フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「池のほとりなる竹」張文姬 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「鼡金子を喰ひし事」 »

2023/06/20

「新說百物語」巻之四 「何國よりとも知らぬ鳥追來る事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここ。挿絵はない。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。]

 

   何國《いづこ》よりとも知らぬ鳥追《とりおひ》《きた》る事

 京四条あたりに、むかしより、大晦日の夜、鳥追ひのおもらひ來る家あり。

「遣はす物とては、たゞ、餠、壱重《いちぢゆう》、鳥目《てうもく》二十文なり。此一軒を目あてに、むかしより來る事、ふしき[やぶちゃん注:ママ。]なり。又、鳥追ひの在所も、聞きたる事も、なし。每年、弐人《ふたり》、大晦日の夜、八つ時[やぶちゃん注:午前二時頃。]に來るなり。ある年、普請いたして、店作りを、格子に作りかへける。そのとしより、不通に、きたらず。我が家のあるし[やぶちゃん注:ママ。] 、六十年は覚へて居《をり》侍る。その前は、いつより來るといふ事を、しらす[やぶちゃん注:ママ。] 。近所にて、いにしへより、「長者の屋しきあと」ゝいゝ[やぶちゃん注:ママ。]ならはせり。その鳥追ひのうたふ事は、目出度《めでたき》事はかり[やぶちゃん注:ママ。] いゝならへて、一時はあかり[やぶちゃん注:ママ。] 、うたひたる。」

よし。

[やぶちゃん注:これは実話と考えて間違いあるまい。話柄の殆んどが、その屋敷(何ならかの店(たな)持ちの商人)の関係者である普通の町人の直接話法(「我が家のあるじ」)というのも、怪奇談物では、特異点と言える。

「鳥追い」小正月の予祝行事及一種の芸能者。前者は、秋の収穫時には、雀・鷺・鴉などに作物を荒らされることが多いが、年初に害鳥を追い払う呪術的な行事をしておけば、その効果が秋にまで持続するという考えに基づく。子供たちが、手に手に「鳥追い棒」と称する棒切れや杓子(しゃくし)を持って、打ち鳴らし、「朝鳥ほいほい、夕鳥ほいほい、……物を食う鳥は、頭割って塩つけて、佐渡が島へ追うてやれ」などの歌を歌いながら、田畑などを囃して回る。大人も参加して家ごとにするもの、子供仲間が集まって家々を訪問して歩くもの、「鳥追い小屋」と称する小屋に籠るものなどの異なった形式があり、信越地方から関東・東北にかけて広く分布する年中行事である。近世には三味線の伴奏で門付をしながら、踊る者が現れ、これも「鳥追い」という。ここはそれで、正月元日から中旬まで、粋な編笠に縞の着物、水色の脚絆に日和下駄の二人連れの女が、艶歌を三味線の伴奏で門付をした。中旬以後は菅笠に変え、「女太夫」(おんなだゆう)と称したともされる。京都悲田院に住む与次郎の始めたものと言い伝えるが、京坂では早く絶え(これが或いは本話で来なくなったことと関係するのかも知れない。本書の刊行は明和四(一七六七)年で江戸中期後半である)、江戸では明治初年まであった(主文は小学館「日本大百科全書」に拠った)。]

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「池のほとりなる竹」張文姬 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「鼡金子を喰ひし事」 »