フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二三番 二度咲く野菊 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「おなじく」(前詩「行く春の川べの別れ」という意味)趙今燕 »

2023/06/17

佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「行く春の川べの別れ」趙今燕

[やぶちゃん注:書誌・底本・凡例等は初回を見られたい。本篇はここ。]

 

  行く春の川べの別れ

            一 片 潮 聲 下 石 頭

            江 亭 送 客 使 人 愁

            可 愁 垂 柳 糸 千 尺

            不 爲 春 江 綰 去 舟

                  趙 今 燕

 

岩にせかるる川浪や

人に別るるわが歎 長々(ながなが)しくも

徒らに堤のやなぎ糸たれて

去りゆく舟を得つなぎもせず

 

   ※

趙今燕  十六世紀中葉。 明朝萬曆年間。 名は彩姬。 吳の人。 奏淮[やぶちゃん注:「秦淮」(しんわい)の誤記か誤植。]の名妓である。 才色ともに一代に聞えてゐた。 日ごろ風塵の感を抱いて妄(みだり)に笑(せう)を賣ることを好まず、書を讀むことを喜び、靑樓集を著したといふ。

   ※

[やぶちゃん注:この原詩の標題は「暮春江上送別」であるが、転句は中文サイトのこちらを見ても、「可憐垂柳糸千尺」である(「糸」は「絲」とする)。国立国会図書館デジタルコレクションの『和漢比較文学』第十号の小林徹行氏の論文「『車塵集』考」を見たところ、原詩は「可憐垂柳糸千尺」であり、佐藤春夫が恣意的に確信犯で書き変えていることが判明する。しかも、佐藤は後発の「春夫詩抄」(岩波文庫・初版・昭和一一(一九三六)年刊/改版・昭和三八(一九六三)年)では、「可悲垂柳糸千尺」とさらに書き変えてもいるので、注意されたい。

・「萬曆年間」明の第十四代皇帝神宗の在位中に使われた。一五七三年から一六二〇年まで。

・「秦淮」六朝時代の首都南京の近くを流れる川名(秦代に開かれた運河)。両岸には酒楼が多く、今に至るまで、風流繫華の地である。

・「笑を賣る」売淫すること。

 以下、正しい原詩を示して、推定訓読する。

   *

 暮春江上送別

一片潮聲下石頭

江亭送客使人愁

可憐垂柳糸千尺

不爲春江綰去舟

  暮春江上の送別

 一片の潮聲(てうせい) 石頭(せきとう)を下(くだ)り

 江亭 客(かく)を送る人を愁へしむ

 憐(あは)れむべし 垂柳(すいりう)の糸(いと) 千尺

 春の江(かは) 去れる舟を綰(つな)ぐことも爲(せ)ざる

   *]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二三番 二度咲く野菊 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「おなじく」(前詩「行く春の川べの別れ」という意味)趙今燕 »