フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 南方閑話 死んだ女が子を產んだ話 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七〇番 履物の化物 »

2023/07/23

佐々木喜善「聽耳草紙」 一六九番 柳の美男

[やぶちゃん注:底本・凡例その他は初回を参照されたい。今回は底本では、ここ。]

 

   一六九番 柳の美男

 

 昔、木伏(キプシ)(盛岡の一町名)に美しい娘があつた。每日家の前の北上川へ出て、勢(セイ)よく伸びた柳の樹の下で洗濯物をして居た。

 或時其の娘がいつもの通り洗濯に出たまゝ行衛《ゆくへ》が分らなくなつた。家の人達や村の人達は、如何(ナゾ)なつたべといつて、方々を探ねたが、どうしても見當らなかつた。ところが二三日經つてから娘が其柳の木の幹にたくさんの枝々で絡《から》まれてしつかりと抱かれて居るのを見付けた。

 娘は人々に助けられて家に連れて來られた。其後永くぶらぶら病ひにとつつかれて靑い顏をして居たが、快《よ》くなつてから斯《か》う言つた。

 あの夕方いつものやうに柳の下で洗濯をして居ると、何處からか見たことのない美男が來て、抱き着いて放さない。其うちに何が何だか氣が遠くなつて、何も知らなかつた…祖其後柳の木は自然と枯死した。

  (大正二年の夏、盛岡生れの吉田政吉氏談話の分四。)

[やぶちゃん注:「木伏(キプシ)(盛岡の一町名)」現在の北上川右岸の岩手県盛岡市盛岡駅前通の木伏緑地附近(グーグル・マップ・データ航空写真)。JR盛岡駅直近。同地区のサイトが存在する。そのサイトでもそうだが、別な紹介サイト「ミズベリング」でも、読みは、「きっぷしりょくち」となっている。底本をガンマ補正すると、「プ」にも見える事を確認した。但し、「ちくま文庫」版は「きぶし」(同文庫では、本書のルビはカナカナではなく、みな、ひらがなである)。私は現行の発音を鑑みて「キプシ」と判じた。

« 南方閑話 死んだ女が子を產んだ話 | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七〇番 履物の化物 »