フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三四番 神と小便 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三五番 老人棄場 »

2023/06/25

佐藤春夫譯「支那厯朝名媛詩鈔 車塵集」正規表現版 「朝の別れ」子夜

[やぶちゃん注:書誌・底本・凡例等は初回を見られたい。本篇はここ。]

 

  朝 の 別 れ

            我 念 歡 的 的

            子 行 猶 豫 情

            霧 露 隱 芙 蓉

            見 蓮 不 分 明

                  子   夜

 

思ひつめては見えもする

君ゆきがてのうしろかげ

おぼろめきつつ蓮(はちす)さヘ

花も見わかぬ朝ぎりに

 

[やぶちゃん注:「子夜」は、複数、前出。佐藤の作者解説は最初のこちらを参照されたい。ネットで検索するに、第二句の「猶豫」は「由豫」である。以上の原詩(「楽府詩集」収録のもの)を載せる所持する岩波文庫の松枝茂夫編の「中国名詩選」の「中」(一九八四年刊)でも、「由豫」であるので(但し、意味は同じ)、それを参考に、原詩を、再度、掲げ、訓読文と注を示す。

   *

 子夜歌

我念歡的的

子行由豫情

霧露隱芙蓉

見蓮不分明

  子夜

 我れ 歡(かれ)を念(おも)ふこと 的的(てきてき)たるに

 子(きみ)が行(おこな)ひには 由豫(いうよ)の情(じやう)あり

 霧と露と 芙蓉(ふよう)を隱し

 蓮(はす)を見るも 分明(ぶんみやう)ならず

   *

・「的的」通常は「明らかなさま」を言うが、ここは松枝氏の注の『一途(いちず)に』の意が相応しい。

・「歡」逢って嬉しい人。恋人。彼女が一途に思っている恋人を指す。

・「由豫」「猶豫(予)」に同じ。ここは、「ためらう感じ」を言う。

・「霧露」松枝氏の注に、『霧も露も同じく水で、凝っては露となり、地っては霧となって、朝夕変形をくりかえす。ここでは霧。』の意とされる。所謂、「巫山之夢」(ふざんのゆめ)、楚の懐王が、夢の中で巫山の神女と契ったが、その神女は別れに際して、「私は巫山の南に住み、朝には雲となり、夕べには雨となってあなたのお側におります。」と言って立ち去ったという宋玉の「高唐賦」にある故事、転じて「男女の情愛が細やかであること・深い情交を結ぶこと」の喩えて言うその語句を踏まえて、少し恨みを込めて述べたものと思われる。

・「芙蓉」漢語では「芙蓉」は元来はフヨウではなく、「蓮の花」を指した。松枝氏の注でも、『ハスの花。「夫容」(夫のすがた)と同音。』とある。

・「蓮」同前で、『ハスの花。「憐」(恋人)と同音。』とある。前の注とともに、漢語に冥い、私を含む一般人は、見逃してしまう大事な箇所である。

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三四番 神と小便 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三五番 老人棄場 »