フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「秋の鏡」趙今燕 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「針を喰ふむしの事」 »

2023/06/28

「新說百物語」巻之五 「ふしきの緣にて夫婦と成りし事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここから。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。但し、和歌の濁音のない箇所は無粋なので、ママ注記を打たなかった。

 挿絵は、「続百物語怪談集成」にあるものをトリミング補正・合成して使用した。因みに、平面的に撮影されたパブリック・ドメインの画像には著作権は発生しないというのが、文化庁の公式見解である。]

 

   ふしき[やぶちゃん注:ママ。]の緣にて夫婦と成りし事

 河刕に、森氏の人、ありけるか[やぶちゃん注:ママ。]、語り侍りしは、其友に、武田直次郞といふものあり。

 はたちはかり[やぶちゃん注:ママ。]にて、ふらふらと、わつらひ[やぶちゃん注:ママ。]、養生致しけれとも[やぶちゃん注:ママ。]、其しるし、なかりけれは[やぶちゃん注:ママ。]、兩親、なけき[やぶちゃん注:ママ。]、あるとしの春、兩親、つきそひ、京へのほり[やぶちゃん注:ママ。]、借座敷《かしざしき》に滯留(たいりう)し、養生致しける。

 療治も、能(よ)くのりて、次第に快氣して、おゝかた[やぶちゃん注:ママ。]平生のことく[やぶちゃん注:ママ。]なりたり。

『今一月も、いたしなは[やぶちゃん注:ママ。]、國もとへ歸へらむ。』

と、おもひて、あなたこなたと、遊山《ゆさん》に出《いで》ける。

 三月の初《はじめ》つかたの事なれは[やぶちゃん注:ママ。]、直次郞も、供、壱人、つれて、東山の花なと[やぶちゃん注:ママ。]、見めくりて[やぶちゃん注:ママ。]、さまよひ、あるきける。

 

Naojirou

 

[やぶちゃん注:底本の画像はここ。キャプションは、右幅の娘の台詞、

   *

もふしもふし[やぶちゃん注:後半は踊り字「〱」。]

 これへ

 おこし

   かけ

(桜の幹を挟んで)

      られ

       ませ

   *

左幅は以上の通り、ごやごちゃと五月蠅い台詞が見えるのだが、底本の挿絵にはない箇所に、明かに、墨の色の薄い文句が記されてあって(侍女の上部、及び、木戸の開いた箇所の右手の柱と開いた空間部の弐箇所)、思うにこれは、底本の旧蔵者が落書したものと思われるので(絵のキャプションとしては、あまりにも五月蠅過ぎるばかりか、どうもかなり猥雑な感じがある。例えば、右手のそれは「よく白きちゝを」「むきだして」云々である)、落書までちゃんと判読する気は、毛頭、ない。正規の原板本のキャプションは、侍女の左下方に、

   *

   まづあれへおかけ

    遊ばしてゆるり

           と

      ごらんあそは

         し

          ませ

   *

直次郎の台詞、

   *

あまり

 花の見事

    ゆへに[やぶちゃん注:ママ。]

ながめ

 いり

 ま

 した

[やぶちゃん注:次の行の濃い「とは」は既に落書で、「いつはりなり」「どうぞひとばんをかして」「下を」云々と読むに堪えないえげつない落書と判明する。この落書を書いたのは、年少者ではあるまい。

(右足の脇に)

        それは

         かたじけ

           ない

   *

とある。]

 

 

 とある所に、是れも借座敷とみへ[やぶちゃん注:ママ。]て、一本の桜、さきけるを、何心《なにごころ》なく、立ちやすらひて、なかめ[やぶちゃん注:ママ。]居《をり》けれは[やぶちゃん注:ママ。]、内より、わかき女、いてて[やぶちゃん注:ママ。]

「此所は、かし座敷にて、今日一日、かり申して、主人、花見いたさるゝ也。くるしからぬ所にておはしませは[やぶちゃん注:ママ。]、御いりありて、ゆるゆる、花を御らんなさるへし[やぶちゃん注:ママ。]。」

