フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「奇異雜談集」巻第一 ㊁江州枝村にて客僧にはかに女に成りし事 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「秋の江」劉采春 »

2023/06/30

佐々木喜善「聽耳草紙」 一四一番 座頭の夜語

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここから。標題の「貉」と本文の「貉」(孰れも「むじな」でタヌキのこと)の混用はママ。標題の「夜語」は「よがたり」と訓じておく。]

 

  一四一番 座頭の夜語

 

 或時、座頭ノ坊樣が來て泊つた。其家では久しぶりに𢌞つて來た坊樣だから、珍しい語り物を聽くべえツて、邊り近所の人達を呼び寄せたり、坊樣には、わざわざ餅を搗いて御馳走したりした。

 坊樣もいい氣になつて、うんと餅を食つた。さあそれから段々夜も更けるから、坊樣々々、何か語つて聞かせもセと言つた。村の人達だの隣家の婆樣だのが、坊樣をずらりと取卷《とりま》いて、今に面白い話でも語り出すかと、堅唾《かたづ》を喰《く》ン呑んで待つて居た。だがいくら待つていてもなかなか語り出さぬので、[やぶちゃん注:底本では「ので」で行末で読点はないが、「ちくま文庫」版で挿入した。]其家の嚊樣《かかさま》が、さあさあ早く語つて聽かせもセざと、催促した。

 坊樣はさう責められて、はアそんだら語り申すべえ、

   ああ腹ちえエ

   ああ腹ちえエ

   小豆餅一杯二杯三杯

 と語つた。嚊樣はあきれて、なんたら坊樣、早く語つて聽かせてケでばと云ふと、坊樣はまた、はいはい、

   ああ腹ちえエ

   ああ腹ちえエ

   小豆餅三杯四杯……

 と語つた。嚊樣はなんたら早くしてゲでば、これこんなに近所の婆樣達が來て待つて居るんだからと云ふと、坊樣は、はいはい、

   小豆餅三四杯

   五六杯

   食い申し侯へば

   ああ腹ちえ

   ああ腹ちえエ

 と聲張り上げて語つた。嚊樣は少々聲をとがらして、又しても坊樣はそんなことばかり、早く語つて聽かせもセでばと云ふと、坊樣は向き直つて、はい今語り申したが、聽き取れ申さねえかつたか、宿語《やどがた》り三段繼(ツン)んでも語るなということがあるから、あとは語り申されないと言つた。

 嚊樣はじめ皆は呆れたり腹が立つたり、それよりも切角《せつかく》[やぶちゃん注:「折角」が正しい。]斯《か》うして寄り集まつて來て吳れた、邊り近所の人達に、申譯《まうしわけ》がなくて…なんたら藝無し坊樣だべと繰り返して皆を歸した。

 翌朝、坊樣はなかなか起きなかつた。あんまり起きないものだから、嚊樣が行つて、なんたら坊様だべ、ならひ風と座頭ノ坊は晝立ちと云ふことがあツから、早く起きて飯でも食つて立つてゲじやと言つた。坊樣は、はいはいと言つて、漸《や》つと起き出して、飯膳《めしぜん》に向つた。そして飯を一杯食つてはハイ二杯食つてはハイ、三杯食つてはハイと、四杯目の椀をまた突《つ》ン伸べた。嚊樣はなんたらこつた坊樣、座頭の四杯飯さ、つツかけてもワケンなと云ふことがあるが、坊樣は知らねますかと言つた。すると坊樣は伸べた椀を膳頭《ぜんがしら》に置いて默つて居たが、なに嚊樣、スツケエツタ、モツケエツタ、ノツケエツタ、ソツケエツタといつて、四杯飯食つてもなんともないもんだと言つた。

[やぶちゃん注:「ならひ風」は単に「ならひ」(現代仮名遣は「ならい」)とも言い、特に東日本の海岸沿いの地方で使われた語で、本来は「冬の寒い時期に吹く風」のことを指す。但し、風向きは、その地方によって異なる。]

« 「奇異雜談集」巻第一 ㊁江州枝村にて客僧にはかに女に成りし事 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「秋の江」劉采春 »