フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「新說百物語」巻之三 「あやしき燒物喰ひし事」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二三番 二度咲く野菊 »

2023/06/16

「新說百物語」巻之三 「猿子の敵を取りし事」

[やぶちゃん注:書誌・凡例その他は初回の冒頭注を参照されたい。

 底本は「国文学研究資料館」のこちらの画像データを用いる。但し、所持する国書刊行会『江戸文庫』の「続百物語怪談集成」(一九九三年刊)に載る同作(基礎底本は国立国会図書館本とあるが、国立国会図書館デジタルコレクションで検索しても、かかってこないので、公開されていない)にある同書パートをOCRで読み込み、加工データとして使用させて戴いた。ここに御礼申し上げる。

 今回はここ。本篇には挿絵はない。この篇も濁音脱落が多い。ママ注記が五月蠅いが、悪しからず。]

 

  《さる》《こ》の敵(かたき)を取りし事

 若狹の國の百姓、ことの外、猿を愛して、二疋、猿を飼ひけるか[やぶちゃん注:ママ。]、子を、一疋、うみて、二疋の猿、はなはた[やぶちゃん注:ママ。]寵愛し、そたてける[やぶちゃん注:ママ。]

 あるとき、此小猿、庭のまん中に、何心なく、遊ひ[やぶちゃん注:ママ。]て居《をり》けるを、空より、鷹一羽、來りて、何の苦もなく、ひつつかみ、虛空(こくう)に、飛《とび》さりける。

 二疋の親猿、ともこれを見て、あるひは、木末にのほり[やぶちゃん注:ママ。]、又、飛上《とびあが》りて、かなしみ、なきけれとも[やぶちゃん注:ママ。]、何方《いづかた》へやらむ、行きかたなく、そのせんも、なし。

 それより、二疋の親猿、食《しよく》も、くはず、ばうぜんとして居たりしが、二、三日もすきて[やぶちゃん注:ママ。]、二疋のさる、いつかた[やぶちゃん注:ママ。]へやらむ、朝、とく、出《いで》て、歸へらす[やぶちゃん注:ママ。]

 皆々、ふしき[やぶちゃん注:ママ。]をなして居たりけれは[やぶちゃん注:ママ。]、やうやう、八つ時[やぶちゃん注:午後二時頃。]に歸りけるか[やぶちゃん注:ママ。]、魚のわたと覺しき物を、持《もち》て歸へりける。

 其魚のわたを、一疋の猿、かしらに、いたゝき、最前、子猿の居たりし所に、うつくまり[やぶちゃん注:ママ。]居《ゐ》けるが、半時ばかり過ぎて、又、空より、鷹一羽、飛び下り、かの魚のわたを、つかんて[やぶちゃん注:ママ。]、さらむとする所を、やにはに、下より飛《とび》つきて、かの鷹を、とらへける。

 あとにひかへし猿も出《いで》て、二疋して、羽かい[やぶちゃん注:ママ。「羽交(はが)ひ」。翼。]を、むしり、くらひつき、なんなく、鷹を喰ひころし、子のかたきを、取りたりける。

「畜類のちゑには、おそろしき事になん、侍る。」

と、かたりし。

[やぶちゃん注:う~ん、ここまでくると、実話というには、ちょっと難しいように思う。]

« 「新說百物語」巻之三 「あやしき燒物喰ひし事」 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一二三番 二度咲く野菊 »