フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七二番 馬鹿聟噺(二十一話) | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七三番 馬鹿嫁噺(二話) »

2023/07/25

只野真葛 むかしばなし (72) 眞珠尼のこと

 

一、忠山樣御代に、十一にてめしかゝへられし人、後に「眞珠」とて、尼に成(なり)し。ワ、つとめし比は、七拾餘(あまり)なりし。

[やぶちゃん注:「忠山樣」既出既注。仙台藩第六代藩主伊達宗村(享保三(一七一八)年~宝暦六(一七五六)年)の諡号。]

 十一にて、四書五經をそらにし、大字(だいじ)を書(かか)れ、狩野家の繪を書(かき)し。藝にて、召し出されしなり。

「哥(うた)は、十八の年より、よみ習(ならひ)し。」

と、いひしが、後は、專ら、御姬樣方の御師範、申上たりし。

 繪は、御家(おんけ)へ上(あが)りて後も、御世話被ㇾ遊しや。彩色、殊に上手なりし。十一にては、あれほどには、覺ゑ[やぶちゃん注:ママ。]まじ。

 此人、むかし、宿下(やどざが)りして有(あり)し人の元へ、用、有(あり)て、文(ふみ)をやりしを、其内へ來(き)かよう人の、

「此文がら、見ても、よきや。」

と、いひしとぞ。

 させる用にてもなかりし程に、

「よし。」

とて見せしに、その人は、

「墨色を見る人なりし故、見しことにて、此人、眞珠が氣性・諸藝・顏色・かたちまで、よく、あてたりし。」

とぞ。

 其人、上りて、そのよしを語しかば、なにかは、うわきの若人(わかうど)たち、

「われも。われも。」

と、墨色を見てもらひに、やりし、とぞ。

 其中に、表封じをして、印おして、こしたるが、一ツ有(あり)しを、人の中にて、あらそひ、見ず、懷中して行(ゆき)しを、後に、

「何事、書(かき)し。」

と、きけども、語らず。

 殊の外、ゆかしがりて、人々、

「どこに有(ある)か、見たしく[やぶちゃん注:ママ。]。」

といふ事なりしに、眞珠は、

「相部屋故(ゆゑ)、人が、せめる。其身も、見たし。どふせふ。」

と、當番、留守中に、小だんすの上の引出しを、少(すこし)明(あけ)て、みたれば、くるくると卷(まき)て入れ有(あり)しを、開き見しに、

「其方樣(そのはうさま)のを、かよふ[やぶちゃん注:ママ。]に封じたるは、外の事ならず。至(いたつ)て、好色、深し。誰(たれ)とても、このまぬ人は、なけれど、つゝしまずば、身を、あやまつ事、あらん。」

と書(かき)て有(あり)しを、眞珠、

「心、『パツと、評判しては、あしからん。』と思(おもひ)て、人には、見つけず。」

と、いひて有しが、忠山樣は、勝(すぐれ)たる御美男にて入(いら)せられしを[やぶちゃん注:表現上、文法的に問題があるが、「おられましたが」の意であろう。]、其人、つけ文(ぶみ)を上(あげ)しにより、御暇(おんいとま)出(いで)たりし、とぞ。

「其後、見し事は、語りし。」

となり。

「左樣の氣ざし有(あり)し故、人も、いさめしならん。」

と、いはれし。

 其(その)相(あひ)見し人は、上總の大百姓なりしが、道樂者にて、若き妻を、一人おきて、江戶にばかりゐて、遊びしほどに、其妻、身重(みおも)に成(なり)しとぞ。

 其あいては、手代の〆(しま)り人なりしを、人々に、くみて、つげしかば、

「幸(さいはひ)、子共なければ、養子するには、ましなり。すぐに、うませて、子にする。」

とて、かまはざりしとぞ。

[やぶちゃん注:「手代の〆り人」手代を凡て監督指導する番頭格ということであろう。]

「壱人(ひとり)置(おい)たから、其はずなり。」

と道理をつけしは、今の世にては、珍らしからぬやうなれど、昔は、珍らしき事に、人、いひしとぞ。

 お末の者に、何の故もなく、頰のはれし事、有(あり)しを、

「それ、はやりの、うらかた。」

とて、聞(きき)にやりしに、

「『是は、此人のばゞなどの、しきりに逢たくおもゑて[やぶちゃん注:ママ。]、死せしならん。にくし、と思ふにはあらねど、おのづから、つめて、思(おもひ)し念の、來たるならん。』と、いひて、こしたりしに、やどよりも、在所のばゞ、少しばかり、わづらひて、死(しし)たるよし、知(しら)せ來りしが、『殊の外、逢(あひ)たがりし。』と、いひし故、ふしぎの如く、云(いひ)あへりし。」

とぞ。

[やぶちゃん注:「はやりの、うらかた」「流行(はやり)の、占方(うらかた)」で、所謂、当時、よく当たると評判だった易者・占い師に、この異変を内々に占わせてみた、ということであろう。]

« 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七二番 馬鹿聟噺(二十一話) | トップページ | 佐々木喜善「聽耳草紙」 一七三番 馬鹿嫁噺(二話) »