フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 南方閑話 犬が姦夫を殺した話 | トップページ | 梅崎春生「つむじ風」(その18) 「泥仕合」 »

2023/07/21

佐々木喜善「聽耳草紙」 一六五番 いたずら

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここから。]

 

   一六五番 いたずら

 

 昔、一人のセツコキ男があつた。或時此男が村の觀音堂に籠つて、どうぞ錢を授けて下さるやうにと祈願した。お觀音樣は正直な男だらうと思つて、本當の錢を授けてやつた。すると間もなく使い果して、又來てお願ひをした。それでは今度こそ無駄使いをせぬたうにとて、再び授けてやると、またまた博奕を打つ、酒を飮む、茶屋遊びをする、そして直《すぐ》にそれを使ひ果たして、三度目のお願ひを觀音堂でやつて居《ゐ》ると、お觀音樣は、あゝよしよし、今度は大きな板の錢をやると言はれた。男が夜明の鷄の聲に驚いて歸らうとすると、顏が御椽《おえん》の敷板に粘着(クツツ)いて離れない。[やぶちゃん注:底本は読点であるが、「ちくま文庫」版で訂した。]そのうちに明るくなつてだんだん村の人達が來て、何をそんなに畏《かしこ》まつてらア、早く起きろと言ふと、男は泣きながら、これこれの譯だと言ふので、早速別當を呼び、代る代る引張つたが、どうしても離れないので、遂々《たうとう》板を切拔いて漸《やうや》く放した。そこで皆が、あれあれ板面(イタヅラ)、板面と言つたとさ。

  (一六四番、一六五番、田中喜多美氏御報告の分
   の二三。)

[やぶちゃん注:「セツコキ」怠け者。「四二番 夜稼ぐ聟」で既出既注。これは、展開上の流れが、私にはよく判らない。「セツコキ」と、「錢」と、「板の錢」(意味不明。「板銀」のことか)と、観音堂の外縁の「敷板」と、「板面(イタヅラ)」の連関性が、私には不明だからである。何方か、御教授願えると嬉しい。]

« 南方閑話 犬が姦夫を殺した話 | トップページ | 梅崎春生「つむじ風」(その18) 「泥仕合」 »