フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之四 「鼡金子を喰ひし事」 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「長命の女の事」 »

2023/06/20

「新說百物語」巻之四 「牛渡馬渡といふ名字の事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここから。挿絵はない。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。

 なお、標題及び本文中の、「牛渡(うつたり)」、及び、「馬渡(まふたり)」の読みは、ママである。]

 

    牛渡(うつたり)馬渡(まふたり)といふ名字の事

 天正の比《ころ》のよし。[やぶちゃん注:一五七三年から一五九二年までで、天正は二十年で終わる。]

 東国に小右衞門・新左衞門といふ百姓、弐人《ふたり》あり。つねつね[やぶちゃん注:ママ。]、隣家のことにて、他人ながらも念比《ねんごろ》にいたしあひて、田畠へ行くにも、さそひ合ひて出行《いでゆき》ける。

 その頃は、いまた[やぶちゃん注:ママ。]、世間も、さはかしく[やぶちゃん注:ママ。]ありけれとも[やぶちゃん注:ママ。]、片田舍の心やすさは、やはり、耕作もいたしける。ひとゝせ、羽柴氏の大將、急に、かたきの城へ取《とり》かけ給ふに、折ふし、五月の事にて、河水、おゝく[やぶちゃん注:ママ。]出《いで》て、なんき[やぶちゃん注:ママ。「難儀」。]なりけるを、彼《か》の大將、河はたに座《ま》して、家中、殘らす[やぶちゃん注:ママ。]、河を越させ、壱人、跡にのこりておはせしか[やぶちゃん注:ママ。]、段々、水かさ、勝(まさ)りて、もはや、いかなる水練にても、越へかたくみへ[やぶちゃん注:総てママ。]ける。

 所の百姓を呼《よび》て、尋ねられけるか[やぶちゃん注:ママ。]、小右衞門と、新左衞門と、まかり出《いで》て、

「私とも[やぶちゃん注:ママ。]御渡し申上《まうしあぐ》へし[やぶちゃん注:ママ。]。」

とて、小右衞門は、馬をひき來《きた》り、新左衞門は、牛をひき來りて、大將の馬の兩脇に、ひきつけ、二人は御馬《おんうま》の口を取りて、難なく、彼の大將を、河を越させたり。

 其軍《いくさ》、ほとなく[やぶちゃん注:ママ。]、勝利にて、凱陣(かいぢん[やぶちゃん注:ママ。])の折《をり》に、すく[やぶちゃん注:ママ。]に召出《めしいだ》され、

「牛渡(うつたり)新左衞門。」

「馬渡(まふたり)小右衞門。」

と名つけ[やぶちゃん注:ママ。]給ひけるか[やぶちゃん注:ママ。]、今も、兩家ともに、さる御家中に、是、あるよし。

[やぶちゃん注:「牛渡(うつたり)馬渡(まふたり)」以上のような、こういう事実があったかどうかは判らない。少なくとも、ネット上には存在しないようだ。話としては、あってもおかしくはない気はするが、秀吉一人が残されるというのは、ちょっと嘘臭い。事実なら、地名や河川名が示されて当然であろう。但し、この二つの姓が実際に現在もある。サイト「名字由来net」の「牛渡」には、「うしわた」・「うしわたり」・「うしど」・「うしと」の読みが挙げられ、全国でこの漢字姓を持つ人数を、凡そ八百三十人としており、『名字の由来解説』には、『福島県浪江町がルーツ。福島県、宮城県、北海道にみられる。牛が渡れるような浅い小川が語源』とある。同じサイトの「馬渡」には、「もうたい」・「まわたり」・「うまわたり」・「まわた」「まわたし」「もうたり」「うまと」「うまなべ」「うまわた」「うまわたなり」「ばわたり」「ばと」の読みを挙げ、全国でこの姓を持つ人数は、凡そ六千五百人とする。『名字の由来解説』には、現在の『佐賀県と長崎県である肥前国松浦郡馬渡島』(まだらしま:佐賀県唐津市鎮西町馬渡島:グーグル・マップ・データ))『の豪族は坂上氏ともいわれる。現滋賀県である近江、現福岡県南部である筑後、現東京都、埼玉県広域、神奈川県北部である武蔵などにみられる。語源は、馬に乗らなければ渡れないような川や湿地からきている。地名には、茨城、兵庫などに存在』するとある。

「羽柴氏の大將」秀吉が「木下」から「羽柴」に改めたのは、元亀四年七月二十日その八日後の七月二十八日(ユリウス暦一五七三年八月二十五日)に天正元年に改元している。而して「羽柴」から「豊臣」に代わるのは天正一四(一五八六)年である。問題は、ロケーションを「東国」としている点で、京都では大津から東は東国と呼称する習慣もあるのだが、ここで彼を「大將」と呼んでおり、彼一人が川中に残されるというシークエンスから、彼が政治実権を握る折りよりも前であり、最もそれらしい、彼が「大将」=正式な「武将」として参戦した合戦としては、天正三年五月二十一日(当時のユリウス暦で一五七五年六月二十九日。グレゴリオ暦換算で一五七五年七月九日)、三河国長篠城(現在の愛知県新城市長篠)を巡って織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼の軍勢が激突した、かの「長篠の戦い」である。本文でも「折ふし、五月の事にて」と言っており、梅雨時で「洪水」とも親和性がある。

« 「新說百物語」巻之四 「鼡金子を喰ひし事」 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「長命の女の事」 »