と申《まふし》ける。

 直次郞は、

「かたしけなし[やぶちゃん注:ママ。]。」

とて、庭に入りて、えんに、腰、打《うち》かけ、詠《なが》め居《ゐ》たりける所に、奧より、いとやさしき、十六、七の娘の、物のけはひも、きよらかなるか[やぶちゃん注:ママ。]、立出《たちいで》て、

「私事《わたくしこと》は、今日、是《これ》へ、花見に參りしものなるか[やぶちゃん注:ママ。]、母、用事ありて、先へ歸へられ、私は、日暮《ひぐれ》てかへるなれは[やぶちゃん注:ママ。]、まつまつ[やぶちゃん注:ママ。後半は踊り字「〱」。]、是へ御あかり[やぶちゃん注:ママ。]、ゆるゆると、花も御覽なさるへし[やぶちゃん注:ママ。]。」

と、菓子・酒なと[やぶちゃん注:ママ。]、もてなしけるか[やぶちゃん注:ママ。]、直次郞も、わかきものなれは[やぶちゃん注:ママ。]、とやかくと、たはむれて、思はぬ枕を、かはしける。

「日も、はや、夕くれになりたり。」

とて、供のものに、おとろか[やぶちゃん注:ママ。]されて、名殘《なごり》をしくも、立ちかへりけるか[やぶちゃん注:ママ。]

「又、逢ふことの、かたみ。」

とて、香箱《かうばこ》に、はまぐりの繪《ゑ》かきしを敢り出して、ふたはかり[やぶちゃん注:ママ。]を、かたみに送りて、身のかたは、我《わが》ふところにそ[やぶちゃん注:ママ。]入れにける。立《たち》さま[やぶちゃん注:ママ。]に、かくなむ、

  玉くしけふたみの浦による貝の

   またこと方に打ちやよすらん

かく、申しけれは[やぶちゃん注:ママ。]、むすめ、かへし、

  玉くしけふたみの浦による貝の

   ことかたならてあふよしもかな

と、いふて、なみたなからに[やぶちゃん注:総てママ。]立ちわかれける。

 そのゝち、一兩年も過《すぎ》て、直次郞も、いよいよ、息才[やぶちゃん注:ママ。「息災」。]になりて、江戶つとめをいたし、東へ、をもむき[やぶちゃん注:ママ。]、みやつかへをそ[やぶちゃん注:ママ。]いたしける。

 又、あるとしの春にいたりて、上㙒の花なと[やぶちゃん注:ママ。]、見めくり[やぶちゃん注:ママ。]、過《すぎ》し事なと[やぶちゃん注:ママ。]思ひ出して、ふと、とある幕の内を見いれけるに、何とやら、見知りたる女、ありて、あの方[やぶちゃん注:離れた位置。]よりも、つくつく[やぶちゃん注:ママ。後半は踊り字「〱」。]なか[やぶちゃん注:ママ。]めけるにより、おもひ出《いだ》せは[やぶちゃん注:ママ。]、さりし時、都にて、あひし女なり。

 とやかく、むね、打《うち》おとろき[やぶちゃん注:ママ。]

『いかゝ[やぶちゃん注:ママ。]は、せん。』

と思ふ折ふし、娘も、それと、幕の内より立ちいてゝ[やぶちゃん注:ママ。]

「そのゝち、別れてより、去る御方《おかた》[やぶちゃん注:「の所へ」が欲しい。]、宮つかへいたし、露《つゆ》わするゝ間《ま》もなけれとも[やぶちゃん注:ママ。]、何をあてに尋ねんやうもなくて、その姬君につきそひて、去年《こぞ》の秋、こゝもとへ下り侍る。必《かならず》、わすれ給ふな。」

と、そこそこにて、別れける。

 それより、よすか[やぶちゃん注:ママ。]を求めて、首尾よく、御いとま、給はり、兩親とも、ふしき[やぶちゃん注:ママ。]のえんに、めて[やぶちゃん注:ママ。「愛(め)てける」。愛し合う。]けるや。

「まことの夫婦と、なりたり。」

と、森氏の人、かたられし。

[やぶちゃん注:怪奇談性はなく、男女の不思議な縁(えにし)の、テツテ的な「赤い糸で結ばれた」恋愛実話と思われる。]

« 佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「秋の鏡」趙今燕 | トップページ | 「新說百物語」巻之五 「針を喰ふむしの事」 »