フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之五 「針を喰ふむしの事」 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「薪の木こけあるきし事」 »

2023/06/28

「新說百物語」巻之五 「桑田屋惣九郞屋敷之事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここから。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。]

 

   桑田屋惣九郞屋敷之事

 京油小路に桑田屋惣九郞といふ茶屋ありけるが、夫婦と、むすこ壱人、小者一人、四人、くらしける。

 ある朝、親友心、とくおきて、小便に出《いで》けるに、屋敷の下に、火の影、見へたり。

[やぶちゃん注:「心」茶屋であるから、親友が泊まるのはいいとしても(と言っても、後にも普通に出るので、殆んど居候状態の親友らしい)、「心」を名と採るのは、、如何にも厳しい。ここは「心」友(心の通い合った友)である「親友」で、「親友心」(しんゆうしん/しんゆうじん)と呼んだものか。にしても、私はこんな熟語は見たことがなく、どうも躓かざるを得ない。江戸時代に用例はあるが、この「心友」という熟語も親友を差別化していて、私は大嫌いである。]

 ふしぎに思ひ、のそきみれは[やぶちゃん注:総てママ。]、ゑん[やぶちゃん注:ママ。]の下に、あたらしき土器に、火をとほし[やぶちゃん注:ママ。]てあり。

「いまた[やぶちゃん注:ママ。]誰《たれ》もおきぬに、いかなる事。」

と、たれかれと尋ぬれと[やぶちゃん注:ママ。]、壱人も、めのさめたるも、なし。

 其分に致し置きけるか[やぶちゃん注:ママ。]、又、一兩日過《すぎ》て、母親、二階へあかりけれは[やぶちゃん注:総てママ。]、麻上下《あさかみしも》着たりける男と、打《うち》かけ・わた帽子の女と、さしむかひ、居たりける。

 二階より飛び下りて、

「かく。」

と告《つげ》たりけるにより、惣九郞諸共《もろとも》、あがりて、見ければ、壱對の燭臺《しよくだい》に、小袖をきせ、上下・打掛を、きせ置きたり。

 やうやう、かた付け、二階より、四人とも、おりけるが、四人のものゝ帶に、紙にて四手《しで》を切りて、皆々、付け置きたり。

[やぶちゃん注:「四手」「垂(しで)」で動詞「し(垂)ず」の連用形から名詞化したもの。「四手」は当て字。玉串(たまぐし)や注連縄(しめなわ)などにつけて垂らす例の紙のこと。]

「すこしの間に、いかゝ[やぶちゃん注:ママ。]したる事にや。」

と、肝をつぶして居たる所に、又々、ゑん[やぶちゃん注:ママ。]の下に、とほし火[やぶちゃん注:ママ。]のひかりあり。

 よくよくみれは[やぶちゃん注:ママ。]、ちいさき[やぶちゃん注:ママ。]あたらしき宮居《みやゐ》を置《おき》て、燈明《とうみやう》を、とほし[やぶちゃん注:ママ。]、あらひ米を供へたり。

 又、其夜、ねてゐる内に、親友、心の夜着の下へは、小者を入れをき[やぶちゃん注:ママ。後も同じ。]、むすこ惣九郞の夜着のすそへは、母親を、いれをきける。

 目をさまして、皆々、きもをつふし[やぶちゃん注:ママ。]ける。

 廿日はかり[やぶちゃん注:ママ。]の内、いろいろ、さまさま[やぶちゃん注:ママ。後半は踊り字「〱」。]あやしき事とも[やぶちゃん注:ママ。]ありて、ある日、

「はしりの水ぬきより、何やらん。出《いで》たり。」

と、小者の告《つげ》ける故、追《おひ》かけけれとも[やぶちゃん注:ママ。]、最早、見へす[やぶちゃん注:総てママ。]

[やぶちゃん注:「はしりの水ぬき」台所の流しの外の下水口を指す。]

 夫より、あやしき事は、やみけるか[やぶちゃん注:ママ。]、果《はた》して、兩親、惣九郞、三人とも、打《うち》つゝき[やぶちゃん注:ママ。]て相果《あひはて》ける。

[やぶちゃん注:あらゆる説明不能な怪現象が目白押しで、怪談としては、オリジナリティがあり、よく書けている。最後のあたりと奇怪な宮居を縁の下に立てたり、侍や花嫁御寮に化けたりするところは、妖狐(最後の脱出箇所からは、江戸時代には狐狸とともに人を化かす妖怪とされた獺(かわうそ)の可能性も候補に挙げておきたい)が正体らしいが、夫婦と息子を、皆、死に至らしむというのは、かなり兇悪な狐である。]

« 「新說百物語」巻之五 「針を喰ふむしの事」 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「薪の木こけあるきし事」 »