フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 小野蘭山述「重訂本草啓蒙」巻之六「石之四」中の「禹餘粮」・「太一餘粮」・「石中黃子」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一〇三番 魚の女房 »

2023/06/03

譚海 卷之九 駿州吉川吉實家藏鈴石の事 /(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である『「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「南方雜記」パート 鷲石考』に必要となったので、フライングして電子化する。]

 

○駿河國に吉川吉實(よしざね)といふ者有(あり)、先祖は賴朝卿富士の狩場に供奉(ぐぶ)せしとぞ。吉實、世々(よよ)、惣左衞門と稱して、富士郡(ふじのこほり)傳法村(でんばふむら)に住居す。宅のうしろに鏡塚とて、大なる楠樹(くすのき)生(おひ)たるあり。吉實より百五十年ほど以前、祖父法順といふもののとき、一夜大風吹(ふき)たる事ありしに、塚の楠を吹たふしたる下より、石槨(せつかく)を得たり。掘出(ほりだ)してひらき見しかば、其内に徑(わたり)七八寸計(ばかり)の石一(ひとつ)あり、其外には一物(いちもつ)もある事なし。此石眞中(まんなか)に穴ありて、穴の内に丸き石ふくみてあり。ふりならせば鈴の聲(こゑ)に違(たが)ふ事なし、夫(それ)より是をすゞ石と號し家に祕藏し、事ある時は祈禱するに、その應(わう)あり。近き年に至(いたり)て石の靈(れい)漸くうすろぎたるにや、その驗(しるし)も又まれなりとぞ。今年天明八年公儀御奥方御用承る中村景連(かげつら)といふもの、久能御普請の事によりて、 するがへおもむきしに、富士川に逗留せしほど、吉実方に行(ゆき)て此石を見て、殊に賞翫せしかば、かゝる田舍のはてに埋(うづめ)おかんよりは、江戶へ出(いだ)して人にしられんは、石にも面目(めんぼく)成(なる)べしとて、あるじ終(つひ)に此石を景連にあたへけり。悅(よろこび)にたへずもちかへりて、はじめて人々にも見せ興ずる事になり、此石のためにあまねく詩歌を人にもとむるよし、人のかたりしまゝしるしぬ。

[やぶちゃん注:「吉川吉實(よしざね)」名は推定。姓は「きつかは」か「よしかは」か判らない。

「世々」代々。

「富士郡傳法村」現在の静岡県富士市伝法(でんぼう:グーグル・マップ・データ)。濁音であるので注意されたい。

「中村景連(かげつら)」名は推定。]

« 小野蘭山述「重訂本草啓蒙」巻之六「石之四」中の「禹餘粮」・「太一餘粮」・「石中黃子」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一〇三番 魚の女房 »