フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二九番 變り米の話 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「碁盤座印可の天神の事」 »

2023/06/21

佐々木喜善「聽耳草紙」 一三〇番 酸漿

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここ。「酸漿」は「ほほづき」。双子葉植物綱ナス目ナス科ホオズキ属ホオズキ変種ホオズキ Alkekengi officinarum var. franchetii 当該ウィキによれば、『「ほほづき」の名は、その実の赤くふっくらした様子から頬を連想したもの(「づき」は「顔つき」「目つき」の「つき」か)という』。『同じく赤い果実から「ほほ」は「火々」であり「つき」は染まる意味であるともいう』。『また』、『果実を鳴らして遊ぶ子供たちの様子から「頬突き」の意であるともいう』。『ほかにはホホ(蝥、カメムシの類)という虫がつくことを指すとする説もある』とあり、また、『漢字では「酸漿」のほか「鬼灯」「鬼燈」とも書く。中国の方言では酸漿の名のほかに「天泡」(四川)「錦燈籠」(広東、陝西)「泡々草」(江西)「紅姑娘」(東北、河北)などとも言い、英語では Chinese lantern plant ともよばれている』。本邦の『古語では「赤加賀智(アカガチ)』『」「輝血(カガチ)」「赤輝血(アカカガチ)」とも呼ばれていた。八岐大蛇のホオズキのように赤かった目が由来とされている』ともあった。]

 

     一三〇番 酸 漿

 

 昔、或旅人が山の中を旅して、一軒家を見つけて其所に宿をとつた。

 翌朝、起きて畑を見たら、美しい酸漿がたくさん紅く實つてゐたので、それを一ツとつて中の種を出して口にふくんで、プリプリ吹き鳴らして居た。それを其の家の人が見つけて、ひどく驚いて、お客樣は大變なことをしてしまつた、きつと今に大變な罰《ばち》が當ると言つて顏色を變へた。

 旅人も心配になつて、それは又如何《どう》してかと訊くと、每朝お日樣は、東から出て西ヘお沈みになさるが、そのお日樣は夜になると、地の下を潜つて此の酸漿の中ヘ一ツ一ツお入りになる、それでこんなに色が紅くなるのだ。酸漿はお日樣の赤ン坊だからと語つた。

  (膽澤《いさは》郡西根山脈地方の話。織田君の話の二。
   昭和三年夏の頃の分。)

[やぶちゃん注:「膽澤郡西根山脈地方」「膽澤郡西根」は、現在の地名としては岩手県胆沢郡金ケ崎町西根でここであるが、「西根山脈」と言った場合は、秋田県東成瀬村との間にある山脈筋を指すので、後者の中央附近を指していよう(孰れもグーグル・マップ・データ航空写真)。]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二九番 變り米の話 | トップページ | 「新說百物語」巻之四 「碁盤座印可の天神の事」 »