フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三六番 人間と蛇と狐 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「肥州元藏主あやしき事に逢ひし事」 »

2023/06/27

佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「はつ秋」王氏女

[やぶちゃん注:書誌・底本・凡例等は初回を見られたい。本篇はここ。]

 

  は つ 秋

            白 藕 成 花 風 已 秋

            不 堪 殘 睡 更 回 頭

            晚 雲 帶 雨 歸 飛 急

            去 作 西 窗 一 枕 愁

                  王  氏  女

 

白蓮(びやくれん)さきて風は秋

ねざめ切なく見かへれば

雲あしはやき夕ぞらの

夜半や片しく袖に降るらん

 

   ※

王氏女  明朝。 未詳。 年ごろになって良緣がなかつた。 その悲しみを歌つたこの詩を見て、趙德麟といふ人が彼女を娶(めと)つた。 世人は二十八字媒と呼んで佳話とした。 轉句の「晚雲」を一本では「曉雲」に作つてゐる。 しかし晚雲でなければ詩情に乏しいかと思ふ。 南方の支那では一般に夏時は午睡をする習慣があることを思へば、殘睡に回頭して晚雲を見ても不自然ではないわけである。

   ※

[やぶちゃん注:調べたところ、この解説の「明朝」は誤りで、王氏女は宋代の女流詩人である。以下、推定訓読を示す。標題は「咏懷」のようである。佐藤も述べている通り、「晩雲」は一本に「曉雲」とするが、佐藤の説が相応しいので、それに従う。なお、この詩が婚姻の契機となったことは、中文サイト「中國古典戲棘資料͡庫」の「堅瓠六集」卷一の「詩媒」に記されてある。

   *

 咏懷(えいくわい)

白き藕(はちす) 花を作(な)して 風(かぜ) 已(すで)に秋たり

殘睡(ざんすい)に堪へず 更に頭(かうべ)を回(めぐ)らせば

晩(くれ)の雲(くも) 雨を帯び 歸へり飛ぶこと 急なり

去りて 西の窗(まど)に一枕(ひとつまくら)の愁ひを作(な)せり

   *

この「藕」の字(音「グウ」)は狭義には蓮根を指すが、広くハスの花を含む意でも用いる。]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三六番 人間と蛇と狐 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「肥州元藏主あやしき事に逢ひし事」 »