フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之五 「高㙒山にてよみがへりし子共の事」 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「朝の別れ」子夜 »

2023/06/25

佐々木喜善「聽耳草紙」 一三四番 神と小便

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここ。]

 

   一三四番 神と小便

 

 昔、あつとこで、馬子《まご》が馬に客を乘せて川を渡る時、小便が詰まつて來たから垂れ流すべとしたら、客が馬子どん馬子どん川にも神があるから、小便すると罰があたるぞと言つた。馬子は仕方なく思ひ止《とど》まつて、ある街道ぶちまで來て、ここだら大丈夫だべと小便をしやうとしたら、又客が、馬子どん、道にも神があるから垂れてなんねえと言つた。何處へ行つても神があると云はれるので、垂れる事が出來ないで、居ても立つても居られない位、小便が詰まつて來て、馬子も困り果てた。間もなく客が馬から下りて松の木の下で休んだので、馬子は松の木さ登つて客の禿げ頭の上さヂヤアヂヤアと小便を垂れ流した。客はそれとも知らないで、何だ、何だ、雨も降らねえどきに頭のてつぺんがやばつくなつて來たぞと云ひながら、上を向いたら、馬子が小便をしているので、ウンと怒つて、これ馬子、人の頭に小便垂れる法があるかと言つたら、馬子は木の上から、さつきから小便垂れべと思つてたけんどお客さんがどこさ行つても神がある神があると言つて、垂れることが出來ねえ、ほんでお客さんの頭におかみがねえから垂れ申したと言つた。(三原良吉氏御報告分の五。)

[やぶちゃん注:附記が本文末にあるのは、ママ。]

« 「新說百物語」巻之五 「高㙒山にてよみがへりし子共の事」 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「朝の別れ」子夜 »