フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「そゞろごころ」馬月嬌 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 i一二六番 ワセトチの話(全四話) »

2023/06/19

佐々木喜善「聽耳草紙」 一二五番 駒形神の由來

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここから。]

 

   一二五番 駒形神の由來

 

 遠野鄕綾織村の駒形神の由來は斯《か》うである。

 昔の話ではあるが、五月の田植時頃であつた。村の女子達《をなごたち》が田植《たうゑ》をして居ると、其處へ目鼻耳口のない子供に赤い頭巾をかぶせたのを負(オブ)つて通りかゝつた旅人があつた。女達はあれあれあんな者が通ると言つて、田植の手を止めて立つて見送つた。

 旅人はそれを聽いて、小戾りをして女達の所へ來て、お前達がこの子供を不思議がるのは尤もなことである。實はこれは子供でも何でもなく、俺の品物である。俺は如何なる因果の生れか、この樣な物を持つて生れたために、この歲まで妻と謂ふものを知らない。また世の中には俺の妻になるやうな女もあるまいから、俺は前世の罪亡ぼしに斯うして旅を續けて居る。皆樣これをよく見てクナされと言つて、肩から下して帶を解いて見せた。村の女達は魂消《たまげ》て聲も出なかつた。

 其旅人は如何謂《どうい》ふ譯柄《わけがら》であつたか、永くこの村に止まつて居た。そして今のお駒樣の所で死んだ。生前常に俺が死んだら俺のやうに妻の持てない者を助けてやると言つて居たので、村の人達が神樣に祀つた。

[やぶちゃん注:思うに、これは事実であろう。当初は男の背部にサイクロプス症候群(単眼症)の二重体の一部が附属しているものと思ったが、「肩から下して帶を解いて見せた」というところからは、双子の一方が、サイクロプス症候群の単眼も失った奇形児であったと読める。但し、口がない状態では、生きていることが出来ないので、口に見えない口はあったものと思われる。但し、サイクロプス症候群は、脳の形成異常を伴う重症の奇形で、殆んどが死産、若しくは、出生直後に死亡し、長くても一年以内に死亡するようである。手塚治虫の「ブラック・ジャック」の「魔女裁判」で単眼症の少年が登場するが、ああいうことは一寸考え難い気がする。

「遠野鄕綾織村の駒形神」現在の遠野市綾織町下綾織にある駒形神社。ここ(グーグル・マップ・データ)。写真と解説が豊富なサイト「玄松子の記憶」の同神社をリンクさせておく。また、国立国会図書館デジタルコレクションの柳田国男著「遠野物語」増補版(昭和一〇(一九三五)年郷土研究社)の拾遺の部の「十四」もリンクしておく(但し、「遠野物語拾遺」は柳田の命を受けて柳田の弟子であった鈴木棠三(とうぞう:本名は脩一)が「遠野物語」文章化したものである。鈴木氏の著作には鎌倉史研究で少なからずお世話になったが、「遠野物語拾遺」はその編者としては、柳田國男ではなく、佐々木氏の名が標題されるべきであり、鈴木氏は佐々木喜善氏とは異なり、後年、国文学者・国語学者として活躍されたが、「遠野物語拾遺」は一般人には柳田の「遠野物語」の続篇著作とされて認識されてしまっている。こういうところも私が柳田を嫌悪する由縁である)。]

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「そゞろごころ」馬月嬌 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 i一二六番 ワセトチの話(全四話) »