものは樹高』二十~三十メートルで、『幹の直径』も一メートル『以上になる』高木である。『ホオノキの葉は大きく、芳香があり、殺菌・抗菌作用があるため、食材を包んで、朴葉寿司』『などに使われる』とある。]

 尙亦山口村和賀川の流域に、貝殼淵といふ淵があり、[やぶちゃん注:以上の読点は「ちくま文庫」版で補った。]その又少し下流には御前淵(ゴゼンブチ)といふのがある。昔、田代六處《ろくしよ》の村人が此淵上で木を伐つていたが、誤つて斧を取り落してしまつた。手を伸べて取らうとすると、其斧がするする淵の深みへ滑り込んで入つた。其男は斧を取ろうと思つて淵の中へ入つて行くと、不意に廣い廣い野原へ出た。そして向ふの方には立派な御殿などが見える。これは不思議なことだと思つて、靜かに其處へ步み寄り、内所《だいしよ》などを窺うと、其壯麗さ、金銀寶玉をちりばめ、朱塗《しゆぬり》丹漆《にうるし》を交へた造りであつた。尙奧の方を見たいと思つて、平門《ひらもん》から入つて行つたが、誰も咎める者がない。庭園には瑠璃水晶珊瑚などの玉砂《ぎよくさ》を敷き、見馴れぬ樹木草花など、黃紅紫白《き・くれなゐ・むらさき・しろ》の色さまざまに咲き亂れて、薰香《くんかう》芬郁《ふんいく》たるものがあつた。ところが其處に一人の美しい女が立つてゐた。そして男に向つて、お前は此所ヘ來る者ではないが、どうして來たと訊いた。男が木を伐つてゐて斧を淵に落したからそれを取りに來たと言ふと、女は第一此所は私の遊び楊所であるのに、お前が來て木を損じたり騷がしたりするから、私が其斧を取り上げたのだ。これから左樣なことをしないなら返してやつてもよい。又お前ばかりではなく、他の者にもよく言つて聞かせろと言つて、斧を返してくれた。そしてそれと一緖に此を持ち返つて植ゑろと言つて、栗《くり》コを數粒《すうつぶ》くれた。男が厚くお禮を述べて歸らうと思ふと、門脇にひどく大きな太皷《たいこ》があつたのでこれは何にする太皷かと訊くと、女はこれは和賀殿の家に何か變事のある時に打つて知らせる太皷だと言つた。そして其女に送られてちよいと門外に出たと思ふと、以前の淵の岸邊に佇んでゐた。この事が評判になつて、時の領主の和賀殿に其栗を所望されて差し上げて植ゑたのが、今もある二度なりの栗の樹だといふことである。(以上吾妻昔物語よりの摘要。))

[やぶちゃん注:最後の丸括弧閉じるは、底本になく、「ちくま文庫」版は、第二節の始まりの丸括弧がない。不自然になるので(全体が附記であることは明白だから)、重ねて置いた。

「山口村和賀川の流域」岩手県和賀郡岩沢にかつて「山口」の地名があったことが「ひなたGPS」の戦前の地図で確認でき、その地名の北直近を流れるのが、和賀川である。以下の出る「貝殼淵」」「御前淵(ゴゼンブチ)」は位置不詳だが、

「田代六處」不詳。「田代」を地名と見て調べたが、和賀川の上流近くのバス停名に見出せただけであった。或いは、「田代」一般名詞で、開墾して田圃にするために、「山口村の六カ所の百姓」が、その仕事に当たったという意味なのかも知れない。

「和賀殿」和賀氏は、当該ウィキによれば、『鎌倉時代から戦国時代にかけて、現在の岩手県北上市周辺にあたる陸奥国和賀郡を本拠地とした国人』とある。和賀郡は江戸時代には全域が盛岡藩領であったから、この語りの語句が正確であるとするなら、この淵の龍女らしき存在の伝説は、最短でも戦国時代まで遡るものということになろう。]

« サイト開設十八年記念(三日フライング)松村みね子名義/片山廣子「芥川さんの囘想(わたくしのルカ傳)」全面改訂 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「乳房をうたひて」趙鸞鸞 »