フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (71) 久々の実話怪談! | トップページ | 譚海 卷之五 武州秩父領三峯山の事 »

2023/07/23

譚海 卷之五 奥州津軽南部の際絕景の地の事

[やぶちゃん注:句読点・記号を変更・追加した。標題「際」は「きは」であろう。]

○津輕より、南部へ越(こゆ)る東の海邊、高き岸より望めば、一里半も隔たる沖に、大なる島あり。島の腹(はら)に、殊に大(おほき)なる洞穴、有り。壹里餘(あまり)を隔てても、たしかに、それと、見ゆるほどの洞(ほら)なり。その洞中(ほらなか)に、諸鳥、巢をかまへ、集(あつま)り、すむと、いへり。高き岸を、ゆきながら見れば、岸より洞まで、庭石を居(おき)たる如く、平かなる岩(いは)ほ、つゞきて有(あり)。またぎて、ゆかるゝやうに、みゆれども、岩ほのあひだを、船のゆききするを、みれば、岩のあはひ、よほど、へだたりてあると、覺えたり。其岩の間に、打(うち)あてて、ほどばしる[やぶちゃん注:ママ。]波の景色、奇觀也。ひくき所に、くだりて見れば、はじめ、此たひらかにみえし岩、いづれも、高さ、二、三間ほどづつある故、岩にかくされて、島は、みえず、高き所より望(のぞみ)たるときは、言語同斷の景也とぞ。

[やぶちゃん注:「津輕より、南部へ越る東の海邊」底本の竹内利美氏の注に、『津軽南部両藩の境は、海辺では現在の青森県野辺地』(のへじ)『の馬門』(まかど)『で、ここに番所があった。ここの話は浅虫温泉の辺から夏泊』(なつどまり)『半島いたるところらしい。まだ津軽領分である』とある。この馬門御番所跡はここ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)で、北西にある半島が夏泊半島、浅虫温泉は、その南西のここである。

「一里半」は東国で用いられた小道(こみち)・坂東道(ばんどうみち)のそれで、一里は六町(六百五十四メートル)であるから、九百八十一メートルとなる。通常の一里では、当該しそうな島はないからでもある。

「二、三間」三・六四~五・四五メートル。

 さて。この島は現在の、どの島であろうか。「津輕より、南部へ越る東の海邊」とあり、竹内氏の注からも、これは、靑森湾の東側の海岸線となる。湾奥から夏泊半島に向かって、「湯ノ島」・「裸島」・「鴎(ごめ)島」・「茂浦島」・「双子島」・「大島」がある。この内、現在、海岸線から、「岸より洞まで、庭石を居たる如く、平かなる岩ほ、つゞきて有」という条件に一致し、島が岩塊に見えるのは、海岸線から近過ぎるが(今は百十二メートルぐらいしか離れていない)、青森市浅虫地区の「裸島」(航空写真)がそれらしくは見える。「海と日本PROJECT in 青森県」の『青森市浅虫地区の「裸島」に残る、ちょっと悲しい伝説とは?』の写真を見られたい。一方で、「湯ノ島」(航空写真)は八百八十九メートルほどはあるので、距離が一致することと、当該ウィキによれば、『鳥類ではキセキレイ、イソヒヨドリ、ウトウの生息地でもある』とあることで、有意に候補とはなる。しかし、現行、島に続く岩場は存在しない。竹内氏が島を比定されていないのは、これらの記載を凡てクリアーする現存する島が見当たらないからであろう。]

« 只野真葛 むかしばなし (71) 久々の実話怪談! | トップページ | 譚海 卷之五 武州秩父領三峯山の事 »