フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之五 「神木を切りてふしきの事」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三六番 人間と蛇と狐 »

2023/06/26

「新說百物語」巻之五 「定より出てふたゝひ世に交わりし事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここから。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。]

 

   (てう[やぶちゃん注:ママ。「ぢやう」が正しい。]より出てふたゝひ[やぶちゃん注:ママ。]世に交わり[やぶちゃん注:ママ。]し事

 大坂の事なりしが、ある人、大屋敷を、もとめ、つゝくり、普請なと[やぶちゃん注:ママ。]、いたして、家移りいたしけるか[やぶちゃん注:ママ。]、はるかの地の下に、

「こん、こん、」

と、鉦の音、いたしける。

 ふしき[やぶちゃん注:ママ。]には思ひなから[やぶちゃん注:ママ。]、其年も、くれて、春になれとも[やぶちゃん注:ママ。]、その鉦の音、やむとき、なし。

 あまりに、心すます[やぶちゃん注:ママ。「澄まず」。]、地の下を、ほらせけれは[やぶちゃん注:ママ。]、およそ一丈はかり[やぶちゃん注:ママ。]ほりて、石の「からと」[やぶちゃん注:「唐櫃(からと)」。「からびつ」に同じ。脚が四本又は六本の、被せ蓋(ぶた)のついた、方形で、大形の箱。通常は衣服・図書・甲冑などを収納した。]を掘り出し、ふたを明けれは[やぶちゃん注:ママ。]、上には、髮の毛はかり[やぶちゃん注:ママ。]にて、其下に、骨と、皮とはかり[やぶちゃん注:ママ。]なるもの、鉦をたゝき居《ゐ》たりける。

 樣子を、とヘとも[やぶちゃん注:ママ。]、物をも、いはす[やぶちゃん注:ママ。]

 それより、湯なと[やぶちゃん注:ママ。]、あたへ、そろそろと、白粥なと、すゝめ、其名を、とへとも覚へす[やぶちゃん注:ママ。以下同じ。]

 時代を、とへとも、覚へす。

 只、あたまの髮の、のひたる[やぶちゃん注:ママ。]斗《ばかり》なり。

 一月、たち、二月、たち、段〻に、しゝ[やぶちゃん注:「肉(しし)。]も、出來《いでき》て、後には、常の男のことく[やぶちゃん注:ママ。]なりたり。

 いたしやうも、なけれは、臺所に、さしをき、火なと[やぶちゃん注:ママ。]、燒かせける。

 四、五年も、すきて[やぶちゃん注:ママ。]、とくと、常の行往座臥に、おとらぬやうになりけるか[やぶちゃん注:ママ。]、其家の下女と、密通して、大坂を欠落《かけおち》いたしける、となん。

[やぶちゃん注:本篇は実は二〇〇九年三月十八日に、サイト版で「続百物語怪談集成」を底本として、語注と現代語訳を行っている。なお、この話のルーツとしての章花堂なる人物の元禄一七(一七〇四)年版行になる、

「金玉ねぢぶくさ」巻一の「讃州雨鐘(あまがね)の事」

や、寛保二(一七四二)年版行になる三坂春編(はるよし)の、

「老媼茶話」の「入定の執念」

更には、これの影響下にあると思われる安永五(一七七六)年の上田秋成の、

「雨月物語」の「青頭巾」

そうして確信犯的インスパイア作である同人の、

「春雨物語」の「二世の縁」も用意してある。はっきり言って、この手の話の中では、それほど上手く行っていない部類のものと言わざるを得ない。以上の中でも、完成度が高いものは、ブログ決定版(正規表現版)の「老媼茶話巻之七 入定の執念」を強くお勧めするものである。

« 「新說百物語」巻之五 「神木を切りてふしきの事」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一三六番 人間と蛇と狐 »