フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「『鄕土硏究』一至三號を讀む」パート「一」 の「伊勢神宮の子良」 / パート「一」~了 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「池のほとりなる竹」張文姬 »

2023/06/20

佐々木喜善「聽耳草紙」 一二七番 土喰婆

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここ。標題は「つちくひばば」と訓じておく。]

 

      一二七番 土 喰 婆

 

 昔、野中に一軒の百姓家があつた。其家には老母と息子とが居て、息子は每日外へ出て働いては老母を養つてゐた。

 或年大阪に戰爭があつて、息子はそれに召出されて行つたので、年寄一人が殘つてしまつた。息子は何年たつても還つて來なかつた。村の人達も初めのうちは氣にも止めずに居たが、何年經つても婆樣が食物を求める風がないので、如何《どう》して居ることかと思つて行つてみると、其老婆は土を喰つて生きて居た。

 それで婆樣の死んだ所へ御堂を建てゝバクチと呼んで地神樣に祀つた。現在も栗橋村字太田林、前ケ口の畠中の大きなモロノ樹の根下に其祠がある。

  (昭和三年の冬頃、菊池一雄氏御報告の一三。)

[やぶちゃん注:「大阪に戰爭があつて」慶長一九(一六一四)年の「大坂冬の陣」或いは翌年の「大坂夏の陣」(おおさかなつのじん)か。

「土を喰つて生きて居た」これはもし、本当に食べられる土であるとするなら、恐らく、長野県小諸市で天然記念物に指定されている「テングノムギメシ(天狗の麦飯)」の類と似たような、土ではなくて、藻類の塊りなのではないかと私は思う。詳しくは、「諸國里人談卷之三 土饅頭」の私の注の冒頭を参照されたい。

「栗橋村字太田林、前ケ口」「栗橋村」は岩手県の旧上閉伊郡にあった村で、現在の釜石市栗林町及び橋野町に相当する。「太田林」は「ひなたGPS」のこちらで戦前の地図と国土地理院図の双方で確認出来る。橋野町太田林。グーグル・マップ・データ航空写真でこの附近だが、「前ケ口」は不詳。「祠」も現存するかどうかは、確認出来ない。

「モロノ樹」裸子植物門マツ綱マツ目ヒノキ科ビャクシン属ネズ Juniperus rigida の異名。]

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「『鄕土硏究』一至三號を讀む」パート「一」 の「伊勢神宮の子良」 / パート「一」~了 | トップページ | 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「池のほとりなる竹」張文姬 »