フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之一 「但刕の僧あやしき人にあふ事」 | トップページ | 小野蘭山述「重訂本草啓蒙」巻之六「石之四」中の「禹餘粮」・「太一餘粮」・「石中黃子」 »

2023/06/03

「新說百物語」巻之一 「修驗者妙定あやしき庵に出づる事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。今回はここから。本話には挿絵はない。]

  修驗者(しゆげんしや)妙定(めうぢやう)あやしき庵(あん)に出づる事

 越後のかたへ、下《くだ》りける、妙定といふ山伏、あり。

 諸方の霊場・霊社、殘りなく拜みめぐりけるか[やぶちゃん注:ママ。] 、越後の國にいたりて、ある日、宿をかりそこなひ、ある寺にいたりて、一夜の宿をたのみにけるか[やぶちゃん注:ママ。] 、その夜、其寺に法事ありて、僧のとまり人、多く、

「上の山、ちいさき庵に、一宿し給へ。」

とて、夜食など、あたへて、寺よりは壱町[やぶちゃん注:百九メートル。]ほども上の、ちいさき庵に、とまらせける。

 山伏も、旅のつかれにて、宵のほと[やぶちゃん注:ママ。] は、よく寐(ね)いりて、八つ時《どき》[やぶちゃん注:午前二時。丑満ツ時。]と、おもふころに、雨、一通り、

「さつ」

と、ふりて、風、すさましく[やぶちゃん注:ママ。] 、身も、毛も、よたつばかりなるに、ふと、あをむきたれは[やぶちゃん注:総てママ。]、庵の棟木(むなき[やぶちゃん注:ママ。])の上より、

「そろそろ」

這(はひ)下《くだ》りるもの、あり。

 有明の火にて、すかし見れは[やぶちゃん注:ママ。] 、およそ、二十四、五歲の出家、瘦(やせ)おとろへてさ、かやき、長く、しろき小袖を着て、首に、繩の五尺はかり[やぶちゃん注:ママ。] なるを、まとひ、口より、

「たらたら」

と、血をながし、山伏の寢たりけるあたりを、はい[やぶちゃん注:ママ。]まはりける。

 その顏の、おそろしさ、いはんかたなし。

 何の仕方《しかた》もなけれは[やぶちゃん注:ママ。] 、唯、口のうちにて、不動明王の眞言を、となへて、夜着(よぎ)うちかふりて居たりけるか[やぶちゃん注:ママ。] 、雨風も、やみて、そつと、かほ、さし出《いだ》して、みれは[やぶちゃん注:ママ。] 、最早、何のかたちも、見へ[やぶちゃん注:ママ。]さり[やぶちゃん注:ママ。] ける。

 夜も、明けかたになりけれは[やぶちゃん注:ママ。] 、寺にいたり、いとまこひも、そこそこにして、足はやに、其所《そこ》を通りけるか[やぶちゃん注:ママ。]

「其時の㒵《かほ》のさま、今、おもひ出しても、身の毛もよたつはかり[やぶちゃん注:ママ。] なり。」

と、語りけるよし。

[やぶちゃん注:コーダから、作者が直接に聴いたのではなく、「また聞き」である点、所謂、典型的な「噂話怪談」であり、信憑性は低い。]

« 「新說百物語」巻之一 「但刕の僧あやしき人にあふ事」 | トップページ | 小野蘭山述「重訂本草啓蒙」巻之六「石之四」中の「禹餘粮」・「太一餘粮」・「石中黃子」 »