フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二四番 厩尻の人柱 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二五番 駒形神の由來 »

2023/06/19

佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「そゞろごころ」馬月嬌

[やぶちゃん注:書誌・底本・凡例等は初回を見られたい。本篇はここ。]

 

  そゞろごころ

            竹 榻 淸 人 夢

            花 香 媚 酒 杯

            覽 來 有 幽 趣

            明 月 滿 妝 臺

                  馬 月 嬌

 

夢こそ淸けれ竹の寢椅子に

杯あまけれ花のかほりに

目ざめてそぞろに樂しからずや

月かげさやかに櫛笥(くしげ)を照らせり

 

   ※

馬 月 嬌  趙今燕と同じ時代、同じく秦淮に、同じやうに名を馳せた名妓である。 名を守貞といふ。 容貌は大して美しいという程ではなかったが、風流でまた豪俠の氣質の愛慕すべきものがあった。 又、湘蘭と號して善く蘭を畫(ゑが)き一家の風格を得た。 その名は海外まで聞え當時シヤムの使節が來朝した時にその畫扇を得て歸つたといふ。

   ※

[やぶちゃん注:「杯」は音律から「さかづき」と訓じていよう。

「櫛笥」櫛や化粧用の道具を入れておく箱。原詩の「妝臺」も「化粧台」の意である。

「趙今燕」先行する「行く春の川べの別れ」を参照されたい。

「同じ時代」リンク先で『十六世紀中葉』『明朝萬曆年間』とする。「萬曆」は明の第十四代皇帝神宗の在位中に使われた元号で、一五七三年から一六二〇年まで。

「秦淮」六朝時代の首都南京の近くを流れる川名(秦代に開かれた運河)。両岸には酒楼が多く、今に至るまで、風流繫華の地である。

「シヤム」シャム。漢名「暹羅」。タイ王国の旧名。

   *

 原詩のフレーズでいろいろ調べてみたが、遂に見当たらなかったので、標題は不明である。推定訓読する。

   *

竹榻(ちくたう) 淸(きよ)き人の夢

花香(くわかう) 媚酒(びしゆ)の杯(はい)

覽來(らんらい) 幽趣(いうしゆ)有り

明月(めいげつ) 妝臺(しやうだい)に滿(み)つ

   *]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二四番 厩尻の人柱 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二五番 駒形神の由來 »